読書

2024年7月10日 (水)

アメリカノウゼンカズラ

240710amerikanouzenkazura

写真をクリックすると拡大

亜米利加凌霄花。

Book_20240710102501 志村有弘の「遠野物語」。柳田国男の解説本として、多くの図版を入れ判り易い。

其処に出て来る、デンデラ野。姨捨山だが、里近くに在り老人たちは降りて農作業を手伝ったりしたと。

私も奥秩父は飛竜山を降りて来て、丹波天平(タバデンデーロ)や保の瀬天平(ホノセデンデーロ)を通った事が有る。里に近い山間の平地だ。

初狩にも殿平(デンダイロ)が在る。京都の葬送地である蓮台野に由来するとか。

Wolf_2 奥多摩は川苔山近くに、狼住所(オオカミスンド) と言う所が在るが、何も無かった。何か由来有りそう。絶滅して久しいが。

| | コメント (0)

2024年7月 8日 (月)

金時山

240707kinntoki

写真をクリックすると拡大

箱根、矢倉沢峠860mより金時山1212.5m。80.07.06登る。

800706kintokiyama

此日、登頂時はガスで富士は見えなかったが、名物の金時娘が親切。今は息子さんに成ってるらしいが・・・。此の時は、”足柄山の金太郎”と言う小冊子と飴を求めて降っている。

E98791e69982e5a898efbc88e5b08fe8a68be5b1

Vote_box_20240708132401 都知事、小池3選。蓮舫は3位。どっしり構えた小池に少しチャカチャカし過ぎた。でも2位と足すと小池に迫る票が有った。

| | コメント (0)

2024年6月28日 (金)

テイカカズラ

240628teikakazura

写真をクリックすると拡大

定家葛。

Mask_human_20240627100601 新コロの感染、又少し増え出したらしいが重症は少ないと。ワクチンなど集団免疫の所為もと。

軽い場合、風邪薬対応で済むらしい。後遺症が長引く人もいる。人混み避ける、マスク、手洗いは怠るなと。

Penchi_20240627132701 マンホールだが、最近は中々凝ったデザインが有り、若者が下を撮しているので見たらマンホールだ。

側溝が金目で良く盗まれる。マンホールは如何なのか。洪水の時等持上がっているのを見ると、鍵が掛かっているのでもない様だが。

Fuji_20240627133301 未だ山開きで無いのに結構登っているらしい。火口に3人少し離れて死亡と。突風ではないだろうか。私が登った時は、99%の人は御来迎後すぐ下山だが、最高点に行くのは少ない。

でもあの時火口方面から凄い風で、2~3人居たが、岩陰に這いつくばった。其の儘立ってたら何百メートル吹っ飛ばされるところだった。詳細不明だが、火口に向かっての烈風か。

7月から山開きだが、山梨の吉田口は厳しい。予約必要で1人2千円と。其れも1日4千人、PM4時から閉鎖。弾丸防止らしい。知らずに来た外人等トラブりそう。

Airliner_3_20240627135901 有名観光地に外人客が殺到しているらしい。今はネットであっという間に拡がるので、客層が低下してるのだろう。拡散で稼ごうと言うのは都の掲示板でも分かる。要するに見っとも無い行動を態々だ。靖国小便中国も其の口、嗚呼!

Ri_synshin_20240628095901 6/19のブログで、チャングム字幕なしだと書いたが、字幕設定と出、ややこしかったがやっと字幕に。そうしたら半分しか判らなかった発声が良く分かる。不思議。しかもコマーシャルを除き他のも字幕と。

Book_20240630100801 朝ドラ”虎と翼”見ようかと。「裁判官三淵嘉子の生涯」も買ってあるのだが。

| | コメント (0)

2024年3月28日 (木)

カレンデュラ

240328calendula

写真をクリックすると拡大

カレンデュラ:冬知らず。

Tesage_bag 益田ミリ「お母さんという女」を読んでたら、買物の時、娘は財布位しか持たないのに、財布は無論、色々な物を詰め込みパンパンと。

私も医者、スーパーしか行かないが、帆布の小さなショルダーバッグだ。保険証、マイナカード、御薬手帳、診察券、手帳等を前のポケットに。

開けた所に、補聴器予備、ティシュ、畳んであり拡げると結構入るバッグとか。

無くした時大変なので、財布はズボンのポケット。札入れは上着の左ポケット鍵は右と分散が良かろう。

雨の日は、杖、傘、バッグと大変。

| | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

大群山

240210oomure

写真をクリックすると拡大

道志、御正体山東北尾根より、裏丹沢、大群山1587m。85.02.17撮。

Pendant_20240209103801 双葉文庫で「おひとりさま日和」を読んでいる。6女性作家による独暮しの物語だ。

大崎梢の”リクと暮らせば”は大型犬を飼う話。散歩その他手の掛る事は代行だが、独暮らしには心強い。唯、月20万と。

岸本葉子の”幸せの黄色いペンダント”はペンダントを握ると、駆け付けて呉れるセキュリティサービスだ。

セコムを模したものと思う。私もカタログを取ったが、駆け付けて閉まって居たらどうするのと思っていたら、鍵を2本封印して預かる相だ。

だが此処も数万して勿体ない。其れに此のシステムは、外出時は駄目らしい。

| | コメント (0)

