感想あれこれ

2020年3月29日 (日)

カロライナジャスミン

いずれも写真をクリックすると拡大

200329jasmin1

200329jasmin2

とても丈夫で棄て育ち。

昨日は久し振りで1枚脱ぐ暖かさだったのが、一転今日は冷たい雨で震えている。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

アケビ

いずれも写真をクリックすると拡大

200325akebi1

200325akebi2

木通。蔦は壁を這わせると、際限もなく成長し、取ると吸着部分が残ってしまうので、除去している。石垣部分ではほっといたら今では四通八達し、補強になっているかと。

その点アケビは絡まる蔓なので良い。去年までは頼りなく花が咲き、実が2っほど生ったろうか。忙しくしている中に落ちて真っ黒になっていた。

それが今年は、見られるように2F迄達し、こんなに花を付けビックリだ。大体放置ガーデニング?なので、枯れたり、途絶えたりが多く、鉢から生えているのにこの盛大さは、誰も褒めてくれないので、私が1人で喜んでいる。

(追記)オリンピックが延期となったが、遅すぎた決定だ。志村けんさんが、重度の肺炎で入院、コロナ陽性だそうだ。東京で爆発的な事になりそうな予感で心配だ。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

非常用品

Keitai_5_20200322102501 地震等に備え、非常用品を机下に用意しているが、食品など持ちが良いようになっていても、年1回位は点検しなければいけないのに、ほったらかし状態だ。最近いよいよとなって、ようやく一部調べてみる。

水だが、何年も経っているのに、何の匂いもしないのでビックリ、だがこれは交換。棒ラーメンが幾つかあり、1っ食ったが余り旨くない。賞味期限は去年だ。今年のもの以外は捨てる。

乾パンは大きな缶入が2っあるが、1っ何時だか開けたらしい。プラ蓋になって、半分位になっていた。蓋はピッタリだが、全然味悪く捨てる。もう1っを開け、コーヒータイムに。

非常用の笛を2人共用意したが、1人になった今は役立たずだ。建物の下敷きになった時、近所に助けを求めるに必要か。本当は寝る時、入歯、眼鏡、薬等は身近に置いておかないといけないが、中々だ。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

ガザニア

いずれも写真をクリックすると拡大

200318gazania1

200318gazania2

ガザニア。繁殖力旺盛で、長く咲きほったらかしで良い。

お花見の季節となったが、飲めや歌えは推奨されず、通り過ぎるのみ?。

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

トラピスチヌ修道院

P1140786

 Book_20200322110801 野呂希一著「トラピスチヌ修道院」

2009年11月、16~19日、家内と3泊4日のバスツアーで、北海道旅行に出掛けた。函館、登別温泉、札幌泊で、五稜郭、大沼、洞爺湖、富良野、小樽等を見物した。その中の1つが函館の「トラピスチヌ修道院」だ。もう11年前になる。

家内の遺影は小樽の倉庫街で写したものだ。ツアーなので詰め込み過ぎの感があり、暖かい頃1~2ヶ所をゆっくりと思っている中に、月日は電光の如くである。

この旅行で、彼女が一番感銘を受けたらしいのがこの修道院だ。此処は途中迄は入れて、修道女達の居る所はその奥。土産物を買う。

彼女は物静かで無口な性格とて、色々人に誤解されたり、嫌われたりだったらしい。成績表は何時も、人ともう少し話すようにと書かれている。母親とも上手くゆかず、私と結婚の時は、家を出られるなら誰とでも良いの心境だったらしい。

一生世に出ない修道女の生活を目の前にして、何と言ったか忘れたが、凡そ感想を述べない人が、感動していたのを思い出す。この本を見付けたので、遺影に今置いてある。修道女達の静謐な日常が表現され、如何なる名文も要らない作品集だ。 ★5

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

大相撲春場所初日

200308harubasyo

大相撲春場所初日、コロナウイルスのため、無観客試合となったが、中々厳粛な様々の相撲の様式美が感じられて良かった。

何時もの事なのに何故だろうと考えたが、やはり観客の声援等にあるかと思う。昔は節度があったのに、最近は口笛などが煩く、それが無い所為かと。

横綱土俵入りで、四股のときのよいしょの掛け声が無いのが寂しいが、今、テレビはニュースに至るまで、ドンドコ、シュワーとバックが煩いが、それに近いかと。

力士がそれぞれタクシーで降り立つが、皆マスクで誰やら良く分からなかった。なお無観客は1945年東京大空襲直後の夏場所で1回あったそうだ。

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

スイセン:テターテート

200307suisen

写真をクリックすると拡大

水仙:テターテート。

歯科、入歯一応終わった感じだが、レントゲンで虫歯があり、次回となった。結局歯石等を衛生士が除去、次回からは予約なし、葉書を半年後に出すと。定期的の掃除が大切らしい。

