« マテバシイ | トップページ | ハイビスカス »

2015年10月30日 (金)

上賀茂神社の遷宮

Toriiテレビの「花嫁のれん」ですっかりファンになった羽田美智子が京都を案内する番組を見た。京都好きで詳しいらしく本も2冊出し、内1冊を持っている。現代的でありながらおしとやかな落ち着いた人柄が、こういったのに適役である。

中でも上賀茂神社が詳しく紹介されたが、ここも伊勢神宮と同じ20年1度の式年遷宮が行われており、新しくなった社の立派なことに驚かされた。

宮大工の伝統技術が失われないように、遷宮は大切な役割を果たしているとか。檜皮葺に使用する杉は80年以上が必要で、背後にある広大な土地で植林がなされていた。

ところで私達1家は戦後大連から舞鶴に引き揚げて来たが、1年ばかり京都の親戚に世話になっていた。当時父はシベリアに、兄は学徒入営後いずれか?に。そして母は京都府庁、姉は進駐軍の食堂、私は鉄工所の雑役と、3人で何とかの生活であった。

親戚の家は賀茂川が賀茂大橋で別れる支流の高野川べりで、大文字山も見た記憶があるが、そんな生活に追われ?近くにあった下鴨神社や、少し離れた上賀茂神社には行ったことが無かった。

京都で唯一行ったのは京都御所だ。1年に1度しか公開されないとかで皆で出掛けたが、だだっ広い何もない殺風景な部屋が続くのを、庭から眺めただけという印象だ。

1年後には連絡のついた兄に呼ばれ小田原に、そこに父もシベリアから辿り着き、東京へとなる。そんな訳であの名所旧跡の多い京都、未だに再見を果たしていない次第だ。

|

« マテバシイ | トップページ | ハイビスカス »

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マテバシイ | トップページ | ハイビスカス »