« 錦光星 | トップページ | 自動運転 »

2016年3月 8日 (火)

認知徘徊

Shinsatsu認知症で徘徊し、JRに撥ねられ死亡した男性の家族が720万円の賠償を請求されたが、最高裁では払わなくてよいとの判決が出た。ただしケースバイケースらしい。

今回の場合、監督責任は相当充分果たされていたと見ての事であろうが、最近、高齢夫婦で認知症の妻を殺した夫が死にきれず、警察で断食、医者が点滴を打ったが数日で死亡したという事があった。

私は若い時に大病で手術後、約1ヶ月点滴のみで生きていた事があったが、高齢では持たないのだろう。痛ましい話だ。

私達高齢夫婦は、何時この様な立場に立つか判らず、出来得る事なら平穏な終末を願うばかりの昨今だ。

|

« 錦光星 | トップページ | 自動運転 »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錦光星 | トップページ | 自動運転 »