伊豆の山々

2017年10月10日 (火)

天城高原

171010amagikougenn

写真をクリックすると拡大 小室山321mから見た矢筈山。

伊東の小室山から南西方向を見ると、天城山の端に当たる遠笠山1197mが平らに見える。その手前が矢筈山816m。通称ゲンコツ山だ。

この山の間が天城高原別荘地になり標高は900m。8日ここの会社保養所に来ていた家族の4歳になる男の子が行方不明となり、警察犬を出しての捜索の末靴を発見。心配されたが夜となる。

幸い翌9日無事保護されてほっとした。急坂で滑り頭の骨を折っていたそうだが、じっとしていたのが良かった。同じような男の子を持つという捜索隊長は、思い出しの感涙だった。

ここは標高が高いので冬は直ぐ雪になる。20年以上前私は赤帽運送をやっていたのだが、ここに組合の保養所があり、夫婦で泊ったことがある。

何かというとガスの中で、家屋全体湿気ており、たまに行くと通風したり大変だった。ゲンコツ山が下に見えていた。

| | コメント (2)

2017年8月28日 (月)

メガソーラー

Icon_044260_32原子力エネルギーに替わる自然エネルギーとして、風車や太陽光発電が持て囃されて来ている訳で、エネルギー利用の点では文句なしだろう。

しかし、その為に自然が破壊されるとなると一寸違ってくる。風車発電が低周波とか景観で問題になっているが、大規模の土地を取得しての太陽光発電所(メガソーラー)も同様反射光による周辺への影響などから、山中に作るケースが増えているらしい。

ここ伊東でも、市街地を殆どカバーするような面積の、大規模山林伐採が行われようとしている。河津町、三筋山では反対運動も空しく、11基の風車が作られて、景観台無しとなった。

国も自治体も後手後手だ。それどころか国が2012年、電力会社が一定価格で買い取る制度を設けて、出力1千KW以上のメガソーラーの認定は80余件だったのが、今年は1万件余となったと!

私は墓々と騒いでいる頃、日本人の大部分はそう古くない時代、殆ど墓無しだったのに、これでは狭い国土が墓で埋まり、住む所も無くなると思っていたが、今世の中は墓仕舞いとかで、減る一方とか。

替わってこのままでは日本中の山林がソーラーパネルで埋め尽くされ、景観、水害など公害となるのは明白で、後追い行政では大変な事になると憂えている。参照 伊東メガソーラー建設の中止を求める会

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

大室山焼

160228_2

伊豆新聞より

昨日、大室山の山焼きが行なわれた。さくらの里より見物の人達。

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

城ケ崎ポットホール

暖冬から一転して寒くなったが、少し緩み無風とのことで27日、 たなぼたさんのブログで紹介された城ケ崎のポットホールを見て来た。

ポットホールとは甌穴と書き、波に浸食された空洞で、これは割と見掛けられるらしいが、その中に入っていた石が長い年月波により転がされ、まん丸になって在るのは珍しく、ここ伊東でも大室山の噴火でできた城ケ崎海岸に存在する。

伊東駅から海洋公園行のバスに乗り、少し手前のルネッサ城ケ崎で下車。途中観光客などでほぼ満員だったが、地元のおばあさんが2人乗って来た。私の前に座っていた中国人の若いアベックが直ぐ立って後ろの空いた席に移り、手招きで座らせたのには感心した。

別荘地を約20分南下、駐車場とトイレの有る所より山道へ。5分くらいでいがいが根という自然研究路に出る。大島が立派だ。

いずれも写真をクリックすると拡大

160129pothole1

160129pothole2

ここを左に数百メートル行くとかんのんの浜という地点に出る。

160129pothole3

たなぼたさんの写真にある松の生えた所まではごろた石で歩きにくい。登ると下方にポットホールが見える。

160129pothole4

迂回して近付けるらしいが、危険なので止める。望遠でやっと撮った。

160129pothole6

他にも見られたが製造中だろうか。遠くなので良く判らない。

160129pothole7

この研究路は柱状節理や溶岩原、海浜植物も豊富だ。ここは駐車場に近いせいか野良猫が数匹いた。 参照

160129pottohool

17.05.22追加。フリーペーパー伊豆フルより。子供が行けた。足元注意とあるが。

| | コメント (2)

2016年1月14日 (木)

渚橋

160114nagisabasi_2

写真をクリックすると拡大

伊東の大川に架かる渚橋からの眺め。背後の大平山などに囲まれた扇状地で、右に相模灘、相州大山、初島、天気良ければ房総半島も望める、広闊な風景だ。

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

増えすぎた鹿

8月3日、静岡県は長泉町で鹿駆除中の地元猟友会が、山菜取りの方の白い帽子を、鹿のお尻と勘違いした誤射による、死亡事故があったが、20日、伊豆市でも仲間を誤射して死亡させている。

伊豆では2万1千頭と増えすぎた鹿の食害が問題になっているが、猟友会員の減少、高齢化が悩みらしい。狼を放つ運動があるが、果たして上手く行くのか疑問だ。どちらも山歩きの危険を感じさせる。

1407sika

鹿に齧られた樹。12.11.18伊豆市~東伊豆町、遠笠山1196.5mにて。この時も天城高原行きのバスの車窓からでも数頭見掛けたので、相当の数が棲息の様子と見られる。

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

大室山と小室桜

いずれも写真をクリックすると拡大

140223oomuroyama_2

冠雪の大室山579.6m。そのため山焼きは3月2日に延期。

140223komurozakura1

140223komurozakura2

こちらは伊東ガス苑地にある満開の伊東小室桜。

ソチの冬季オリンピック。キム・ヨナも浅田真央もこれでオリンピックは終りにするようで、満足感と今一の結果の狭間で複雑な気持ちだろう。ヨナでは2位不服で連盟に調査要請とか。

日本ではどうでも良いことを長々と周りに聞き出していたが、あれだけ騒いだ手前、引っ込みつかないの感じだ。何時もながらアナウンサーのメダルメダルの絶叫は聞き苦しい。反省するべきなのはマスコミだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

大室山と小室桜

いずれも写真をクリックすると拡大

130221oomuroyama

月、火と降った雨。大室山は雪化粧。林道にて望遠。

130221komurozakura_2

小室桜も二分咲き程度。沢沿いの道では顔に当たる風が冷たかった。伊東ガス苑地にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

遠笠山(下)

写真をクリックすると拡大

121121togasa1

121121togasa2

落葉したマユミ(真弓)の赤い種子。

121121togasa3

シカに樹皮を食害された樹木。

121121togasa4_2

ブナやヒメシャラの森。 了。 参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

遠笠山(上)

18日、雨後晴れるとの予報で、天城山の登り口を一寸戻ったところの遠笠山1196.5mに出掛けたが、下は晴れているのに終始ガスの中で展望ゼロ、再訪の山とはなった。

いずれも写真をクリックすると拡大

121120togasa1

121120togasa2

アセビの大木が多い。

121120togasa3_2

イヌツゲも大木。

121120togasa4

山頂手前の平坦部辺り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