山路回想

2022年9月25日 (日)

大沼ワルツ

P1140810

写真をクリックすると拡大

大沼と駒ケ岳。

Book_20220924111701 谷村志穂著「大沼ワルツ」読了。北海道開拓の子孫で大沼に住む3兄弟の所に、山梨の3姉妹が嫁ぐと言う物語だが、実話だそう。

作者は実在の人物に取材、了解も取り、5年掛けたそう。物凄い感動物語でもなく、伝記の部類になるが、ジワリとした感銘が伝わって来る。

大沼は09年の夏、家内と北海道バス観光で行き、写真の様に曇っていたが駒ケ岳も見られた。北海道でロケが有ったとかで、中国人の観光客が多かった。此処での物語丈に、益々北海道が好きになった。

3姉妹の山梨も、韮崎からバスで行き、七里岩と釜無川の間と。此処も80年夏、初南ア登山で、日本三大急登と言われる長大な黒戸尾根から、甲斐駒ヶ岳に登った。

韮崎からバスで、夜行の疲れでトロトロしては頭を上げても、右に崖が連なり長いなと思ったが、帰って調べたら28kmも有ると知る。此れも物語に出て来る。

| | コメント (0)

2022年9月19日 (月)

ヒガンバナ

220918higanbana

写真をクリックすると拡大

彼岸花。伊東線々路縁にて。各地に面で咲く所が人気で、埼玉は日高の巾着田が有名だが、公園化して金を取るらしい。

大体人が押寄せる所は嫌いだ。線路縁とか田圃の畦道程度が良い。元々田圃のは救荒食物とし植えられたとか。毒が有るので、水晒ししないといけないそうだが。(方法は検索の事)

私が彼岸花を見たのは76年9月、丹沢の三峰山934.6mに登り、寺家谷戸集落に降りた時、田圃畦に咲いてたのが初めか。狐の松明と言う別名も良い。

其年の3月、道志の山に登るのに手前の集落の土手に球根が露出。2つ程持って帰ったのがヒガンバナと判り鉢植え、伊東に来てからは庭植えで殖えている訳だが、線路縁に有ったとは。

Mask_human_20220919095701 感染者、東京8千人台に。伊東も8人。

両陛下、女王弔問に、機内で喪服に替えられ、皇后様は帽子も黒、そして御二人共黒のマスクを。

| | コメント (0)

2022年8月29日 (月)

イワタバコ

2208101_20220828093701

岩煙草。「里山を歩こう」さんより。私も79年07月、夜行で丹沢最高峰の蛭ヶ岳迄登った時、下山時見たが、湿った崖に生えていた。

Vladimir_putin_20220828094301 ロシア、兵士の犠牲が多く、総動員令を掛けたいが儘ならずらしい。プーチン演説の後ろに立っているのは退役将軍達らしいが、前線に送れと言いたい。

Kim_jong_un_20220828095001 金正恩だが、叔父の張成沢を処刑したが、其の時従いていた名前を覚えて無い男だが、直ぐ掌の平を返したように非難、以来正恩の傍に付いていたのだが、最近見掛けない。粛清か。

国内に在った韓国の建物を爆破したり、韓国からの風船にはウイルスが・・・等と言っていた、金与正が演壇からきつい演説をする様になった。力関係が変わっているらしいが。

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

ニホンカモシカ

220828

本文再クリックで拡大

「里山を歩こう」さんより。

私も山歩きで、たった一度だが逢った事が有る。92年の夏、中央線笹子駅から滝子山1610mに、殆ど人の採らないと思われる浜立尾根から登っていた時だった。

突然上から何か大きいものがどたどた下りて来たので、立ち竦んで身構えると向うも止まる。それは初めて見るニホンカモシカだった! 

相手は暫し考えて左の谷へと姿を消す。さすが人の殆ど通らない尾根なのだと感激、彼等の聖域を侵した訳だ。

| | コメント (0)

2022年8月27日 (土)

富士山

写真は何れもクリックで拡大

940815p4

94.08.15富士山頂より河口湖と御来光。

Fuji 8月25日のテレビ「ミヤネ屋」で大城女医が紹介された。富士の8合目の小屋に勤務し山岳医だそう。

高山病始め、具合の悪い人の治療に1人で当たっていると。私が登った頃は医者など居なかった気がする。シーズンが終わったら、山を登りたいと。北海道などが良いが羆が怖いとも。

私の頃はトイレも酷く気持ち悪くて、下山迄我慢した。現在はバイオ式等大分改善されているらしいが、何しろ短い期間に大勢集中するので大変だろう。高山病には降りる迄悩まされた。

79年と94年の2回で、最初のは景色今一だったので又行った。何れも弾丸登山だったが、元気な頃で余り苦にしなかった気がする。

でも、最高点でブロッケンも見られた。2回目の下山は御殿場口の砂走りで。帰って義父に話したら、砂がどんどん降って無くなって仕舞わないかと言われた。確かにあれだけ大勢だから、幾ら大きい富士山でもと思うが?

