大連の思い出

2024年5月18日 (土)

キングサリ

240518kingusari

写真をクリックすると拡大

金鎖。

Uchiwa_3_2_20240516131901 日本人は各神社、祭りが好きだと、つくづく何時も感じるが、中でも豪華なのが京都の葵祭でないだろうか。

7月1ヶ月近く行われると。山鉾が高いので、其の度市電の架線が外される。

私は敗戦後、京都の賀茂川沿いの親戚に身を寄せ、1年ばかり居たが、戦後間もないとあって、葵祭と京都御所丈見た。葵祭も今と比べるとまるで貧弱だったと思う。

京都御所は今公開してないのか。何処も同じ様な部屋を外から眺め、殺風景なと思った記憶がある。

賀茂川べりの家からは大文字焼も見た。京都大で火事が有り、野次馬が出たのを、進駐軍のジープが道を開けろと猛スピ-ドで端を突進したのを覚えている。

たった1年だったので、見所多い京都なのに其の暇なく、上、下賀茂神社も近くに在ったのだが・・・。

Sumo_gunbai_20240517100101 6日目。美ノ海、北勝富士、湘南乃海、大の里、勝。翠富士、御嶽海、熱海富士、翔猿、負け。

御嶽海の負けは、相手が無敗の宇良。霧島は7日休場。

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

ミヤマホオジロ

240329

深山頬白♂。そろそろ旅立。「里山を歩こう」さんより。24.03.29。

Clear_8_20240330150201 久し振りに快晴で、暖かく成った。黄砂の出番らしい。韓国などは酷いらしいが、日本は良い方。

大連生まれだが、此の時期に成ると昼なのに暗く成る。閉め切っても入り込んで来て、綺麗好きの母が一日中拭き回っていた。

| | コメント (0)

2023年8月15日 (火)

オミナエシ

230814

女郎花。「里山を歩こう」さんより。23.08.14.

Officer 今日は終戦記念日。敗戦を終戦と言い換えた。余り良い言い換えとは思はない。

此の日、満洲、大連だったが、初めて天皇の玉音放送が有ると。母、祖父母、私と、皆ラジオの前に正座。

兄は出征、父は満鉄で奥地出張。姉は女学校、私が何故学校に行かなかったかは判らない。

放送は雑音が多く、途切れ途切れで天皇の声はするが・・・。きっと激励と。

そうしている中、姉が学校から帰って来た。泣いている。日本は負けたと。

大きなショックで、皆数日ボーッとして居た。後で聞いたのだが、私の学校、校庭での集合で、10人程卒倒と。

| | コメント (0)

2023年7月27日 (木)

正金銀行

Building_5_20230726102801 或る人のブログで、子供のピンポンが続くので、録音録画機能も有り、近くの学校に電話、校長が来られた。

CDにして渡すと、後日誰か判ったので保護者共お詫びに伺うと。其処迄しなくてもと言うと、良く言い聞かせますとの事だった。ピンポンダッシュと言う言葉が有るそうだ。

私も小学校時代、2~3人でピンポンして逃げた事が有った。同クラスの女子(憧れの美少女だったのだが)の門の奥深い大邸宅で、正金銀行支店長だと覚えている。戦前の大連での話だ。

3年迄は養護学級だった。病気勝な子の学級だが、員数が足りないので、瘦せっぽちな私も入れられたらしい。女性の優しい先生で、先生と上記支店長の娘、顔も定かでないが、名前は憶えている。

其の後太平洋戦争勃発、男女別学、国民学校と名を変え、怖い皇国の訓導に睨まれる様に。

或る日講堂で整列してたら、姉の女学校のクラスが来ており、誰かが揶揄ったらしく、物凄い剣幕でその訓導が教員室に怒鳴り込んだらしく、我が組の訓導が現れ一人残らず平手打ち。私もその場にブッ倒れた。

