« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

ネガティブ・ケイパビリティ

Book帚木蓬生著「ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書)

家内が去年の暮れ亡くなり、突然受けた心の痛み、少しは和らいだかに思われるが、未だ何かにつけ思い出しては涙の滲む毎日だ。

「山の中の一軒家」のテレビ番組が好評で、私も欠かさず見ている。行くと見ているよと言う人が多い。昨日のは奥様が信仰する或る宗派の別院が山中に建てられ、それを任された。御主人も感化され僧侶となる。しかし奥様が亡くなり御主人が後を継ぐ事となる。

それから大分経つらしいのに、思い出して涙され話が進まなくなる場面もあり、貰い泣きした。しかしお坊さんでさえそれなのだからと、私も少し慰められた。

ところで精神科医の帚木蓬生は、隅々まで行き届いた小説で素晴らしく、随分読んできたが、本書は医学啓蒙書に入るのだろう。

世の中は受験に象徴される様に、結果を如何に早く出すかという事で全て進行しており、これはポジティブ・ケイパビリティであると。医者の治療も例外ではない。治せないとなると困ってしまう訳だ。

これに反してネガティブ・ケイパビリティとは、どうしようもない事に直面した時、答えを出そうとせず、その状態に耐えて行けば、やがて何とかなるというものだ。

今の社会特に医療の現場では、治療により治すことに全力が注がれているが、治せそうもない時の患者や家族への対応はどうか。

家内の場合も色々手を尽くしたが、所詮治らない状況になったと見られ、先生方もそれなりにやって下さったと思うが、残された私としては、未だショックから回復出来ていない。しかし本書を読んで幾らか気持ちが収まった気がする。 ★5

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

イルカ号

190124haruhiramaru

写真をクリックすると拡大

伊東マリンタウンから出た、遊覧船のはるひら丸イルカ号。乗客の餌にカモメが。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

オキザリス

190123oxalis

写真をクリックすると拡大

オキザリス:セルヌア。林道などで野生化している。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

はつしま

190121hatusima

写真をクリックすると拡大

宇佐美沖に碇泊の掃海艇はつしま。60m、570t。

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

大島の自然葬

Sakura自然葬の墓地を探しているが、南伊豆のそれを見学して、住職の丁重な説明を受け、それなりのやり方にはほぼ同感だった。ただ経営的には将来に不安な要素が見られ、一寸考えた。

そこで海を渡るので敬遠していた、大島の自然墓苑のホームページを見て驚いた。私が見た頃は出来たばかりとて少し貧弱、それが13年経た現在の園はすっかり立派になっていた。

此処も経営は寺院だが、最近この種のものが多く、景観は立派でも骨を納めるカロート式であったり、値段が割高だったりだが、此処の樹木葬形式では、合葬だがそれぞれの標石は出来るし、値段も安く、私と二人分でも十分出せる。後の経費も一切不要と。

色々ある中この形式を問い合わせてみると、二つ並べてでも未だ十分ありますとの返事を戴いた。

船だが熱海からとばかり思っていたが、伊東にも寄ることを知り、これを今度見学しようと考えている。三原山の噴火の恐れがあるが、それを言ったらきりがない。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

ハクセキレイとジョウビタキ

190110

ハクセキレイ(白鶺鴒)。

190110_2

ジョウビタキ(尉鶲)。いずれも、里山を歩こうさんより。今の時期伊東でも良く見掛ける。

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

うらが

190117uraga

写真をクリックすると拡大

伊東沖で、舟艇を出す掃海母艦うらが。141m、5650t。

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

朝陽

190116asahi

写真をクリックすると拡大

今朝の伊東沖。

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

インフルエンザ

Cyushaインフルエンザが、2種類も猛威を振るっているらしい。去年12月、私も家内を伊東市民病院から、稲取の療養型病院に転院させたら、その日にお二人ともインフルの注射をするよう言われ、市に照会した。

市外の場合は依頼書を出し、やりましたからよろしくと言う返事がなされるという事で、可成り面倒なのに驚いた。そこで私は市内で通っている整形外科に頼んだら、ワクチンがもう有りませんと。

そこでも一つ掛かっている内科に行くと、ここも切れてますと。やはり面倒でも稲取でと思っていた中、家内が急死。一切御破算となる。

それからはインフルどころでない毎日に忙殺され、今少し落ち着いてきたが、これから又しばらくお悔やみのお礼や、お墓、相続等が控えており、遠くから来てくれる娘と動き回る毎日で、少しは気も紛れている。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

