« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

タブノキ

210331tabunoki

写真をクリックすると拡大

椨木。若葉がまるで花みたい。しかしあっという間に成長する大高木だ。

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

聖車リレー

14f578f98e84c51f5545c01b446c64bd_2

聖火リレーが福島から始まったが、驚いたのは聖火の前を、何十台もの車が走っている事だ。何れもスポンサーだと。お祭り騒ぎも此処まで来ると、良く出来ると呆れてしまう。

森前会長が「有名人は田んぼの様な所を走ったら」と言ったが・・・。私は聖火なぞ一人で走ってこそだと思うが。

(追記)新聞、テレビにはこういう場面は全然出て来ず、スポンサー配慮ありありだ。

| | コメント (0)

2021年3月26日 (金)

ツルニチニチソウ

210326turunitinitisou

写真をクリックすると拡大

蔓日々草。

毎年日本一とされる、石川の加賀屋旅館だが、他が新規採用を中止か減らす中、創業以来最大の85名採用とか。流石、体力があって出来る事だろうが、気迫が感じられる。

団体客で賑わっていた頃の旅館業界は、食事が食堂式になり、おもてなしも味気ないものとなっていたが、ウイルスの所為で、ここに来て部屋食に戻りつつあるらしい。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

クスノキ

210325kusunoki

写真をクリックすると拡大

楠。若葉が赤味を帯び春だなと何時も思う。以前は毎年伐っていたが、樟とも言うとおり、樟脳を採るので良い匂いで気持ち良い。もう剪定もしないとどうなるか、Uさん(03/20)の家を嗤えない。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

ボケ

210323boke

写真をクリックすると拡大

木瓜:世界一。

首都圏に出ていた戒厳令、いやウイルス緊急事態宣言は解除。ワクチンの一刻も早い接種が望まれる。

東京都が自粛要請に従わない飲食業者に、罰則を伴う時短営業の命令を出した。これに対し業者は104円の損害賠償を起こしたと。

今度の場合、人間とウイルスの世界的な戦争だと思う。不毛な裁判などしている場合ではないと思うが。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

テイカカズラ

210321teikakazura

写真をクリックすると拡大

定家葛。花が夥しく咲いたが、実は寂しい。

昨日夕方6時過ぎ、なんか揺れている感じ。さてはとテレビを点けたら案の定、宮城震度5強だ。伊東は2。津波予報も出た。幸い大きな被害は出て無い様だが。

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

Uさん宅

210320utidataku

写真をクリックすると拡大

国道135号線の湯川7丁目バス停辺りから、伊東線の向こう上に、南欧風の大きな家が望まれる。この上にも離れ家があるらしい。2Fが入り口だ。Uさんと言う高齢女性が一人住んで居た。

私の家は近くだが、ここへ行くには、線路に沿って車一杯の狭い道から更に人巾となり、5~6軒はあろうか。写真の手前に伊東線を潜る道があるが、これも人がやっとだ。

この辺の建築は、全て手で運んでなされたものらしい。もう大分前になるが、町会の役員をやらされていた時、会社や有力者に、お祭りの寄付を4人で戴きに廻った事がある。

何処も直ぐ出してくれるが、此処は手に持っているのに、戴けるまで30分位掛ったろうか。その間何があったかと言うと、伊東線下から車で入れるように、市に陳情のお願という事だった。

古い役員に聞くと、ここは何時もこれなんですよと苦笑い。市にも掛け合ってはいるが、優先順位とかで中々らしい。

この方もやがて亡くなり、中々買い手が付かないらしい。北横に2本の常緑の大木があるが、かつて足場を組んで庭師が2人、2週間位掛り剪定したが、今はその時を超す勢いで繁茂している。

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

オリンピック開閉式

Medal_gold オリンピック開閉式で、演出、統括役とされるクリエイティブディレクターなる佐々木宏氏が、タレントの渡辺直美さんを、オリンピッグとか言って演出したらしい。

オリンピック皆反対の中、次々と問題発生だが、今回は早々と謝って辞任と。

開閉式は商業主義に染まった、オリンピックの象徴みたいなものだ。凝りに凝った巨額のものらしい。

長野は岡谷市と塩尻市の境である塩尻峠1055mで、年2回行われる「塩嶺御野立記念祭」と言うのは、両市関係者が集い「整列、一同礼、解散」で終わる日本一短いお祭だそうだ。