皮膚科は、例の白癬だが、2週間を目途にと言われたが、痒みは取れたが、まだ少し跡が見られ、もう少ししたら行く予定。

コロナウイルスだが、ウイルスが悪いので、人では無いと新聞のコラムに書いてあり、全くそうだと思っていた矢先、何と陰性自宅待機の男性が、飲み屋を梯子して移してやるという騒ぎ。

以前、伝染病は有無を言わせず隔離だったが、甘い対応だとこういう人物が出て来る。(後記)その後陽性になり死亡)

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

八千の草はら

190227

イヌノフグリ、里山を歩こうさんより。

千葉は長南町に「森の墓苑」が出来、去年、亡き家内の墓を求めた。私の墓も横に予定されてある。

此処は財団法人日本生態系協会が経営するもので、20年近く理事を務められた、八千草薫さんは、去年亡くなられた。彼女の考えが反映されたものだそうだ。

4月12日、「八千の草はら」というコーナーで在来野草の播種と植付をやるそうだ。

コロナウイルス騒ぎだが、マスクが無いと書いたら、娘が1箱送って呉れたので、病院などで助かっている。

 

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

白癬2

Shinsatsu_20200218151801 昨日、皮膚科で白癬と診断され薬を貰ったが、帰って調べ驚いた。若い頃散々苦しんだインキンタムシだった。何でも言い換えが多いので、この厭な名前も変わったのかも。此の歳になって知った次第。

水虫、田虫を白癬と言い、詳しくは足水虫は足白癬、爪水虫は爪白癬、股に出来ると股部白癬と。この股に出来るのを以前はインキンタムシと言っていた。

私は中1の頃敗戦となり、大連から引き揚げて来たが、大連時代これに罹った。色々やったが治らぬどころか、刺激性の薬でケロイド状に酷くなり、痒くて寝られない苦しみだった。

ノイローゼになり、家の者は荒れる私を、腫物に触るようにして引き揚げて来た。それが気候風土が変わった所為か、間もなく嘘のように消え失せた。ただ時々痒くなる時があり、皮膚下に潜んでいるのは感じていた。それが数十年を経て出て来た訳だ。診断も、薬も進歩しており、2週間塗れば治るらしい。

なお白癬には他に水虫があるが、爪水虫が足の親指にあり、これを直そうと随分医者を転々とした。先ず内科で、奥様が皮膚科をされている医院。奥様が出なくなり、代わりに内科の先生が。1回薬を飲む方法で治らず、此処は他の理由で止めた。

次は耳鼻科、皮膚科の先生。此処は3回に分けて薬を飲む。少し良くなったが完治してないと思われるのに治りましたと見放される。次は皮膚科専門医。こちらは塗るだけ。その内先生が亡くなる。

通販でこれを塗り半年もすれば効き目が出ますというのも、1年やったが変わりなし。一時酷い時は爪が無くなるのではと言う位だったが、今はそれほど変化なく、痛くも痒くもないのでほったらかし状態だ。

話変わって今日はズボンの裾上げをやる。亡妻に頼んでいて、やって呉れなくなったものだ。ミシンが簡単だが3台もあるのに使えない。わざわざ遠い娘も呼べず、裁縫道具箱を持ち出し1時間も掛け何とか出来た。嗚呼。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

白癬

Shinsatsu_20200217154001 眼科、歯科、肝胆膵外科、内科、整形外科と医者通いが続く。まあ眼科は3ヶ月1回、肝胆膵外科は半年1回、内科は1ヶ月1回。歯科はこの次で終わりと思う。耳鼻科は見放され補聴器使用。

1ヶ月ほど前から太腿に痒い出来物が。痒み止めを塗るが余り効き目無く、布団に入り温まると痒い。そこで今日皮膚科へ。

駅近くに有る内科、小児科、皮膚科を掲げる医者だが、亡妻が行った時、自信が無いので他でと言われ、少し遠くの皮膚科専門に行った。

その後私もムカデに親指を刺され、そちらに行ったことがある。患部をナイフで削り顕微鏡。白癬だそうだ。薬を貰う。

今日はこの後痛む足を引き摺り乍ら、郵便局の引き出し、セブンで補聴器メーカーの部品代支払い、整形外科でリハビリと点滴、スーパーで買い物と食事、昼過ぎに帰る。

コロナウイルスが蔓延している様だ、大勢集まる会合やマラソン大会等、中止や縮小が相次ぎ、皇居の参賀も中止らしい。大勢世界中から集まる、オリンピックも当然中止だろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