« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

権現山

権現山は全国に沢山あるが私が登ったのは2座。

いずれも写真をクリックすると拡大

170131gongen1

甲東(ゴウド)権現山。1311.9m。中央線は鳥沢駅より扇山経由で登った。左が百蔵山、右は扇山。その間のが権現山だ。右寄りに一寸尖ったのが山頂、祠がある。1977.11.23登。写真は前道志、神楽山より。

170131gongen2

世附(ヨズク)権現山。1018.8m。丹沢、小田急線は新松田駅より。左の茶色がミツバ岳、右権現山。奥は丹沢主稜。山頂祠は無かったようだ。ミツバ岳に掛けてミツマタが多い。1982.01.15登。写真は不老山より。

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

丹沢湖

いずれも写真をクリックすると拡大

170128buttuetaira_2

丹沢、1978.01.15ブッツエ平876.4mから見た工事中の丹沢湖。左は不老山、右は世附(ヨズク)権現山。

170128buttuetaira2

1980.01.15不老山928mから丹沢湖西端と左に世附権現山1018.8m。奥は丹沢主稜。

37~39年前、山を始めて間もない40代の頃の写真だ。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

篠田節子

BookSF、幻想の混じるジャンル分け不能と言われる作家、篠田節子の作品「絹の変容」始め40冊近く読んだ。

ここの所10冊程新刊が出たが、「銀婚式」「ミストレス」「ブラックボックス」の3冊がやっと文庫化されたので入手した。

「ミストレス」は幻想5短編。”ミストレス”と”紅い蕎麦の実”が良い。「銀婚式」は良く纏められ★5だ。やはりこの作家、長編が面白い。

未読の「ブラックボックス」食の汚染を追及したものらしいが、文庫で600ページの大作だ。

「長女たち」「となりのセレブたち」「インドクリスタル」「冬の光」「竜の流木」の文庫化が待たれる。

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

尿路感染症

Shinsatsu9日、風呂に入り夕食後、急に熱が出て来てそのまま床に入る。家内がテレビを見てなどと言っているが返事どころでない。体中がカッカと燃えている感じだが、寒気とか震えなどは無い。体温を測るべきなのだろうが、それすら億劫だ。

翌10日朝、目が覚めると熱は下がっていた。腹が少し痛く、5分おきくらいの頻尿だ。それで医者にも行けず、ひたすら寝る。夜風呂で指が真っ白になった。

11日は腹痛和らぐが頻尿は続く。夜腹が又重苦しくなりあまり寝られなかったが、12日朝には大分楽になり、頻尿も良くなり、消化器内科に。

尿と採血。尿は大分いつもより濃く、細菌感染の疑いありと、薬を処方される。翌13日血液検査の結果は、CRP/LAの値が基準値0、30以下の所、18.56と物凄く上がっていると。細菌を殺す薬を追加処方される。

それから体の方はすっかり良くなり、念のため1週間後の19日、採血、翌日の結果は、CRP/LAは1.40とまだ基準値外だが、このまま下がっていくでしょうとの事。

病名は尿路感染症。仕事していた時は殆ど病気らしいのは無かったのだが、ここへ来て経験した事の無い症状が出て、歳かなという今日この頃だ。

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

退位

Raccoon_dog天皇陛下は国会での開会宣言や、判子を押したり、外国大公使の挨拶を受けたり、色々な行事にお出ましと、結構お忙しい御日常の様だ。

各種宮中祭事には、夜中で冬季暖房も無い中、長時間正座して行われるという。今度の改革で簡略化出来ないものだろうか。学識、有識の面々の言うのを聞いていると無理なようだが。学習院時代の同期の方が、我々の中で御仕事をされているのは陛下だけとの事だった。

陛下は皇居内のタヌキのフンを5年間にわたり毎週末自ら採集、食物調査の結果を国立博物館の研究報告にそれが掲載された。(日本自然保護協会報2/3月号)この様な息抜きの仕事もされている様だが。

退位問題、特別法で済まそうの意見が醸成されつつあるようだが、野党や国民は典範改正ではなかったか。退位を認めない勢力があるらしく、揉め事を恐れての考えらしいが、大体上皇と天皇が対立などいつの時代の話か。

元号だが、この際西暦を役所で採用すべきと思う。王制の無くなった中国ではいち早く西暦を採用した。行政が連続性のない元号は不便だ。他では既に西暦(元号)表示が大勢なのに。 参照

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

ベロペロネ

170117beloperone_2
写真をクリックすると拡大

和名は小海老草だが、木本らしい。常緑低木。伊東ではある民家で何時も咲いており、欲しくなり、やっと入手した。未だこんなだが沢山咲くし、冬でもこの通り周年開花だ。

やっと寒くなったが、晴れて日中はぽかぽか陽気。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

チョンゲン号

As20170112001364_comml_3

7管→朝日

11日、北朝鮮船籍の貨物船チョンゲン号6558tが、長崎沖で沈没。船員26人は巡視船に救助され、12日には付近航行中の北朝鮮のタンカーに引き渡された。船は米5720tを積載、西のナンボから東のウォンサンへと航行中だった。

船員が無事だったと言え6558tの船と5720tの米を失い北朝鮮は痛かろう。これだけ敏速な日本の対応に、拉致被害者を帰す気のない北朝鮮、何の対応もしないかのような無能な政治家が憎い。

一方16~17年に福井や青森の海岸に小型船が漂着(11隻、25遺体とも)返還されたのもあるらしいが、遭難か脱北か分からない。おそらく両方だろう。これもまた事実。

北朝鮮の写真展なるものをテレビでやっていたが、従来のピョンヤン一辺倒でなく地方都市の実情も多く、生活は向上しているかのようだ。コッチェビ(浮浪児)も見かけず、収容所に居るらしい。撮影者は例の料理人と同じで、その後の取材を意識してか、あまり悪い事を言わず信用ならない。

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

大洋村

Housing_5大洋村と言うと、茨木は鹿島灘に面し明るく格安な別荘地として、一時東京などから別荘、移住で人気があった。

しかし買主が死亡したりして廃墟となるものが多く、たなぼたさんのブログでも11年夫婦が死亡後廃墟となった竜宮城なるものを探訪している。

過日テレビで現状を探ったが色々だ。安いので引越してこじんまりと綺麗に住んで居る方もおれば、廃墟となって治安上の問題も生じている。

中で注目されたのは、60万位で手に入るので、少ない年金生活者が居ることだ。東京等では高いし、大体老人はすぐ死ぬので後貸しずらく、断られるそうだ。

ここなら年金でもという事だ。雨漏りを何とか直し、畳はブカブカのまま。先の人達と大違いだ。海に近いので塩害があり維持は大変だろう。

| | コメント (2)

2017年1月 7日 (土)

老人の定義

Cappa日本老年学会なるものが、老人の定義を変えると発表した。今迄65歳以上を高齢者としていたのを、75歳以上に引き上げた。

そして65~75歳を前期高齢者と言っていたのを准高齢者。75歳~を後期高齢者と言っていたのを高齢者とし、90歳~は超高齢者とすると。新しい名称は准看護婦や超人を思わせ相変わらずだ。

評判の悪い後期の呼称が無くなって晴れて高齢者となれた訳だが、年金や医療費の削減と関係ありそう。最近の老人は元気なので75歳迄はもっと働けという事だろう。

昔に比べ老化が遅く、簡単な仕事、ボランティア等する人は増えているようだ。この定義変更で現在の高齢者3400万人は半減するそうだ。

ところで私も83歳(陛下より2か月早い)。平均寿命を過ぎ体もすっかりガタが来た。足腰が衰え色々運動するがはかばかしくない。

運転免許証は12年前に返却したが、長年加入だけで何もしなかった日本自然保護協会もここに来て脱退した。カッパ捕獲許可証も期限が切れたが遠野市迄行けず、捕獲も下手するとこちらが捕獲されそうなので已む無く更新を諦めた。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

ジュズダマ

170104jyuzudama

写真をクリックすると拡大

数珠玉。穏やかで暖かい日が続く。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

大島

170101oosima

写真をクリックすると拡大

伊東、城ケ崎海岸より大島。16.01.27撮影。

東京新聞、新年号、読者欄は私の未来。或る方が、私は82歳、病身で高齢の自分が、未来とは笑止千万かもしれないが、辞書によると「未来とは過去、現在と時の流れを三区分した一つで、まだ来ていない部分」とあり、語る資格は十分あるかと。

残念ながら、10年、20年後の未来展望とはいかないが、一日一日を大切にと言われている。私達夫婦も体に色々不安を抱えて生きているが、今のところ大した事も無く生活出来ており、感謝せねばなるまい。

長年ブログを見ていると、高齢の方で毎日更新していたのが、突然予告なく中断するケースが今まで3件あった。身寄りの方でもコメントしていただくと良いのだが。宙に浮いたかのブログが侘しい。私の場合家内より先ならそういう事考えておこうと思った。

人の死に方は様々で、読者欄にはある方の90歳で逝った義父が「俺は幸せだった」といって息を引き取ったとある。今読了した伊藤礼の「伊藤整氏奮闘の生涯」によると、整は最期まで癌の苦しみの中、書く執念を燃やしていたそうだ。

纏まりの無い感想になりました。今年も細々続ける所存ですので、拙いブログ時々お覗き下さい。

| | コメント (2)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »