« 転倒死 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »

2019年10月20日 (日)

ミゾソバ

181007

溝蕎麦。里山を歩こうさんより。

台風19号、ここ伊東では、何とかそれ程の被害無く過ごせたが、東北地方の河川の氾濫が酷い。

福島は、いわき市の関根さん(86歳)は足腰不自由の身で、入って来る濁流の中、助けてと外に向かって叫んでいたが、ベットの上から引き揚げようとする妻の百合子さん(86歳)も非力でどうにもならず「長い事世話になったな」の言葉を遺し亡くなったそうだ。

その後奥さんはボートに救助される。59年連れ添った百合子さんは「夫婦は2人でいることが良いこと。1人で生活していかなくてはならず、つらい」と。

私と大体同じ年、同じ長さの結婚生活で、私は去年暮れ家内を亡くし、意識有る内での別れが出来なく「そんなのザラなんですよ」と医者に慰められたが、意識不明で駆け付けた時は、見る間に機械のピツピツという音が変わって行き、駄目だ!と絶望の言葉を発するのみだった。そこへ行くと関根さんは立派としか言いようがない。

|

« 転倒死 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »

ニュース」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

植物19」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転倒死 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »