« シクラメン・コウム | トップページ | クリスマスローズ »

2013年2月28日 (木)

地震

Chimpanzee27日、TBSテレビで「池上彰と考える巨大地震」を見る。例によって素晴らしい解説だったが4時間には参る。眠ってしまった所もあったが、印象に残った点などメモしてみる。

伊豆半島は昔フイリッピンに在り、日本に引っ着いたそうで、伊豆に住む私としては、フイリッピンに地代を払わなければと常々思っているのだが、ハワイも日本に近付いて来るそうだ。旅費節約のため少し待つとよいかも。

鯰が地震の予知になると昔から言われているのだが、学者は一笑に付している。だがそうだろうか。以前、伊東の大室山焼きを見に行った時の事。一山離れた向かいの山に在る「シャボテン公園」で見ることとした。下から焼け登る火や煙が我々の眼に入る数分前、公園の鳥やチンパンジーが騒ぎ出し、人間に失われた感覚が、他の動物にあることを実感した。

地盤と建物の話は、テレビならではの図や実験でとても参考になった。中で東京の古地図などを今の地図に重ね合わせると、その変化の様子から住んでいる所がよく分る。その例として目黒区の蛇崩川があり、今は殆ど暗渠となっていることが示された。

私も東京に居る時、ここを通りその変わった地名に印象が深かったが、いつか忘れ去っていて番組で思い出し調べたら、蛇行し、しばしば崖崩れなどがあったらしいが、今は暗渠上は殆ど緑道とか。町村制で作られたこの地名、区制になって交差点名にだけ残っているらしい。

建物の耐震問題では、我家では重い屋根瓦、鉄筋の無い基礎等が問題だが、南と東の擁壁には数年前からキズタが絡み今では太いのが縦横に張り付いている。補強になり相当の力を発揮するとか何かで見た覚えがある。

いざという時、慌てそうな消火器に比べ、液体の入った容器を投げるだけで消せるお奨め品が出たらしい。常時携帯できる折り畳みのヘルメット、止血パッド、携帯トイレ等も備えると良いと思った。我家でもLEDライト、笛等はキーに付け、水、非常食、アルミのレスキューシート、車に使ったジャッキ等を備えている。

最後に阪神大震災の教訓に学び、一体となって防災グッズを備えたり、皆で役割分担しているマンションが紹介され、人々の普段からの繋がりが大切なことを痛感させられた。

|

« シクラメン・コウム | トップページ | クリスマスローズ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/56857477

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« シクラメン・コウム | トップページ | クリスマスローズ »