« 祝賀御列の儀 | トップページ | 蚊 »

2019年11月12日 (火)

バスの運転手

Bus_2 長くバスに乗っていると、運転手に由る色々な出来事に遭遇する。町田の団地に入れた時、都心通勤者が圧倒的に多かったが(私も中野に)皆若く、5分置きに直ぐ傍から発車するバスが待てなくて、運転手と喧嘩になる場面もあった。

帰りが満員で乗れず、後ろにぶら下がる男も。未だ田舎の駅然としており、数台のタクシーの運転手がそれを見守って居たり。団地は突き当りで未だ舗装もされず、管理人が泥道を長靴で見回っていた。

その内、舗装も延びその先に団地がどんどん出来たが、初めてだったらしい運転手が団地へと左折せず、先で適当な道を辿り向かった事があった。

伊東に来ると一転して1時間に1本でもガラガラ、運転手ものんびりだ。私の家へは、駅から出発したバスはまず旧道左折だが、マリンタウン行きはその先のバイパスで左折、それと勘違いしたか、ある日バイパスまで行ってしまった。

そこで先で左折旧道に合わさる。てっきり右折と思ったら又左折。一か所停留所があり、そこを通過しないとまずいとの判断とは後で判る。結局乗降は無く、又一回りしてやっと旧道右折、降りた私に謝っていたが。

或る時は駅の待合所で待っていても、車庫から時間に来ず、次のマリンタウン行きとなった。案内所の係に「来ないけど」と言うと「見てましたか」と私を疑っている。仕方なく少し歩くのが長いが、マリンタウン行きに乗っていると、係が慌てて来て今出ますとの事。

運転手は1時間後と勘違いしたとかで大急ぎでバスが来た。11時頃は昼間では一番乗車多い時間なのに、私以外誰も居ず、他に居ませんねと聞いて直ちに発車。停留所は我が家への踏切から100mだが、踏切で降ろしてくれた。ボタンを押しても忘れて通り過ぎたり、私を覚えたのか違反ではあるが踏切で降ろしてくれた運転手も居る。杖を突いていたせいかも。

1円が溜って仕方がないので、10円分を10枚支払っていたら、ある日「お客さん1円は止めて下さい」と。「どうして、だめなの?」「つっかえますから」。営業所にメールすると、そんな事はありません、注意致しますとの事。

しかし、かねがね現金支払いは果たして、ちゃんと解ってるのかと疑問だった。運賃値上げの時、10円上がったのを知らず表示板を何の気なしに眺めて慌てた。それ迄数回少なく払っていたのだった。そんな訳で、10銭は酷であり、営業所には運転手に言わないようメールで頼み、止めとした。

|

« 祝賀御列の儀 | トップページ | 蚊 »

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝賀御列の儀 | トップページ | 蚊 »