伊豆の山々

2022年5月26日 (木)

三筋山より天城連山

2205

三筋山より万三郎岳~万二郎岳。「伊豆稲取だより」さんより。

仲間の方と元気に山を歩かれている。此れは三筋山821mより、天城最高峰、万三郎岳1406m~万二郎岳1299mを撮ったもの。

私は三筋山は2回、万二郎からは箒木山1023,7mに下ったが、最高峰の万三郎は到頭行かず仕舞いだ。

| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

シャクヤク

220515syakuyaku

写真をクリックすると拡大

芍薬。今日は寒くエアコンを点けたが、流石にそれ程で無く、ヒーターに切り替えた。

山梨道志の女児、奇跡に近いというDNAの結果、本人と断定。謎が多いが大変な捜索は続く。

伊東でも昨日、矢筈山816mで遭難騒ぎ。捜索隊に見付かり無事。過去も遭難騒ぎ在り油断できない山だ。

鹿路庭(ろくろば)峠から登るらしいが、私は隣の遠笠山には登ったが、此方は行かず仕舞い。バス内からも鹿が見られ付近に多い。

Img_2220

遠笠山にて、鹿に由ると見られる。

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

大室山焼き

220319oomuro

伊東の大室山で毎年行われる山焼き。13日行われたらしいが、以前家内の居た頃、2人で傍のシャボテン公園から見て迫力があった。

此れはヘリかドロか。各地で山焼きがあるが、此処のが一番迫力あるし、山登り式で安全性がある。

鳥越俊太郎がゼレンスキーの日本国会で演説の件、ツイッターで反対と。紛争の一方の当事者の言い分だからと。

ゼレンスキー大統領、各国で演説しているが、流石テレビ出身者だけあって、それぞれの国に合ったもので、アメリカでは真珠湾を持ち出している。日本なら原爆か。

紛争の当事者ではなく、侵略された被害者であり、自分の立場を最大限に利用しているのには感動だ。プーチン出てこいの提案もしている。今世界最大の活躍をしている指導者と思う。

正直、以前はパッとしない支持だったらしいが、人間が変ったかの様だ。日本は、ヘルメット、胴衣、お金位しか援助出来ずもどかしい。

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

ハンミョウ

181025

斑猫。「里山を歩こう」さんより。山道等で歩いていると、先へ々々と行くので、「道教え」の名もある。

伊豆では万二郎岳→箒木山と来て、長い林道歩きで数匹出会ったことがある。少し地味なニワハンミョウだったが・・・。動きは同じだ。

銀行の通帳記入だが、中々歩くのが大変なので、引出しの時のみだが、ネットで出来ると新聞に載っていたので試した。

流石厳重で、設定大変だった。直近の数件のみ見られたが、後は如何しても上手くいかない。其の内電話で聞いてみようと思っている。

(追記)銀行のサポートに電話したら、登録後の物のみで、以前のは駄目との事。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

大室山焼

190218oomuro

伊豆新聞より。

17日行われた、大室山580mのススキ原焼。さくらの里より

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

伊豆半島ジオパーク

Ip180417tan000048000_1

大室山、富士と手前、城ケ崎海岸

伊豆半島が世界ジオパークとして17日認定された。一遍先送りだっただけに喜ばしい。ただ2年置きとかの審査は現状維持では駄目だそうで、全市町の体制が今一の気がする。

伊東では平坦部市域の半分の面積とかの「メガソーラー」で揉めている。写真の大室山~城ケ崎海岸に計画されるらしい。自然エネルギーともてはやされる太陽光だが、こうなると問題だ。

伊東の小野新市長は業者に早々と認可を下ろしてしまい、反対陣営の怒りを買っている。川勝知事に直訴したり、業者がいい加減な見積もりをしていると、再調査の騒ぎとなっている。

その川勝知事だが、17日、水山葵農業遺産認定の授与式に出席しようとしたら、パスポートが見付からず、副知事に行って貰う事に。ショックだったらしいが、御陰で18日のジオパーク認定記念式に出席できたと。やれやれ。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

