« 暴言王相次いで皇居へ | トップページ | 医院の梯子 »

2017年11月10日 (金)

内科と整形外科

Shinsatsu心房細動等で最近開業した医院に通っていた.。折角見付けた良い内科医なのだが、経営者の都合で閉じる事となり、近くの内科医に紹介状を書いてくれた。

その医院も前後して開院したのだが、繁盛しているらしく、家内がとても待たされるというので敬遠、こちらになった次第。今度、胃カメラを持っているとのことで紹介され、行ってみたらとても感じ良い先生で、結果的には良かった。

ところで今の医院に整形医もおり、足腰が痛いので診て貰ったら、変形性膝関節症とかで、1ヶ月1回の注射となった。今回医院閉鎖で宙に浮いてしまい困った。

3年前、足腰痛く整形に通い、3ヶ月位通って牽引と言うのをやり治した。しかし交通費が1日860円掛かり治るまで17000円余となる。そこでバス会社の老人パスを利用により半額で済んだ。

今回もその予定だが、市の補助も出るらしい。なるべく毎日が良いと先生に言われ6日より始める。こちらの診断は脊椎管狭窄症だ。ここの看護婦2人は帽子だったが、今は人も変わり帽子無しとなっていた。先生は相変わらず元気そうだ。

7日、帰りがけ出口で何かに引っ掛けたか親指から出血、杖が血だらけになる。血液サラサラの薬の所為か止まらない。近くのスーパーに入ったが買い物どころでなく、棚整理中の店員に絆創膏を取りに行って貰い助かり感謝だ。

|

« 暴言王相次いで皇居へ | トップページ | 医院の梯子 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴言王相次いで皇居へ | トップページ | 医院の梯子 »