« ネコヤナギ | トップページ | オキザリス »

2007年2月17日 (土)

(大連の思い出1)祖父の弁当

Umeboshi_rice 私は中国の大連で生まれた。(1933年、旧満州国関東州)引き揚げに至るまでの、5才~14才位の朧げな切れ切れの思い出を、大体の順序で綴ってみよう。

私の5才頃の話。祖父が勤めに出る時、祖母が作った弁当を持って出るのだが、ある日祖母が作ったのは、ご飯とその上に少し小さいお菜の入った2階建て弁当だった。

ハンカチで包んで「汁がこぼれますから傾けないよう持ってくださいよ」と手渡した。謹厳な祖父はハンカチの結び目を持って肘を曲げ、前に突き出すようにして歩いてゆく。その様が何ともおかしい。

それを見付けたのが近所のがき連中の1人で、同じような格好をして声を出さずに笑いながらこっそり付いて行く。たちまち後ろに同様の3人程の列となったか。それを見ている私も笑ってしまった。

|

« ネコヤナギ | トップページ | オキザリス »

大連の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (大連の思い出1)祖父の弁当:

« ネコヤナギ | トップページ | オキザリス »