イソヒヨドリ

里山を歩こうさんより、伊東の鳥。♂♀♂の順。

190101

190104

190104_2

煩いヒヨドリと違い、何時も堤防や屋根に大人しく止まっている。

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

南伊豆の自然葬

Ico_ajisai_v1伊東市民病院での治療がこれ以上不能となり、稲取の療養型病院に転院となった家内、介護タクシーで向かったが、ここで2日後亡くなった。

省みれば、今年に入ってから徐々に老衰の傾向は見られたのだが、大人しい家内だったので、気が付かなかった。そして次々と難病になり、こうなったのも定めと諦めざるを得ない。

娘と支払いのため病院へと向かう。昼食に伊豆の食堂などに入る度、連れて来たかったと涙声になる。帰り、伊東市営天城霊園に寄る。私の登った遠見山の中腹に在り、相模湾一望で想像以上に立派だった。

ほぼここに決めて帰宅したが、娘は埼玉の婿さんの墓に入るだけに、将来の管理を心配している。それもそうだし、私としては墓石式の墓地には正直どうもだ。

天城霊園は市民優先で安価であり、適当とは思うが、自然葬の墓地は無いものかとネットで探した。近いのに大島があるが、熱海から船だ。

そこで見付けたのが南伊豆の自然葬の霊園「紫陽花の丘」。骨壺を収める墓石式の墓には反対の、茨木に本山のある臨済宗の禅寺の別院だそうだ。無論宗派を問わず。キリスト教もあると。

何か頼りない海などへの散骨でなく、地面に埋め紫陽花を植えるというもので、土に還るという考え方がピッタリ来た。住職に電話すると何時でもいらっしゃいとの事で、近い内訪れる予定とした。

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

自然葬へ

Tree去年暮れに家内が亡くなって一人となり、生前碌に何もしてやれなかったと回想すると、涙が止めどなく遣り切れない。

しかし何時までもこれでは参ってしまいそうで、騒々しいばかりであまり見ないテレビだが、無理にも見る事とした。余り可笑しくなくとも無理にでも笑うと、気持ちが楽になり笑う事の大切さを今更ながら感じた。ただ鉦や太鼓の騒々しい合の手は閉口だ。

葬儀は通夜、告別式一緒の近親者10名の簡素なものが出来(親類方が内心どう思われたかは分からないが・・・)、霊安室でお別れの後、すぐ傍の伊東市斎場に向かった。こちらの骨揚げの丁寧なのには驚いた。

お別れでは、遺影として北海道旅行時の小樽倉庫街での家内の写真を、音楽は家から持って行ったCDプレーヤーで、家内の好きだった童謡のBGMを流した。

そしてこれも好きだった水彩画家の母君が画かれた、葉書大の原画を棺に入れてやった。後、御了解下さいのメールに、理科の先生でもあり「星になられた事でしょう」と今頃の星空の写真を添付して下さった。

娘が入院時から遠くだが時々来てくれ、色々な手続きなど助かっている。娘の負担にならないためにも、この後簡素な墓標を建てた自然葬をと、南伊豆辺りで考えている。

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

年頭所感?

Shogatsu_kadomatsu新年あけましておめでとうと言いたいところだが、去年暮れ家内をあの世に送り、ただ一人となり寂しく酒を飲み雑煮を戴いている。

今NHKの「熊野古道神秘の旅」を見ているが、もう身体的に無理なので、行く事は叶わないが、素晴らしい所があると感動だ。

ところで元気な老人の事ばかり、新聞やテレビは報じているが、現実はそうではない。家内の入院時も、お婆さんが次々と救急車で運び込まれ、家内の救急診断中も、次の方が待たされる始末だ。外来にもやせ細ったお婆さんが介護施設から運ばれ、家内の方が未だましかと思った。

家内は色々治療を尽くしたが、重度の嚥下障害は治らず、医者、看護士、担当事務員等と数回のミーティグの末、療養型病院行きに決まった。医者が家内にもしもの時を聞くと「その時は仕方がないと思います」と回答、私より余程しっかりしていると泣けた。

数件の病院の見学で、悲しかったことは、死相を浮かべた患者が一杯横たわっており、家内はも少しマシだと無理にでも思うようにした。

私は日本の人口は8千万人ぐらいで止まり、それが一番良い状態と思うが。政治家はオリンピックやカジノで景気向上という能しかないらしい。年寄りの長寿ばかり持て囃されているが、現実は人口減少に伴い年金の返上、空き家の増加が、凄い勢いで始まりつつあるのを今回身をもって実感した。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »