« ヤツデ | トップページ | アロエ »

2011年12月26日 (月)

家政婦のミタ

Housing日本テレビのドラマ「家政婦のミタ」が、最終で視聴率40%とは近頃では驚きの数字らしい。私はテレビは大体9時迄で、それ以後は余程でないと見ない。10時なので起きているのが大変だったが、市原悦子の「家政婦は見た!」とどう違うか関心があったのだか記憶に無いが、面白くて全部ミタ。

家族を事故で亡くし、異常な精神状態になった家政婦の三田灯が、これも母親に入水自死され家庭崩壊状態になった阿須田家で、ロボットのような無表情ながら、家事を完璧にこなして皆に慕われ、家族が絆を取り戻し、三田も回復の兆を見せたところで終わる。

隣家で灯油を撒いて火をつけようとして、警察ではお咎め無しとか、一寸首を傾げる場面も少しあったが、三田を演じる松嶋菜々子が好かった。無表情ながら冷たくは無い感じ。そして最後は穏やかな微笑を取り戻す、素晴らしい顔の演技だった。

共演者も皆好演だったが、特に結役の忽那汐里と、希衣役の本田望結が可愛く、最後三田が希衣を抱くシーンはとても好かった。低予算ということだし10時台のドラマでこれだけの成功、億の金を使った他のドラマや、ゴールデン帯に多い下劣番組と対比したい。

子供に人気で、何かやって貰おうとすると「それは業務命令でしょうか」とか「承知しました」と三田の得意なせりふで答えるというから笑ってしまう。

ところで終わった翌々日、松嶋菜々子主演の「ゴースト もういちど抱きしめたい」が同局で放送されこれも見た。韓国のソン・スンホンと一緒になるが殺され、スンホンも亡き者にされようとするのを、霊でありながら守るドラマで「ゴースト ニューヨークの幻」のアジア版だそうで、すっかり松嶋のファンとなった。2児の母となり、一寸遠ざかった感じだったらしいが、復活なるかだそうだ。

|

« ヤツデ | トップページ | アロエ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

コメント

視聴率40%って、今世紀の連続ドラマでは最高だそうですね。
このビデオ時代にすごい。
でも、ミタさんも「承知できない」のが、夫である反町隆史の現在なのでは。
最近ほとんど見ないですものね。
こうなると、夫としては辛そう。
え 同情するなら金をくれ?

投稿: ピーちゃんの身元引受人 | 2011年12月26日 (月) 08:58

反町さんが家政婦状態とか言われていますね。浮き沈み激しい芸能界、当たれば金も稼ぐけど並大抵でないようです。

投稿: せいざん | 2011年12月26日 (月) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/53566034

この記事へのトラックバック一覧です: 家政婦のミタ:

« ヤツデ | トップページ | アロエ »