戦後、中学1年で引き揚げるのだが、通学時、リヤカーを引いて野菜でも売っているのか、きまり悪そうな先生に出会った。

中学は無試験、全入だった。小学校は終了で先生もそんな事で引揚迄と。

引き揚げ後大分経って同窓会の通知が来たが、大体出世したのが多そうで行かなかったが、先生も来た相だ。

グーグルで色々調べてみた。正金銀行は正式には横浜正金銀行と言い、現在は三菱東京UFJ銀行と。

Yokohama_specie_bank_dalian

大連の大広場、中山広場と変わり正金銀行は、中国銀行遼寧省分行に。

Src_14320949

ちゃんと碑が有る。

1024pxdairen_oohiroba

戦前の大広場。立像は大島初代関東都督だが戦後は無論直ちに撤去、行方不明と。

1024pxzhongshan_square_dalian

中山広場と成る。ニョキニョキ建ってぶち壊しだが、他所の国を言えない。

1024pxdalian_binguan

此の広場のヤマトホテルは大連賓館と。銀行と言い生かしてるのは立派。

私は父と一緒に一度だけ入った事が有る。満鉄社員で殆ど奥地出張の父、帰って来た時の事だろうが、他の家族は居なかったのが判らない。

地下だったと思うが、レストランで食事。何を食べたか?白系ロシヤと思われる人達も居た。

Dairenbyouin

此の奥が満鉄経営の大連病院。病気だか見舞いだか何回か行った。遠い彼方の記憶は朧。 当時東洋一だ相。今も其の儘使用と。

230727wagaya

右の4本煙突の右半分が我が家。市営住宅だ。左手は公園。坂を上りきる所に天理教会。その先が支店長の屋敷だ。大連の建物特集の本からで不明瞭だが、家の前で何か物売りらしい。1人は母かも知れない。

坂の手前の橋から先は高級住宅街で”川向う”と呼んでいた。我家や川は埋立てマンションに成った相だ。

引揚の時中国人に家具等一切二束三文で売り払い、母が何回も嘆いていたのが目に浮かぶ。

| | コメント (0)

2023年4月13日 (木)

ナガミヒナゲシ

230413nagamihinagesi

写真をクリックすると拡大

長実雛罌粟。伊東線々路縁にて。

Rocket_20230413154801 黄砂、気象観測図だと伊東もだが、殆ど大丈夫だった。東京は結構霞んでいる。大連は昼猶暗いだから違いは判ろう。

北海道、外出避ける様と。大分酷い様だ。其処へ持って来て、Jアラートと来た。今度は堅牢な建物へ、無ければ窓から離れてと。

結局、追跡が上手くいかなかったかで、初の北海道落下かもとなった訳だ。厳重抗議だが屁の河童だ。

御陰でNHKは1時間もJアラート番組と成り、立憲安住国対委員長が、NHKの連ドラを見られなかったとぼやいている。テレビ東京の韓ドラは20分切れで始まったが。

| | コメント (0)

2023年4月12日 (水)

ツキヌキニンドウ

何れも写真をクリックすると拡大

230412tukinuki1

230412tukinuki2

突抜忍冬。(06.04)

Mask_human_20230412100001  今日は、中国の砂漠から黄砂が飛来と。朝鮮と日本迄が影響を受ける砂嵐。北日本が濃いと。今年は特に凄い予想。

私は大連生まれなので、何度か経験してるが、兎に角昼猶暗く成り、皆閉め切って家に籠る。

ピッタリ閉めているのに砂が入って来て、綺麗好きの母が一日中拭き回っていた。

Waribashi  又、焼き肉店で、楊枝を使っては、元に戻してるのを見付かり、逮捕されたと。懲りない面々だ。

| | コメント (0)

2023年4月 5日 (水)

ダイコンにニホンミツバチ

230326

大根に日本蜜蜂。「里山を歩こう」さんより。(23.03.26)

230405syokugyou

クラレに依る、今年入学1年生に憧れの職業アンケートだ。警察官、消防レスキュー隊、医師、看護師等が多い。

私だが、戦争中の事とて、想像が付こう。皇国の訓導たる怖い先生が或る日、組の皆に端から将来何に成るかを言わせた。

陸軍大将、海軍大将、飛行兵等々、軍人ばかりだった。後数人と言う時、何時も皆に揶揄われている精薄の子の番に成る。

其の子が何と言ったか。「僕はこんな頭なので、田舎で百姓でも遣ります」と。

皆シュンとなり、先生も「百姓も居なければなあ」とか言った気がする。未だに忘れられない思い出だ。

| | コメント (0)

2023年3月19日 (日)

レンギョウ

230319rengyou

写真をクリックすると拡大

ハイブリッド連翹:ニンバス。

Rikishi_shikiri_20230319094201 昨日の相撲、思はず拍手。大兵高安との全勝同士の対決。小兵翠富士負けても仕方ないかと思ってたら、何と堂々の勝ち。

翔猿に似た取り口だが、身体が小さくはらはらしてたが、本人はやる気満々。幕内全勝唯一人とは成った。

静岡から初の優勝力士も夢ではない、上位陣不調がチャンスか。

私は相撲其れ程熱心でも無いので、東京に居ても、見に行った事は無い。

戦前、大連だったが、巡業が来た。一家で見に行ったが、席から遠くて何も覚えて無い。

矢鱈熱く、酸素放出とかでシューツと言う音がするが、一向涼しく成らず参った。

でも双葉山が出ると、皆と一緒に双葉山!と叫んだのは覚えている。

| | コメント (0)

2023年3月10日 (金)

カントウタンポポ

230310kanntoutannpopo

写真をクリックすると拡大

関東蒲公英。セイヨウタンポポが席倦して貴重。花の下の総苞片がセイヨウの様に反り返らない。(08.03.27)

Scopp_20230310094101 防空壕だが今ウクライナで、頑丈な地下室に逃げ込んでいるのを見ると、戦時中を振返って一寸羨ましいと言ったら叱られるかも。

あれは積極的防火活動、平たく言えば消火だ。其の前の待機所だと。(東京新聞、大日本防空協会)

東京下町では、海抜が低い為、地下水で掘れなかったと。

私の住んで居た中国、大連でも各所に隣組総動員で作られた。

B29が来た時は超低空で、近くの山の上から高射砲が激しく撃たれたが、一発も命中せず、優秀な射撃手は南方戦線に取られたから等と言っていた。

私は窓からうっとりと、素晴らしいその巨体に見惚れていて、何してるの早くと叱られた。

其の防空壕も雨であっけなく崩れ、当時父は奥地に単身赴任、兄は出征で組の人達が再建して呉れた。

出来上がって1週間位で敗戦となる。泡沫の如き思出とはなった。

| | コメント (0)

2023年2月21日 (火)

スイセン

Img_5577

写真をクリックすると拡大

水仙:テターテート。(17.02.24)

Book_20230221095801 乃南アサ「最後の花束」を読んだ。11の短篇集だが、中でも冒頭の「くらわんか」が良かった。

大阪に転勤した男を追っかけて来た女の物語だが。

文中に出て来る「京阪電車」だが、京阪電鉄の事だ。大阪~京都だが、「おけいはん」と言い親しまれていると。其れは知らなかった。

私は中1で中国、大連から引揚と成ったが、母と姉と私は、京都の親戚に1年ばかり居候させて貰った。

兎に角皆働かねばで、母は府庁、姉は進駐軍の食堂ウエイトレス。そして私は鉄工所の雑役となる。

雑役と言っても、工場の中の事は遣らず、暇な身分だった。自転車に乗れるようになり、郊外の鉄工所から市内の事務所に書類を持って行ったり程度だった。

Train_20230221103001 大阪の得意先?だったかに行かされた事が有り、其れが京阪電鉄を利用した最初で最後だった。

何でも、川でエレベーターから降り、下を歩き又登った。あれは淀川だろうか。今はあんなのは無いと思うが。相手の会社の記憶は丸で無い。

京都は「どすえ」とおっとりだが、大阪は「ドッセー」と同じ関西でも違うなと言う印象を持った。

(追記)今調べてみたら、安治川トンネルらしいと判った。安治川の底を通るもので、珍しいとあるので此れだろう。健在と! 1944年、日本初の河底トンネルと。

淀川支流だが、元此れが本流と。嗚呼ややこしどす。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