環境問題

2020年1月 5日 (日)

テレビ寸感

Tv_2 耳が悪くなり、補聴器を付けないとテレビが見られなくなった。そのテレビだが、暮れ正月は、芸能人総出であるにも関わらず、ちっとも面白くない。

大体24時間放送というのが異常で、深夜見てみると昼間以上の駄作放送だ。社員を食っていかせるためか。さすがNHKは風景と音楽のみとなっていた。私が深夜見るのは地震のあった時で、その為もあるかもしれない。なお、伊東沖で起こった時が一番ひびくが、報道されないこともある。

そのNHKだが、紅白、大河共莫大な人と金を動員にも拘らず、視聴率振るわず、「いだてん」等は史上最低だそうだ。一方、裏番組「ポツンと一軒家」は高視聴率に躍り出ており、こちらは軽の運転兼インタビューアとカメラマンの二人のみ。

何かの本で、インタビューが「不便じゃないか」「病気になったら」と言う質問をしているのは、幸せに暮らしているのに愚問とあったが、矢張りその質問はせざるを得まい。質問者の名前も判らず、態度も素朴で良い。芸能人のレポーターがカメラを振り返りながらの臭い演技には飽きた。

しかしこの番組の人達のその後が最近始まったが、高齢者が多いから亡くなった方もおられ、レポーターが未婚と聞いて、早く結婚して子供を見せなさいよと言われてだったので、仏壇に約束を果たせませんでしたと拝む姿が爽やかだった。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

命日

191220morinoboen

写真をクリックすると拡大

家内が亡くなって今日で1年になる。千葉は長南町にある「森の墓苑」に葬ったのは11月2日であった。あっという間だ。

悲しい事が一杯あるが、どうにもならないので致し方無い。無宗教なので彼女の額に菓子やお酒を供えるだけだが、今日は2Fの北窓から見える、初島の右辺り(昨日参照)が墓苑の位置とて、そちらへ向け拝んだ。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

森の墓苑納骨記

191103morinoboen

写真をクリックすると拡大

10月に膵臓癌で88歳にして亡くなられた、私の尊敬する女優、八千草薫さん。彼女が理事になられていた「公益財団法人 日本生態系協会」が運営する千葉は長南町の「森の墓苑」に2日、去年暮れ永遠に旅立った家内の納骨に行った。

埼玉から来て呉れた娘の車でAM8:00伊東を出発。娘が1日に来るとの事だったので、何の気なしに2日に決めたのが失敗で、3連休の初日だった。勤めの無い身はこれだからいけない。往復大渋滞で疲れた。

行き掛けに小田原で、娘が検索してくれた花屋に寄り献花用を買う。結構大きな花屋で店員も大勢、花屋では小さな鉢物しか買ったことが無く、花束など生まれて初めてだ。

墓地の見学の時は往復迷ったが、今回は成功、しかし渋滞が凄く、約束の11:00に遅れ途中で連絡を入れ、12:00に着いた。担当の2名の方に迎えられ、埋骨の流れの説明を受ける。

此処は山を削って造った自然墓地でなく、土砂採掘後放置された山林を回復させるべく、協会が買い取った所だ。夫婦並んで買った場所で、前以て掘られた穴に業者に粉骨にして貰ったのを入れ、娘と土を被せる。

後の仕上げを係の方がやり、花束、遺影を供え、私も行くから待っててねと祈った。その後遺影を持つ2人を撮影して下さり、超簡素な式を終わる。霊園では、伊東市の天城霊園、南伊豆の自然墓地、大島等検討したが、ここが見付かって良かったと思っている。

後のこと宜しくと係の方に別れ、前も食べたこの辺で此処しかない食堂で、娘は味噌ラーメンを、私は塩ラーメンを食べ帰途に就く。これが凄く各所渋滞で、帰り着いたのはPM6:30と言う次第。これで一つの区切りが付き安堵している。

(追記)協会のホームページに、会長の八千草さんを偲ぶ追悼文が載っており、それに依ると自然を壊してのお墓が増える現状に、「自然が増えるお墓が出来ると良いのにね」と言う八千草さんの言葉が後押しとなったとある。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

千葉豪雨

Rain_big 25日の千葉で豪雨による土砂崩れ、浸水には驚いた。15号台風で屋根瓦が飛び、何処も彼処もブルーシートの情景となった。伊東でも停電で暑さの中苦しかった。