オリンピックも素朴な昔に戻り、全て簡素に、いや中止と願いたい。

(03.23追記)増田明美さんによると、事案は1年前の内輪の会議での事であり、批判されその場で撤回されたもので、今になって持ち出した人物を怒っている。

とすると佐々木氏は、卑劣な人物の所為で、この時点で揉めることを心配しての行動と思われる。内部告発にもこんなのがあると言う不愉快な事例だ。

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

キンマサキ

210317kinmasaki

写真をクリックすると拡大

金柾。新葉が明るく春到来を告げてくれる。この樹は挿木で良く着く。隣家との境から採って数か所植えて育っている。矢張り日影のは綺麗に出ない。

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

よこすか

210311yokosuka

写真をクリックすると拡大

伊東沖碇泊の、海洋研究開発機構の深海潜水調査船支援母船、よこすか。106m、4439t。

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

ジェネリック

Torohchi_2 ジェネリック(後発薬)国内トップの日医工が、1ヶ月業務停止になったそうだ。

出荷テスト不適合の出た時、「逸脱会議」なるものを開き対応を検討、廃棄すべき錠剤を砕いて作り直したりしていたと。

今の所、業務停止でも供給は大丈夫とあるが、薬そのものが不安だ。

と言うのは、今通っている整形外科で、骨粗鬆症の治療薬を4週間に1回飲んでいるが、最近740円のをこの日医工のジェネリック、410円に変えたからだ。素人には判断できず、始末に負えない。

年寄りの病気で薬が増え、製薬会社はこんなことしないでも良さそうだが、原因は他社の追い上げとか。

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

四年目の呪殺

Book_20210308094501 3月1日、斉藤澪について書いた。23冊ばかり読んだが、6冊ばかりは兎も角、他は平均して面白く、良く出来ていると思った。

ところで残りの5冊は、ナシか5千円位、一番高いのは34000円で、手が出ない。(アマゾン)

「四年目の呪殺」だが、高かったのか、題名でか買ってなかった。それが安く入手出来、読んでみたら、女検事が探偵になり、恋人自殺の真相を追うと言うもので、実に面白く24冊中一番の出来と思った。

最後の一つ手前だから、円熟の作と言えようか。それにしても、最後の作より24年、編集者達が捨てておかないと思うのだが・・・。謎だ。

今はこの手の推理物は流行らないからか。初期の事務はタイプライターだし、刑事が赤電話に走ると言う有様だが、終わり頃は未だスマホではないが、携帯やパソコンも出て来る。

今スマホの出現で、推理物がやりにくいらしい。昔は何かというと喫茶店、そして煙草。今はどちらも気息奄々だ。それにしても事物の変化を見るだけでも、物凄い時代の変化を感じる。

残るは「越前岬の女」「灼熱(ジェラシー)」共にナシ。「怪談・無情坂の女」「怪談・霊安室の声」は5千円台。「卒塔婆小町殺人事件」は34000円(アマゾン)「日本の古本屋」「スーパー源氏」「ブックオフ」「ヤフオク」等にも一切無シ。

(追記)以上の記事を、最後の残るは・・・だけ削ってアマゾンの「四年目の呪殺」のカスタマーレビユーに載せたら、審査で拒否されてしまった。どうも値段やアマゾンの名で拙かったらしい。訂正して出そうと思ったが、出来ないようになっていた。トホホ。納得いかないが。

| | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

スイセン

いずれも写真をクリックすると拡大

210306suisen1

210306-suisen-2

水仙:テターテート。

今日は、整形外科で骨密度の検査をやった。若年成人の平均とでは70→71。同年齢とでは85→87。と言う結果で、半年前は共に、70、85だから、4週間置きに飲んでいる薬の成果が出て来たか。

年なのでぐんと良くなることは望めなく、この程度で満足すべきだろう。転倒、骨折には注意だ。

骨折は未だかってしたことが無いが、転倒に近い状態は最近よくある。腰がふらつくせいだろう。

家の中では掴り歩き、外ではバランスを取るためにも杖が必須とはなった。摺り足で歩く人を見掛けるが、よく転ばないとハラハラする。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

ビワ

210304biwa

写真をクリックすると拡大

枇杷。伊東市、国道135号、湯川7丁目バス停と、一段下がったバイパスのマリンタウン従業員駐車場の間にあった。去年この辺に生えていた樹が、伐り払われてしまった。高さ的に恰好の撮影対象だったが。

昨夜蚊が早々出た。ハッカ?。今朝は大きな蜘蛛も。未だ中型だが、気味悪く殺虫剤一吹き。5mm程の可愛い蜘蛛は冬中結構居た。これは殺さない。

冬中背中が痒く、皮膚科で貼薬と飲薬を貰ったが、好転しない。老人性か。これから良くなるかも。一方ゴキブリ、ムカデに悩む季節となる。去年はスズメバチに参ったが。

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

斉藤澪

1_20210115095101 Photo_20210115095101

斉藤澪の推理小説を23冊ばかり読んだ。後何冊かは凄く高価で買えない。

作者は1944年生とあるから、77歳か。最後の作品「顔のない男」は1997年とあるから、24年間一切消息不明である。

第一回横溝正史賞のデビユー作「この子の七つのお祝いに」はおどろおどろしい出だしだが、いずれも良い味の作品ばかりだ。間もなく亡くなる横溝と会っている。

今は夏樹静子のを読んでいる。こちらは膨大な数で読むのも大変だ。仁木悦子と親しかったが2人共もう亡くなった。女性推理作家の物ばかり読んでいる。

(追記)斉藤澪著「赤いランドセル」のカスタマーレビユーに載せた。此処は昔字数制限があったが、直ぐ載った。今は制限無しになったらしい、その代わり審査後だ。丁重なメールが届く。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »