« 朝陽 | トップページ | 富士山の世界遺産は尚早 »

2013年1月15日 (火)

オリンピック招致狂争曲

Medal_goldオリンピックの招致運動で連日、猪瀬都知事が選手を引き連れての大騒ぎだ。震災復興に役立つとかだが、本当にそうだろうか。それより大阪で高校生がビンタを沢山喰らい自殺したのは、スポーツ関係者の過度の入れ込みが招いた悲しい事件であり、オリンピックを目指すスポーツ界の過熱振りと無関係であるまい。

猪瀬知事は石原の後を継いで、より一層招致運動に力を入れているようだが、石原以来これまでどれだけ巨額の金を掛ければ済むのだろうか。都民はよく文句を言わないもんだと感心している。

僅かな期間の開催のため、そして開会式、閉会式の馬鹿騒ぎ。アナウンサーの中継での絶叫。自国の選手に夢中は解らないでもないが、他はろくに報道しない等々。私はオリンピックは初心に戻り簡素化すべし。入賞は1位だけにすべしと思っている。

オリンピックは過去に開催していない国にやってもらえばいいので、選手も一緒になって招致運動等しないで貰いたい。都民のいや国民の関心が今一と言うのに無理やり動いて、落選した時はどうするのか。

それから他の招致運動都市では、既に受動喫煙防止法が施行されているそうだが、石原前知事は考えないといけないと言いながら何もしなかったとか。猪瀬知事は喫煙者だそうだが、こんな所から改めていって貰いたいものだ。

ところで旧軍隊のそれを思わせる高校の暴行事件だが、私も小学校(当時の国民学校)でやられたことがある。ひとりの子のために級全部が張り倒されたのだ。体ごとすっ飛んだ。皇国の訓導という教師からだった。

|

« 朝陽 | トップページ | 富士山の世界遺産は尚早 »

ニュース」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/56528954

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック招致狂争曲:

« 朝陽 | トップページ | 富士山の世界遺産は尚早 »