« 弥勒 | トップページ | カラスウリ »

2011年8月23日 (火)

新エネルギー

Taimatsuやっと涼しくなったが、猛暑日でも東電管内の使用率は90%前後だ。今にも停電するかのような状態は何だったのだろうか。企業や家庭の節電努力もあるが、夏のピーク時の需要予測なるものが、そもそも過大だったらしい。

平均的家庭では、大型エアコンが2.6台、1/3の家庭ではペットのために留守中でもエアコンを使うとの想定など・・・。原発を必要と思わせるための、過大な予測だったようだ。

原発に替る新エネルギーだが、風力は風が無いときは駄目という欠点と、低周波公害や狭い国土での乱立による美観の問題もあるが、風の強い海上に建設で解決できるとも言われる。太陽光も曇りや夜間は発電できないが、これらは蓄電池を使うことで平準化できるそうだ。高いだの耐用年数の問題もあるが、量産で解決できるのでは。

その他に海流発電というのがあり、潮流を利用するこの発電は、海国日本に最も適したものではないか。カナダで実験されているとか。

そして石炭だが、掘り出すのでなく、地下で燃やしてエネルギーとして取り出す実験も、日本で近く行われるそうで、実用化されると石炭は未だ100億トン近くあるので、廃業した炭鉱に希望が生まれる訳だ。オーストラリヤや、南アフリカでは盛んだそうだ。

危険な原発に頼らず、本気でこういった方面に力を入れて貰いたいものだが、政府では新エネルギーは1.1%しかないのでデータの把握もしてないそうだ。発送電独占に胡坐の電力業界と、政官財の有様を突き崩すのは容易ではないだろうし、次の首相候補は7人と乱立だが、脱原発派は皆無とか。嗚呼!

|

« 弥勒 | トップページ | カラスウリ »

ニュース」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新エネルギー:

« 弥勒 | トップページ | カラスウリ »