« アカサツマノギク | トップページ | 浮島現象 »

2017年11月30日 (木)

がんセンターその5

Shinsatsu28日は手術の説明という事で家内と出掛ける。先ず麻酔医の説明。麻酔によるリスクの色々をあげ、万一の場合の同意書を提出する事に。

次いで担当医の説明。こちらも開けてみて、がんの進行度により対応が変わってくるので、場合によっては家族の同意が必要、との事でこちらも同意書。

最悪は転移が見られる場合、胆嚢は取るかもしれないが、手術は止めると。抗がん剤の治療ですかと問うと、いやそれは行はない方が良い、痛み止めでと言われる。

そうでないことを祈るのみだ。実際現在痛くも痒くもないのだから。家族にこっそり告知したころに比べ、変わったものだ。がんセンターに行くという時点で、隠すことも無くなったのだろう。

医師の説明は詳細を極め、終わって看護婦による説明、受付による説明と続き、さらに入院説明の担当室に入る。

ここで外来の時貰った分厚い説明パンフレットと同様な、入院パンフレットを貰う。手術は12月中旬の予定だ。

今日の2人の交通費だけで4600円掛かった。心配な手術費だが、1割だと4万位と言われる。手術や入院が長引いたりしても変わらないと。本当だろうか。県営の所為かも。

11Fの展望レストランで、駿河湾の彼方に伊豆の山々を眺めながら、天丼とトンカツの昼食とした。

|

« アカサツマノギク | トップページ | 浮島現象 »

健康」カテゴリの記事

コメント

大丈夫ですよ、医学は日進月歩で進んでいますから。
お医者さんを信じましょう。
それに天丼やトンカツ食べられるなら心配ない! (^.^)v
笑って戻られることを願っています。

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2017年12月 1日 (金) 08:06

有難う御座います。
最高の所でやるので任せるしかありません。

投稿: せいざん | 2017年12月 1日 (金) 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカサツマノギク | トップページ | 浮島現象 »