« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

アリ

Ali 村上春樹の疑問や悩み事に答える「村上さんのところ」というのが新潮社にあり、「5歳の息子が、地球に隕石が落ちて来るのが心配で、夜も眠れない」というのが来た。村上氏は「アリを考えて」と。「アリは何時人間の靴でペシャンコにされるかも知れないのに、日々黙々と働いている。心配していたらアリが気分を悪くしますよ」と。

ところで25日、直径130mもの小惑星が地球の近くを通過したと。判ったのは前日と言うから恐ろしい。衝突すれば東京位が全滅と。対策は今のところ早く探し出して、逃げる事。

そのアリだが、我が家に帰るには、直前40段の石の階段を,中央の手摺に掴まりながら休み休み登るのだが、この季節大小のアリが右往左往、それを避けながら足を下ろす日々だ。

バス停で待っていて、ズボンの裾に登っていたアリ、払うと死んでしまった。物の数10秒の中に、仲間が曳いて行った。

去年の始め、小バエが食卓辺に出没、スプレー出来ないので、手で際限も無く捕まえていた。暮れに家内が亡くなり娘がキッチンの整理中、発生源を見付けた。糠床を買ってくれと言うのでネットで入手、プラケースでキュウリ等を漬けていたのは知っていたが、何時しかほったらかしになっていたらしい。何とも悲しい思い出が又増えてしまった。

 

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

ムクゲ

190730mukuge

写真をクリックすると拡大

木槿:パープルピラー。立性で場所を取らぬ。

梅雨明けで、蒸し暑い猛暑がやって来た。1年後のオリンピックで騒いでいるが、大丈夫か。ミンミンとクマゼミの初鳴きを聞く。

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

ルドベキアとヘメロカリス

190725rudbekia

写真をクリックすると拡大

ルドベキアとヘメロカリス:フランスハルス。

池袋でまた高齢者の事故が・・・。一時停止違反で止めた婦警さんが駆けつけたが、信号機にぶつかったのにまだバックして走り出し、婦警さんも退避する騒ぎ。柱が無かったら如何なっていたか恐ろしい。

思い出すのは、私が仕事で運転中、信号が橙の点滅で停めた。前方に婦警さんを認めたからだ。未だ行けるのにとばかり飛び出した後ろの車に婦警さんがピーッと。そこでその車は左に逃げる。走って追いかけ身を挺して車前に立ちはだかり捕まった男。多分信号無視、追い越し禁止車線等3ッ位食らっただろう。

池袋でのあの事故を起こした飯塚院長だが、過日実況見分では一寸頭は下げたが、献花台が近くにあったのに関わらず寄らなかったらしい。逮捕されていないのだから、花束位供える意思があれば誰も止めないと思う。

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

オオヤエクチナシ

いずれも写真をクリックすると拡大

190723ooyaekutinasi2 

190723ooyaekutinasi1

190723ooyaekutinasi3

大八重梔子。花は見事だが、クチナシと違い、花後の美しい実が生らないのが欠点。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

予防は出来なかったか

Car_3_20190720134301 京都アニメの凄惨な放火事件にすっかり隠れてしまったが、東京池袋の高齢運転者暴走事故。妻子を突然奪われた松永さん、皆でよく遊んでいた近くの公園で署名活動を始めた。

インターネットでも用紙をダウンロード出来、現地に駆け付けられなかった私も早速今日提出した。

京都の放火だが、精神異常者らしい。それだと無罪!。刃傷事件などで、何時も買った店が野放しなのが問題になるが、買いにくくするなど一向に改善されない。

今度の放火でも、あれだけ大量のガソリンを買ったのだから、警察に通報していれば防げたのではないか。池袋の松永さんも、二度とこんなことが起きないようにとの署名活動だ。

(08.31追記)今朝の新聞によると、署名は29万を超えたそうだ。(09.21追記)20日39万余の署名を東京地検に提出。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

秩父の山里

Tree2_2019071520000115日、NHKで「ムツさんの花物語」と言うのをやっていた。今はやり?の山奥の一軒家訪問だが、これは数軒の集落で、ムツさんと言うお婆さんを取材したもので、NHKらしく長い時間を掛け、丁寧に作られた素晴らしいものだった。

 秩父の山里で暮らす高齢夫婦で、先にご主人が、次いで奥様のムツさんが亡くなり、かつて暮らしていた人々は炭焼きや林業が廃れ、麓に降りてしまった訳だが、最後まで残ったムツさん。何とか手入れをと考える人たちも先立つものは・・・だ。

今人気の「ポツンと一軒家」も上手く利用している人もいるが、数年後誰も居ない所が殆どではないか。過密に悩む大都会と、山村の崩壊の激しさを我々は今目にしている訳だ。

祠のような神社でも、かつて色々のお祭りがあったが、今は下に降りた人々が一つだけ行っているのみと。折しも「博多どんたく」とかで担ぎ手が何百人と出て、威勢よく走る神輿の光景を見て、その対比の凄さに平気ではいられない。

ムツさんが、杉ばかり植えたから他の草花が育たず、集落近辺だけでも手入れしないとと言っていた。その集落の俯瞰写真をNHKから拝借する。

Img_6600

 

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

ヤマユリ

190714yamayuri

写真をクリックすると拡大

山百合。下の庭に2球植えたのは次の年から咲いたが、上のは今年やっと咲いた。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ハイビスカス

190712hibiscus

写真をクリックすると拡大

ハイビスカス:ハワイアンイエロー。梅雨らしい天気が続く。

娘に手伝ってもらっての、亡妻の各種処理も峠を越えた。森の墓苑も契約書を送ったので、納骨するだけとなった。自分の終活と言うのをやった気分だ。記録して娘に託そうかと思っている。

18.02.05の現象はこのためであったかと思っているが、判らない。

今日は歯科と整形外科に行ったが、歯科では2~3歳の女の子がお母さんと出て来て、座っていた私の横に可愛い足を投げ出し靴下を穿かせてくれと。生まれて初めての経験で一所懸命。微笑んでいるお母さんだった。

整形では行きつけの床屋が来ていた。腰だそうだが、リハビリで大分良くなったと。立ち仕事で大変でしょうと話すうち牽引に呼ばれる。

 

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

アロエ

190705aloe

写真をクリックすると拡大

崖上に建つ我が家だが、南の庭の大半は傾斜地で、道路に面した所は3m位の石崖になっている。ここを買った当時その石崖上にこの大株のアロエがあり、8年前撮ったこの頃が一番良かったか。

だんだん元気が無くなり、前のめりになって来て数年、数日前の雨後完全に道路に落っこちていた。多肉で重く片付け様にも今の我が身では如何にもならない。

そこで市に電話、私物になるから市では片付けられないので、業者を寄越すと。間もなく業者らしい電話あり、良く分からぬうち切れた。行ってみると綺麗に片付いていた。

市に電話すると、量的に少なかったのでサービスと。業者にお礼を言って呉れるよう頼む。前の道路は広いが傾斜がきつく、帰ってくるのも大変だ。此処を買う時展望の良い更に上を勧められたが、車無しになった時を考え此処にした。

ゴミ出しは下の伊東線踏切を渡った所にあり、こないだは古紙を出すのに2回分いっぺんに持ったら体調がおかしくなり参った。バス停は先100m程だが、狭い歩道への伊東線からの雑草の伸びが酷い。市は1回位なので追いつかなく、時々剪定鋏で切り取っている。

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

ハマヒルガオ

190615

浜昼顔。里山を歩こうさんより。海岸の砂地に生える。観光シーズン前など良く町内会で海岸清掃が行われ、これも引っこ抜かれるが、しっかり残った根で再生する。

何本か我が家に移植、咲いてくれるが、こんなに盛大でなく拝借した。夫婦で参加していた清掃も、数年前から止めている。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »