« 樹 | トップページ | フユサンゴ »

2013年12月14日 (土)

弾丸登山

Bomb今年世界文化遺産に登録された富士山で、問題になっている弾丸登山。流行語候補にもなったらしいが、山小屋に泊まらず、徹夜で頂上へすっ飛んで登るのを言うらしい。

要するに行程に余裕がないと、特に山歩き等では事故につながり易い。しばしば死傷者が出て救助騒ぎを引き起こしている。天候が悪いのに無理に出発して、9名の死者を出した、09年の北海道トムラウシ等、1日予備日を設けていれば防げたかもしれない。

単独と集団で単独は危ないと、事ある毎に言われるが、集団行動が安全かというと、リーダー任せだったり、咄嗟の予定変更がやり辛い。単独だと中止、変更は即決定できる。全て自分一人の判断だから真剣そのものの登山となる。

ところで私の場合だが、79年、94年と二度の富士登山。言う所の弾丸登山で、会社を引けてその足で向かい、途中殆ど休憩せず夜を徹して登り、頂上での御来光となっている。

無事だったが、いずれも軽い高山病で5合目に下るまで頭が痛かったのと、94年の頂上小屋泊では、食後気分が悪くなったことがあった。各46歳、61歳と元気な頃の話で、今はあんなことは無理だろう。

他の山では平気だが、南アルプス鳳凰三山では、同伴の家内が高山病になり、夜叉神峠から小屋まででへばり、翌日登頂を諦め、青木鉱泉へ下山した。弾丸登山はそれなりのリスク(特に高山病の)には注意したい。

|

« 樹 | トップページ | フユサンゴ »

山路回想」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/58747525

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸登山:

« 樹 | トップページ | フユサンゴ »