2017年8月 7日 (月)

ヤマトシジミ

170807yamatosijimi

写真をクリックすると拡大

大和蜆蝶。台風が来るので、午後の眼科の検診は変更して貰う。この台風5号(ノルー)は歴代4位の長寿で、未だ記録を伸ばしそう。お目出たいとは言えないのだが。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

ホリカワクシヒゲガガンボ

170712horikawakusihigegagannbo

写真をクリックすると拡大

堀川櫛髭大蚊♀。生物がカタカナで記され、元が判らないことが多い。植物だと大体の図鑑には漢字も載っているが、昆虫図鑑はあまり無い。

そこで色々調べた結果、ホリカワ=自然史研究者堀川安市氏。氏の功績を称え献名。櫛髭=♂。♀は櫛髭でない。蚊の大型なので大蚊と。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

コクワガタ

170707kokuwagata

写真をクリックすると拡大

小鍬形♀。ベンチに居た。

我が家から急坂を少し降りると伊東線。直ぐ国道135号線に出る。そことバイパスの間に今月よりドンキホーテが出来た。魚からテレビ迄一応何でもありだ。

腰が痛く整形外科で腰部固定帯と言うのを付けているが、心臓が弱っているとかでその薬も。そんな訳で帰りの坂道はきついが、駅まで行かず助かる。

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

カマキリ

いずれも写真をクリックすると拡大

170701kamakiri1

170701kamakiri2

カマキリの子供。あまり動かないので、虫の中では格好の被写体だ。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

ミズキ

いずれも写真をクリックすると拡大

170513mizuki1

170513mizuki2

水木。何年か白い蛾が大発生し、毛虫によりミズキは葉を徹底的に食い荒らされ無残だったが、去年は激減、今年はそれらしい落ちた幼虫を道で1匹見たのみだ。

従って久しぶりのミズキの花盛りとなった。大発生時はこの辺の山何Kmにわたり惨憺たるもので、国道事務所が薬剤散布を行ったが、まるで焼け石に水だった。

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

ガザニアとベニシジミ

170428gazania

写真をクリックすると拡大

ガザニアで吸蜜するベニシジミ。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

デュランタとセセリチョウ

いずれも写真をクリックすると拡大

160927duranta1

160927duranta2

デュランタ:タカラズカとイチモンジセセリ。

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

ヒロオビトンボエダシャク

160610hiroobitonboedasyaku

写真をクリックすると拡大

広帯蜻蛉枝尺蛾。幼虫は尺取虫。

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

カ、ムカデ、ゴキブリ、ダニ

E398241h_l
害虫に悩まされる季節となった。去年カは早くから出たが、夏になるとほとんど出ないという不思議な展開になったが、今年は夕方になると数匹現れ、蚊取り線香を点けていた。

よく水を溜めたままだとボーフラが湧くので注意とかいうが、窓を閉めたり網戸でも、家の中に毎夕のように出てくるのが判らない。

アース製薬のノーマットを買った。薬品の入ったのをセットして電源を入れると、蚊が皆死ぬ。匂いもしない。夕方点けて寝る前に消す。小さな容器だが、長く持ち、残ったのは栓をして来年も使えるそうだ。線香より面倒でなく優れ物だ。

ムカデだが、去年は家の周辺に散布するのを買い、効果あったか出なかった。まだ残っているが、今年は同じくアースのムカデコロリを買う。8ケで、ムカデの好むエサが入った容器を寝床の周辺に置いた。

ゴキブリも例年ゴキブリキャップと言うのを、徘徊しそうな所20か所に設置しているが出なくなった。

ダニは、ダニアースというのを買ったが、これはスプレーだ。ところで3月22日に出たのは外ダニで見付け次第これを撒くとある。痒いのは家ダニでこれは駄目だそう。布団を干したりしたがいつも痒いわけではないので良く判らない。アールという社のダニ取りマットを設置してみた。

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

タカサゴキララマダニ

160422takasago_3高砂綺羅々真蜱。

折りたたみ傘を仕舞おうと持ち上げたら、1センチ未満の平べったい茶色の虫が居た。

可愛いので写真に撮り、一寸離れ戻ったら居なかった。

例により里山を歩こうさんに調べて貰ったら、なんと刺傷性のダニで、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)の病原体ウイルスを媒介し、関西では死者もと。

高砂だの綺羅々と言う名に相応しくない虫で、どこに行ったか心配だ。

| | コメント (0)