« カタカナ語 | トップページ | コクチナシ »

2017年6月27日 (火)

タブノキ

いずれも写真をクリックすると拡大

170627tabunoki1

椨木。我が家に自生して年々大きくなる樹があるが、名前が判らなかった。新葉が赤いのが特徴で、里山を歩こうさんに問い合わせたら、読者の回答の一つに、タブノキではないかという事に。早速図鑑を見たら、やはり出だしの葉は赤かった。

170627tabunoki2

ところで、近くの伊東線の踏切近くにある大木、実が生っており、図鑑で正しくタブノキであった。海岸地方に多い樹だそうだ。沖縄から青森まで分布し、常緑広葉樹としては最も北迄ある一つと。

伊豆付近では海岸沿いに限られ、これは海と言う冷める事の無い熱源の影響と考えられるとある。確かに東京と比べると、暑い時は2~3°低く、寒い時は高いようだ。

|

« カタカナ語 | トップページ | コクチナシ »

植物17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタカナ語 | トップページ | コクチナシ »