« クンシラン | トップページ | ハコネウツギ »

2017年5月28日 (日)

坐骨神経痛

Shinsatsu歩いていると足腰がだるく、痛くなり、途中で休み休みとなり、それが段々酷くなって来た。そこで整形外科へ。去年行った時は、レントゲン異常なしで歩くこと。今は寒いのでこれをと勧められた足腰を鍛える体操のパンフレットを頂く。

1年続けたが最近上記のような様となって来た。それでまた整形に行くと、レントゲンを。結果は前とあまり変わらないと。そこで精密検査をしてみようと、伊東市民病院に紹介状を頂きMRI検査をした。

検査技師は工事現場みたいな音がします、聞こえないので異常があればこのボタンをと渡される。20分位掛ったろうか。その間工事中みたいなダダダダは勿論、ピーピー、ブワブワ、ゴーゴー等色んな音が各々2~3分ずつ発せられ、何もなければゆっくり寝ていてと言われたが、それどころでない。全く騒々しく驚いた。

作製されたCDを整形の先生に持参すると、脊椎管狭窄が4か所ほどつながってあり、それが原因かもと。レントゲンでは発見できないのだろうか。大病院での精密診断を勧められる。大分前熱海の国際医療福祉大病院で腱鞘炎の手術をして貰ったので、そこへの紹介状を書いて貰う。

伊東駅、しばらく電車に乗らないので自販機はスイカのみとなり、窓口販売となっていた。熱海駅に降り立つと最近すっかり立派になった駅ビルと広場、観光客も増えて来たそうだ。20分おきに出る病院のマイクロバスに乗る。

入院かも知れないと思ったが、この病院は海一望の良いロケーションだ。ところで3室ある整形の診察室だが、呼び込みは前の時と同じで、先生のマイクが、中2室早口で判り辛い。補聴器は着けていったのだが。伊東市民病院の方が、最新なので番号電光式で良い。

約3時間待たされやっと入ると、長らくお待たせしましたと。再診優先か。市民などでも脚や指の曲折を調べるが、ここでも大分入念だった。結果手術は痛みが残る場合もあり勧めないような感じだ。薬の治療もあまり良い結果の無い割に副作用も出ると。海の見える構内食堂のラーメンは旨かった。

脊椎管狭窄を含めた、酒井先生著の「坐骨神経痛は99%完治する」を取り寄せ、自己治療しかないと始めた。テニスボールを2個テープで繋ぎ、固い床の上で尾骨の少し上に当て3分。これは効きそう。あと腕を大げさに振っての歩きを10分。結果は大分良い様だが治るまで行くかどうか。年だし、身体の不調との騙し騙し付き合いの毎日だ。

|

« クンシラン | トップページ | ハコネウツギ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クンシラン | トップページ | ハコネウツギ »