« ウキツリボク | トップページ | アメジスト・セージ »

2009年10月25日 (日)

速読

Book 読書は好きなので、本は溜まる一方だ。新聞の書評などを見て読みたい本が増えてゆくが、高い本は我慢してなるべく文庫本や新書版を買うようにしている。

ネットで買っているが、最近はアマゾンではなくもっぱらブックオフだ。新本同然で大体半額、物によっては1800→100円などの掘り出し物?もある。アマゾンは古本はカード払いなのがいやで、代引き出来るブックオフが良い。

むろん読みたい本が中古であるとは限らないが、これは無いだろうと思っていた本が、ある時点で入手出来た時は嬉しく、時々のチェックは欠かせない。ところでこうして溜まる一方の本に年齢を考えると、読まずにしまう本が増えるばかりなので焦ってしまう。

そこで昔からある速読術に目が向く訳だが、信用できそうな大学の講座の広告を目に留め、案内書を取り寄せてみたが、30万円位掛かるそうで、仕事ではなく道楽でそんなにお金を掛ける訳には行かず思い止まった。

それが24日、日本テレビの「所さんの目がテン」で速読の弱点というのをやっていたので早速見た。確かに速読は訓練により一行ずつでなく、数区画毎の広い視野で見て行くので、あんなに早いらしいのだが、欠点があることが分かった。

感動的といわれる本を読ませる実験で、被験者3人のうち1人は速読者だが、普通の2人が途中でみるみる涙を流しながらの読み方だったのに、速読者は無表情のままで読み終わった。

これは速読では物事の理解はちゃんと出来ているが、情動的な面の感じが無いせいということで、事務や理科系の文章には良いかもしれないが、小説など感動を求めるようなものには適さないことが分かった。大変だが行きつ戻りつのゆっくりした読書が大切なことを納得した。コーヒーを飲みお菓子をつまみながら。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

|

« ウキツリボク | トップページ | アメジスト・セージ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/46575802

この記事へのトラックバック一覧です: 速読:

« ウキツリボク | トップページ | アメジスト・セージ »