« キランソウ | トップページ | ヒサカキ »

2009年4月 9日 (木)

I1 雀が急激に減少しているそうだ。原因は屋根材がスレートなどの普及で、従来の隙間があり巣を作りやすい、瓦屋根が減って来ているせいではといわれているが、真相はどうなんだろう。

我が家でも毎年巣を作っており、雛が生まれるとうるさいこと。伊東の市街地は海抜4m前後だがここは90m位で、そのせいかどうか雀より目白が多い。

目白の飛び方は弾丸のようで、これに比べると雀はブルンブルンと鈍重でぶきっちょな飛び方に見える。でも朝などチュンチュンというさえずりは誰でも聞いて気分良いのではないか。

子供のころ、やっと飛べるくらいの子供の雀が、迷い込んできた事があった。片足が奇形で、ちょうど空いていたカナリヤの籠の一つに入れたが、止まり木に掴まれず底にうずくまっていた。

野生のものは人間に中々馴れないというが、体が悪いせいか祖母がやるすり身などを喜んで手から食べていたが、数日して冷たくなっていた。病気に侵されていたらしい。

スズメという名前が好きだし、頭が茶でよく見ると中々凝ったデザインだ。それでいて地味な感じのこの鳥は、何時も身近に見られる小鳥として親しんで来たから、少なくなってしまうのは寂しい。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

|

« キランソウ | トップページ | ヒサカキ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/44613955

この記事へのトラックバック一覧です: :

« キランソウ | トップページ | ヒサカキ »