« カランコエ | トップページ | 瑞風 »

2017年2月21日 (火)

教育勅語

Showa_tennoh学校法人森友学園が、大阪で塚本幼稚園をやっているそうだが、ここでは呆れたことに、園児に「教育勅語」を暗唱させているそうだ。近頃方々で右傾化が見られるが、これは驚くべきことで、こんなことは北朝鮮式のやり方と結局同じだ。

私の小学校時は戦争中とて、毎月8日は「大詔奉戴日」となり、全生徒は講堂に集まり、御真影拝礼に始まり、校長が恭しく紫の袱紗を開いて取り出した「教育勅語」を読み始める。その間頭を下げているので苦しく終わるとホッとするが、又「青少年に賜りたる勅語」が始まり頭を下げる。

こちらは校長も気分を変えようとしてか、明るい調子で読みだすが、内容など皆目判らず、早く終わってくれだった。「軍人勅諭」も配られた。そうこうするうち敗戦だ。

籠池森友学園長は次に「瑞穂の國記念小學院」という旧字体の小学校を作るべく動いており、例の右翼集団「日本会議」に属しているらしい。「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」云々の文書を幼稚園の保護者に配り問題になっている。

私達も大連に居た頃、中国人の子供に「チャンコロ」と言いながらからかった覚えがある。石原元都知事などは未だに中国を「シナ」と言っている。歴史的に正しいとか言われるが、戦時中は蔑称であり、私等は「シナソバ」呼称の店迄厭な感じに見えて来るのだが。

|

« カランコエ | トップページ | 瑞風 »

ニュース」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カランコエ | トップページ | 瑞風 »