19号では意外と東北地方の大洪水被害となり、伊豆や千葉はそれ程でも。台風の進路が太平洋上となり、やれやれと誰しも思ったろう。そこへ千葉が例を見ない大雨による水害だ。

私は来月2日、長南町にある墓苑に、家内の納骨の予定だが、近くの川が氾濫、2名の方が亡くなったとの報道に驚く。早速現地の係の方に電話、墓苑もその方の家も大丈夫と。

温暖化で気象の変化が言われるが、まだ先の事と高を括っていたが、いよいよ始まったのだろうか。

それなのに中東では、戦国時代みたいに好戦的な連中による争いが絶えない。皆煙草を咥え乍ら銃撃している。そして日本では菓子箱の底に札束、それを言語同断と断じた経産相は選挙民に香典、メロンを配る。嗚呼。

 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

ゴルフ練習場

Golfer_w10 台風15号による千葉の被害だが、報道のヘリコプターから見ると、ブルーシートの多さに驚かされる。これだけの被害の復旧には、屋根屋不足で大変だろう。

待っていられなくて素人が上がり、転落による死傷事故が相次いでいる。いすみ市では何と94歳の方が転落死。

屋根を直してやるとシート代だけ取って逃げたり、シートを粘着テープペタペタ繋いだだけと言うのもあると。

ところで市原市では、ゴルフ練習場の柱が倒れ多数の民家に覆い被さり、どけようにも簡単にいかないような状態だ。

バブル期に出来た沢山の全国にあるゴルフ場は、自然破壊に他ならないが、バブル崩壊で大分淘汰された。ゴルフ練習場なるものは必要なのか疑問だ。

 

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

停電顛末記2

Taifu_3_20190915092101 千葉の停電、まだまだの多くの地区があり、伊東ではたった丸2日だったが、すっかり参ってしまったので、気の毒な事だ。少し涼しくなったが、又雨がありそうで、被害の方々が心配だ。

夜景がテレビに映され、停電地区は車道のライト以外にポツポツと灯っている。司会者は点いた処もあるんですねと言っていたが、恐らく自家発電かローソク、懐中電灯の類だろう。戦時中灯火管制で、電灯に黒幕を被せたものだが、成程小さな灯火でもよく見えるものだ。

ところで我が家の2日間の停電だが、15年前の時は、ポンプ車が下の道に来て給水だったが、今度は20cm角のポリタンクが、市よりお使いくださいの紙片を添えて玄関外に置いてあった。ポンプアップのこの地区は、暫くするとタンクが空になるので、これは助かり戴くこととした。

伊東では池地区が未だ復旧していない。山林が崩れスギ等の倒木で、水が堰き止められたりと近づけないらしい。千葉も電柱の倒れたのは無論だが、スギ等の倒木が道を塞ぎ、除去に手間取っているらしい。

全国に植えられたスギでは、経営破綻し膨大な赤字を棚上げして、営林署はさっさと森林管理署に鞍替え、責任を逃れている。せめて道路や崖下にある家などの辺だけでも、伐採し広葉樹に変えるべきだろう。

内閣改造だと、ふざけるんじゃないぞ!と現地の人が怒っていた。例によって重要ポストは留任だが、大幅入れ替えで大臣病患者を満足させたが、女性はたった2人とお粗末。

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

秩父の山里

Tree2_2019071520000115日、NHKで「ムツさんの花物語」と言うのをやっていた。今はやり?の山奥の一軒家訪問だが、これは数軒の集落で、ムツさんと言うお婆さんを取材したもので、NHKらしく長い時間を掛け、丁寧に作られた素晴らしいものだった。

 秩父の山里で暮らす高齢夫婦で、先にご主人が、次いで奥様のムツさんが亡くなり、かつて暮らしていた人々は炭焼きや林業が廃れ、麓に降りてしまった訳だが、最後まで残ったムツさん。何とか手入れをと考える人たちも先立つものは・・・だ。

今人気の「ポツンと一軒家」も上手く利用している人もいるが、数年後誰も居ない所が殆どではないか。過密に悩む大都会と、山村の崩壊の激しさを我々は今目にしている訳だ。

祠のような神社でも、かつて色々のお祭りがあったが、今は下に降りた人々が一つだけ行っているのみと。折しも「博多どんたく」とかで担ぎ手が何百人と出て、威勢よく走る神輿の光景を見て、その対比の凄さに平気ではいられない。

