« オニノゲシ | トップページ | ヤシャブシ »

2009年3月17日 (火)

プリンタのその後

Printer 09.02.07にエプソンのプリンタがいかれてLexmarkというプリンタを入れたが、その製品の不具合に呆れて経緯を書いた。その後の経過を報告したい。

電源が勝手に入るとサポートに電話すると、そんな事は聞いたことがありませんがと言い、直ぐ交換しますとのことで1日おいて代わりが届いたが、これも同じで2~3日すると突然ガーツと音がして見ると電源ランプが点いている。

これまた交換したが、3台目も同様で、今使う時以外電源プラグを抜いている始末だ。そして代行会社から電話でサポートの具合は如何でしたかと問い合わせて来たので、サポートは普通だがこれは欠陥商品ですよと言うと、解決されてない訳ですねメーカーに伝えますと言う事だった。もう諦めの心境だ。

他にも色々おかしな点がある。高速、標準、高品質の選択で早くなくても良いので綺麗に出る筈の高品質にしたが、時々字が滲んだり汚れが付いたりする。紙の差込も右側にあるローラーを持ち上げないと紙が落ちないので片手で出来ず、サポートでは沢山入れればよい等と言っていたが、それでは両面印刷が出来ないではないか。

両面印刷にしても余計な矢印の紙が印刷されて来る。その時は要らない紙を差し込むとよいと言うのだが、インク代と手間はどうしてくれるのだ。1ページ以上の場合はページ設定で1-1、2-2等として1枚ずつと言う面倒な事をしている。

幾ら安かろうがこれはひどい。買った人は文句を言わないのだろうか。私みたいに諦めているのだろう。

にほ

んブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

|

« オニノゲシ | トップページ | ヤシャブシ »

感想あれこれ」カテゴリの記事

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202382/44375077

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタのその後:

« オニノゲシ | トップページ | ヤシャブシ »