2023年11月18日 (土)

ノキシノブ

231118nokisinobu

写真をクリックすると拡大

軒忍。

Sumo_yz_ur_20231117135301 6日目、贔屓力士、翠富士以外負け。熱海富士も初黒星。軽量の翠富士だが、角力の巧さが見られた。

Line_dance_20231118141201 宝塚だが、卒業生がTVに出て”全員が加害者であり、全員が被害者だ”と述べていた。早い所、司直に委ねた方がと思う。

Book_20231118141601 絶版の本で数千円するのが有ったが、ブックオフで安い値段だったので登録。今日入ったと通知。アクセスしたら売れた後だった。医者に行って昼頃帰って来たので。

| | コメント (0)

2023年11月12日 (日)

ナンテン

231111nanten

写真をクリックすると拡大

Book_20231111143201 乃南アサ著「いつか陽のあたる場所で」「すれ違う背中を」「いちばん長い夜に」を読了。

2女性刑余者の物語だが、此の順番で読むと良い。と言うのは最期があの東日本大震災で終わるから。

主人公の友の実家が仙台の設定で、著者と編集者が取材に訪れた日起こり、交通途絶の中、必死の思いで東京に。

其れを取り入れたのが「いちばん長い夜に」だ。著者もこんな形になるとは思はなかったと。★6

| | コメント (0)

2023年8月 6日 (日)

デュランタ

230806duranta

写真をクリックすると拡大

デュランタ:タカラズカ。

Tramway_3-1 保育社カラーブックスで「おもいでの都電」を求める。此丈コンパクトで内容豊富な本も珍しい。

曾て縦横無尽に走っていた都電。荒川線を残すのみと成った。他が無くなってからも何回か乗っている。

本書より「東京の街から都電が消えたということは、ただ単に路面電車の消滅のみでなく、東京の景観が一変したことを意味している。公共乗物として路面電車を持てない都会の道路や景観ほど、すさまじく、無味乾燥なものはないと断言できる」

今尚走る幾つかの地方都市の路面電車。うっとりする。都電の復活は駄目だろう。

所で、杉並線だが、中央線荻窪終点だが、天沼陸橋を越え駅前の写真。確か陸橋手前で左に折れ、駅南口が終点と思ったので、調べると其の後移ったらしい。

| | コメント (0)

2023年7月20日 (木)

イヌビワ

230720inubiwa

写真をクリックすると拡大

犬枇杷。12.07.28撮。

Rikishi_shikiri_20230720101601 11日。熱海富士、翔猿〇。翠富士、御嶽海、湘南乃海、北勝富士✕。

湘南乃海、新入幕だが、伯桜鵬も。高安を破り勝越し。未だ髷も結えない。如何に快速か判る。

正面右に何時も居る、元NHK相撲解説者の杉山氏、其の前で大村崑が観戦。時々見る。大の相撲好きらしい。

Book_20230720103201 難病で重度障害の市川沙央さんが「ハンチバック」で芥川賞に。

垣谷美雨「ニュータウンは黄昏れて」読了。多摩ニュータウンが舞台だが、本人の経験を書いたと。

私も公社賃貸、町田が当たり、通勤で大分迷ったが、安い家賃でどれだけ助かったか。

其の後お隣に多摩ニュータウンが出来た。分譲を買ったがバブル崩壊で苦労する物語だ。★5

Rain_kaminari_20230720132801 午前中曇から小雨だったが、午後快晴。東海、梅雨明けと。何だか梅雨らしい感じは無かった。東北から九州に掛けて大変らしいが。

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

桧洞丸

230701hinokiboramaru

写真をクリックすると拡大

丹沢、桧洞丸1600mの山毛欅、姫沙羅(赤い木肌)。84.06.22撮。

Tabako_20230630133501←クリックで動く 垣谷美雨「禁煙小説」を読了★5。

我慢できないヘビースモーカーの女性が、禁煙に至る話だ。

私は喫わないのだが、以前は喫煙者全盛の時代だった。私の会社でもヘビーが何人も居たが、同年でも皺が多く、顔色も悪かった。

一転して今は喫煙者は肩身が狭く成り、片隅でコソコソ吸うように様変わりだ。

食べ物屋に入っても「喫煙席」にしますか「禁煙席」にしますかと訊かれたりする。

此の小説は、苦しい経過の後、禁煙成功に至るのだが、文庫で300p余も書けるとは流石作家だ。

私は未だに売っている、JTや政府が許せない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