8305151

83.05.15御殿場~須走口。1600m辺より。

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

大仏とブロッケン現象

Photo_20220531101601

太陽に入った茨城は牛久の牛久大仏、120m。(毎日記者撮影)こうなると信仰心の無い私でも神々しく思った。

すぐ思い浮かべたのは、南アルプスの農鳥岳と富士山頂で、自分の影が彼方に見えるブロッケン現象に遇った事。昔は判らないので降臨と崇め祈ったと。

87081316

87.08.13農鳥岳にて。

話戻って、大仏は日本丈で100体も有ると。近くでは鎌倉大仏が有名だが、町内会のバスで行ったが、コースに無く到頭見ず仕舞い。

赤帽をしていた頃だが、前橋に行った時、途中大きな大仏が見られた。今調べたら手前の高崎白衣観音41mだったらしい。

Photo_20220531111601

所で、所有者が地元の資産家夫婦の淡路の観音像、相次いで亡くなり、相続放棄で宙に浮き、危険な状態となり解体費用は莫大で地元の悩みとなっていたが。それが国庫に入り解体となった。10億と。

Photo_20220531105601

解体前。他と違い、俗悪な建物だ。

Photo_20220531105701

解体中。爆破と出来ず足場に囲まれ、高層マンションみたい。

| | コメント (0)

2022年5月26日 (木)

三筋山より天城連山

2205

三筋山より万三郎岳~万二郎岳。「伊豆稲取だより」さんより。

仲間の方と元気に山を歩かれている。此れは三筋山821mより、天城最高峰、万三郎岳1406m~万二郎岳1299mを撮ったもの。

私は三筋山は2回、万二郎からは箒木山1023,7mに下ったが、最高峰の万三郎は到頭行かず仕舞いだ。

| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

シャクヤク

220515syakuyaku

写真をクリックすると拡大

芍薬。今日は寒くエアコンを点けたが、流石にそれ程で無く、ヒーターに切り替えた。

山梨道志の女児、奇跡に近いというDNAの結果、本人と断定。謎が多いが大変な捜索は続く。

伊東でも昨日、矢筈山816mで遭難騒ぎ。捜索隊に見付かり無事。過去も遭難騒ぎ在り油断できない山だ。

鹿路庭(ろくろば)峠から登るらしいが、私は隣の遠笠山には登ったが、此方は行かず仕舞い。バス内からも鹿が見られ付近に多い。

Img_2220

遠笠山にて、鹿に由ると見られる。

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

ヤマドリ

220408

山鳥。「里山を歩こう」さんより。山歩きを始めた頃、丹沢で登っていて、いきなり傍の藪から飛び立ち、驚いた覚えがある。キジ科で日本特産と。

富士の側火山、大室山下山の時、数羽の雛鳥を逃す為、親鳥があらぬ方でバタバタと。私はそちらの方に向かっていたのだが、上手くやったとばかり雛の方へ。後で偽傷行動と言うのだと知った。

コジュケイ(小綬鶏)と混同していたが、此れは我が家の傍の林にも居り、チョットコイとけたたましく鳴く。

7日は内科で血液検査の結果が一寸という事で行く。何でも他の値は良好だが、BNPが基準値より下だそう。そこで薬を2週間飲むことに。

先生に鉄分増強の薬、便が黒くなり良く分からないので止めさせてと頼み了承。此れは静岡がんセンターの時も処方され、3ヶ月後もう良いでしょうとなった薬だ。

8日は歯科。金具が一部破損で痛くなった下の入歯が新しく出来た。歯医者お勧めの歯ブラシと歯間ブラシが付く。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

鹿島槍ヶ岳

Photo_20201227142501

「比企の丘」さん。素晴らしい鹿島槍ヶ岳の写真なので、転載させていただく。

南から北アルプスと来て、これが最後となった。1998年夏、爺が岳から鹿島槍ヶ岳の南峰まで行き、引返えす。

93081210_edited

9308129_edited

実に形のいい双耳峰だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