« おりおん | トップページ | 五色ドクダミ »

2016年6月16日 (木)

出来湯

Onsen川端康成の有名な「伊豆の踊子」を始め、伊豆関係の短編や紀行等を収めた「伊豆の旅」の中に、伊豆温泉記がある。川端の入った伊豆各地の温泉記だが、その中に伊東の出来湯というのがある。

ーー「この子供の温泉ごっこの小鳥の湯のように、いかにも自然に出来た感じの湯は、伊東の松原区の出来湯だ。寛永年間の発見という。湯船の底が道路と水平---つまり少しも掘り下げていないのが、よそに見られないこの湯の珍しさだ。

広々とした葦や茅の茂みの中に自然と湯が湧き出ていた。それを長さ2間ばかりの石材で桝形に囲んで湯船とした。こうして出来たのだという。だから桝湯の通り名がある。底の砂利一面から、ぷつりぷつりと泡立って湧いている。湯の中に青みどろのようなものが生えていた。」ーー

場所は伊東駅から下田に向かい直ぐで、江戸時代初期の、寛永大地震で湧出するようになったことから、出来湯と呼ばれ、牛馬を洗ったことから馬の湯とも呼ばれ、出来湯権現がまつられるようになった。

御神木として馬具などに使われるエノキが選ばれ、幹回り2.5m、樹高15m。とまでなったが、2011年台風などでやられ主幹上部が伐られた。(伊東と熱海の名木物語より)。

出来湯は湯煙が上がり、川のように流れたのでこの辺今も湯川というが、川端が記したころ(1929年)はまだ見事だったらしいこの地も、1923年関東大震災が起こって、地盤沈下1940年ころは温度も湧出量も減少の一途となり、現在は権現社を残すのみとなった。

いずれも写真をクリックすると拡大

160616dekiyu1

160616dekiyu2

現地は周辺の家やスーパーに挟まれた狭小の地で、エノキの大木も無くなって、小室桜の幼木が2本植え込まれていた。デパート並の便利だった隣のスーパーも、耐震費用が工面出来ず撤退、他社のスーパーが1階のみで営業、こんな地方都市でも改廃が激しいようだ。

|

« おりおん | トップページ | 五色ドクダミ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

散歩・小旅行」カテゴリの記事

植物16」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おりおん | トップページ | 五色ドクダミ »