« カスペルスキー | トップページ | 富士日記 »

2012年7月23日 (月)

漁船

120723gyosen

写真をクリックすると拡大

朝、薄曇の伊東、宇佐美沖での漁船。

この後晴れて来たが、戻り梅雨とかで、はっきりしない空模様が続くようで、17日述べたように梅雨明け宣言した気象庁だが、未だといっていた予報士のほうが現実的だった。ミンミン初鳴。

福島原発の作業員に持たせる線量計に、鉛をかぶせて低く見せようとした工作が発覚。こういう時真っ先に抗議すべきなのは労働者を守るはずの連合だが、知らん面だ。社会党と同じ道を辿るかも。

放射能で死んだ人は一人もいない。の言葉が推進派から発せられているが、放射能が強くて未だ彷徨ったり、自殺した人々をどう思うのか。浴びた子供や妊婦の、分らないが心配な将来の問題もある。危険を冒して運用される、原発の何処が安全なのか分らない。

|

« カスペルスキー | トップページ | 富士日記 »

感想あれこれ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/55260261

この記事へのトラックバック一覧です: 漁船:

« カスペルスキー | トップページ | 富士日記 »