天城高原

171010amagikougenn

写真をクリックすると拡大 小室山321mから見た矢筈山。

伊東の小室山から南西方向を見ると、天城山の端に当たる遠笠山1197mが平らに見える。その手前が矢筈山816m。通称ゲンコツ山だ。

この山の間が天城高原別荘地になり標高は900m。8日ここの会社保養所に来ていた家族の4歳になる男の子が行方不明となり、警察犬を出しての捜索の末靴を発見。心配されたが夜となる。

幸い翌9日無事保護されてほっとした。急坂で滑り頭の骨を折っていたそうだが、じっとしていたのが良かった。同じような男の子を持つという捜索隊長は、思い出しの感涙だった。

ここは標高が高いので冬は直ぐ雪になる。20年以上前私は赤帽運送をやっていたのだが、ここに組合の保養所があり、夫婦で泊ったことがある。

何かというとガスの中で、家屋全体湿気ており、たまに行くと通風したり大変だった。ゲンコツ山が下に見えていた。

| | コメント (2)

2017年8月28日 (月)

メガソーラー

Icon_044260_32原子力エネルギーに替わる自然エネルギーとして、風車や太陽光発電が持て囃されて来ている訳で、エネルギー利用の点では文句なしだろう。

しかし、その為に自然が破壊されるとなると一寸違ってくる。風車発電が低周波とか景観で問題になっているが、大規模の土地を取得しての太陽光発電所(メガソーラー)も同様反射光による周辺への影響などから、山中に作るケースが増えているらしい。

ここ伊東でも、市街地を殆どカバーするような面積の、大規模山林伐採が行われようとしている。河津町、三筋山では反対運動も空しく、11基の風車が作られて、景観台無しとなった。

国も自治体も後手後手だ。それどころか国が2012年、電力会社が一定価格で買い取る制度を設けて、出力1千KW以上のメガソーラーの認定は80余件だったのが、今年は1万件余となったと!

私は墓々と騒いでいる頃、日本人の大部分はそう古くない時代、殆ど墓無しだったのに、これでは狭い国土が墓で埋まり、住む所も無くなると思っていたが、今世の中は墓仕舞いとかで、減る一方とか。

替わってこのままでは日本中の山林がソーラーパネルで埋め尽くされ、景観、水害など公害となるのは明白で、後追い行政では大変な事になると憂えている。参照 伊東メガソーラー建設の中止を求める会

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

大室山焼

160228_2

伊豆新聞より

昨日、大室山の山焼きが行なわれた。さくらの里より見物の人達。

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

城ケ崎ポットホール

暖冬から一転して寒くなったが、少し緩み無風とのことで27日、 たなぼたさんのブログで紹介された城ケ崎のポットホールを見て来た。

ポットホールとは甌穴と書き、波に浸食された空洞で、これは割と見掛けられるらしいが、その中に入っていた石が長い年月波により転がされ、まん丸になって在るのは珍しく、ここ伊東でも大室山の噴火でできた城ケ崎海岸に存在する。

伊東駅から海洋公園行のバスに乗り、少し手前のルネッサ城ケ崎で下車。途中観光客などでほぼ満員だったが、地元のおばあさんが2人乗って来た。私の前に座っていた中国人の若いアベックが直ぐ立って後ろの空いた席に移り、手招きで座らせたのには感心した。

別荘地を約20分南下、駐車場とトイレの有る所より山道へ。5分くらいでいがいが根という自然研究路に出る。大島が立派だ。

いずれも写真をクリックすると拡大

160129pothole1

160129pothole2

ここを左に数百メートル行くとかんのんの浜という地点に出る。

160129pothole3

たなぼたさんの写真にある松の生えた所まではごろた石で歩きにくい。登ると下方にポットホールが見える。

160129pothole4

迂回して近付けるらしいが、危険なので止める。望遠でやっと撮った。

160129pothole6

他にも見られたが製造中だろうか。遠くなので良く判らない。

160129pothole7

この研究路は柱状節理や溶岩原、海浜植物も豊富だ。ここは駐車場に近いせいか野良猫が数匹いた。 参照

160129pottohool

17.05.22追加。フリーペーパー伊豆フルより。子供が行けた。足元注意とあるが。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