ムツさんが、杉ばかり植えたから他の草花が育たず、集落近辺だけでも手入れしないとと言っていた。その集落の俯瞰写真をNHKから拝借する。

Img_6600

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

森の墓苑見学記

Tree2 去年の暮、家内が亡くなり、埼玉より娘が時々来て、相続その他色々やってくれ助かっている。予定に空きが出来たので、も少し後と思っていた、千葉にある日本生態系協会運営の「森の墓苑」を予約し16日2人で見に出掛けた。

殆ど国道や高速道で、現金払いは伊豆2件のみ、後はETCで現金払いより多く、始まった頃と逆だ。カーナビがありながら、往復とも迷い変な所に迷い込む。道が多過ぎるいせいか? 倉庫街がビル状でどこまでも続く。

やっとアクアラインに乗り千葉に入ると、一転して緑の洪水だ。丘陵地の隙間に農家が点々。「森の墓苑」は倒産した採土業者の土地で、植えた草木は徹底して地元の物のみとし、苗木を育てている。通路の手入れも最小限とし、何十年後には自然に還ると。

此処長南町に住んで居るとの、案内者の方によると、自然観察の場としても利用されると。近くの農業用水池からオシドリが来て巣箱で産卵しているのを、写真で見せて下さった。

2016年開苑時、地元説明会では、墓だらけになるのではと言はれ、自然墓地であることの説明で了解され、今ではボランティアで草刈りされているとか。ネームプレートも小さな木製だ。

やっとほぼ理想の墓地が見付かり、家内と並んで入る事に。申込書を貰い、近い内を約し県道の店でラーメンを食べ帰る。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

千葉の自然墓苑

Tree_2 家内の入る霊園探しだが、19.01.03伊東市の天城霊園や、南伊豆の自然葬墓地を訪ねた。それから19.01.21大島の自然墓地が良いとなって、その方向で考えていた。

それがここに来て、千葉の長南町(茂原の隣)の山林を切り開いて作られた霊園を知る。2016開苑とて、未だ検索に引っかからなかったものか。グーグルで見ても、上空からは入り口、墓苑が判るが、ストリートビューだと未だ入口が出来てない。

公益財団法人、日本生態系協会経営で「森の墓苑」という。一切宗教色が無いのが気に入った。周囲の森も買い取り、森の自然生態を守る作りの計画と。

伊東からは遠くなるが、私も入ってしまえば関係ない。埼玉の娘からはずっと近くなる。資料を請求、近い内娘と見学の予定だ。自然葬が大人気で、あの多磨墓地で募集に殺到とか。

追記:今来た資料を見ると、現地はバブル時代東京方面の建設土砂採掘現場で、業者が倒産したものだそう。竹や外来種の植物を除去、この地の物のみ植えてゆくそうだ。自然観察の場としても活用していく予定と。自然に帰り、貢献する訳で献体みたいだと思った。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

モグラ

Mogura2_2 テレビの「爆報フライデー」で、加藤登紀子が栽培している白菜畑で、根が何者かに次々とやられてしまい、友人である柳生博が来て、色々調べた揚げ句、そこここに穴が開いており、モグラの仕業かとなった。

しかしモグラは肉食なのでおかしいと更に調べると、その穴を利用して出没するネズミが根を齧る犯人と分った。

ネズミが利用しないようにするには、やはりモグラも退治しなければならない訳だ。相手は地中、そこでどうしたかと言うと、木柱を挿し、先に玩具の風車を付ける。その振動が地中に伝わり来なくなると。本当にその程度で良いのか結果は判らなかった。

我が家も南斜面に広範囲にモグラが出没、あちこちほじくり返し、小さな苗など枯らされ、退治用の薬も買ってあるが、未だ使ってない。矢鱈と殺すのもと考え中だ。

小渕沢で広い土地を持つ柳生だが、モグラを見た事が無いと言っていた。私は山歩きで幾度か見ている。我が家でも見た。何れも死体で、穴から出て明るくなり、帰れなくなったのだろうか。ヒミズと言う種類らしい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