« 「かいよう」と「よこすか」 | トップページ | テターテート »

2012年3月30日 (金)

海や空のゴミ

Earth_2color東日本大震災で外洋へと流出した膨大なゴミは、海流によってアメリカへと向かっているらしいが、その中でも大きな漁船が早くもアメリカ西岸に漂着したらしい。所有者は廃船処分にしたので知らんといっているらしいが、大きな処理費用が掛かるのを恐れての事と思われる。

これらのゴミは自然災害によるものであり、仕方が無いことと思われるが、海のゴミでは近海底に溜まってゆくものが大問題になっている。瀬戸内海に限っても現在13000tと推定されており、汚染や魚網を切ったりと被害が出ている。

漁師が網に掛かったゴミを処分しようとすると、不燃大ゴミとして費用の自己負担が掛かり、やむなく戻す人もいるらしい。これら海ゴミの大半は、陸上で捨てられたものが、雨で河川を経て流入したものという。

宇宙でも、今までの衛星や宇宙ステーションの、各国による打ち上げの際出された破片は、10cm以上の確認されただけで15000個となった。これより小さいものはもっと多いと見られているが、衝突すれば穴が開き大変なことになる。

実際宇宙ステーションへの衝突は過去4回発生、回避のための軌道変更13回に及ぶという。こんなことは最初から予想されたことだろうのに、問題になってから対策に頭を悩ませているわけで、最終処分場も無いまま、何とかなるだろうと作られ続ける核燃料廃棄物も同様だ。

宇宙ゴミは色々対策が考えられているようだが、津波のような不可抗力の天災と違い、我々が何の気なしに出しているポイ捨てゴミが原因で、海が汚されている。不法投棄の処罰強化しかないのだろうか。

|

« 「かいよう」と「よこすか」 | トップページ | テターテート »

ニュース」カテゴリの記事

感想あれこれ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/54343562

この記事へのトラックバック一覧です: 海や空のゴミ:

« 「かいよう」と「よこすか」 | トップページ | テターテート »