2017年11月16日 (木)

がんセンターその4

Shinsatsu14日のがんセンターは心臓エコーをやる。これで沢山の検査も一応終という事で、先生の説明を受ける。胆嚢がんの可能性高しという事で、来月手術の予定となった。

その前に家内にも話したいという事で、2人で行く事となった。若い頃誤診で腹膜炎の手術の時、殆ど脈が無く、全身麻酔が掛けられず局部で痛かった。衰弱していたので予後が心配されたためだ。

今回、高齢だし大分足腰弱っているので全麻で大丈夫かと訴えたので、その説明が麻酔医より為される事となった。何れにせよ遣らなければならないので仕方は無い。

十字帯、腹帯、呼吸訓練器など買わされる。8586円。家に帰って訓練器その他で何回やったかチェックするという大変な騒ぎだ。

ただ説明は丁寧で詳しく、親切で遅くまで聞いてくれたので、後は任せるしかない。今日は整形外科で牽引の後、内科に回る。発端の内科が都合で辞め、近くの医師を紹介されたためだ。経過を聞き大変ですねと言ってくれた。医者漬けの毎日だ。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

医院の梯子

Shinsatsu_2今日は医者を午前中3軒?も梯子?した。伊東市民病院で白内障の予後の定期検査。少し内出血だったのが止まっており良好と。次回は来年。

すぐ傍の坂の下にある整形外科だが、約1kmあり、元気な時は兎も角、とても無理、すぐ傍までバスは通るが40分後で、先を考え丁度来たタクシーに乗る。

おばさん運転手で、狭い坂道を下りながら、車の運転や病気の話に切れ目なしで、整形外科に横付け、お大事にと言ってくれた。

ここで牽引を15分、バスで駅まで。近くの歯科へ。伊東に引っ越してずっと掛かっている女の先生だ。丁寧だが時間が掛かるのが難点。最近若い男性の衛生士が入り大分早くなった。

昨日入れ歯の金属部分(クラスプ)が取れた。来週には出来る由。明日はガンセンター。ここは静岡がんセンターと提携している。足腰、がんと色々で弱気だが、肩を叩いて励まされた。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

内科と整形外科

Shinsatsu心房細動等で最近開業した医院に通っていた.。折角見付けた良い内科医なのだが、経営者の都合で閉じる事となり、近くの内科医に紹介状を書いてくれた。

その医院も前後して開院したのだが、繁盛しているらしく、家内がとても待たされるというので敬遠、こちらになった次第。今度、胃カメラを持っているとのことで紹介され、行ってみたらとても感じ良い先生で、結果的には良かった。

ところで今の医院に整形医もおり、足腰が痛いので診て貰ったら、変形性膝関節症とかで、1ヶ月1回の注射となった。今回医院閉鎖で宙に浮いてしまい困った。

3年前、足腰痛く整形に通い、3ヶ月位通って牽引と言うのをやり治した。しかし交通費が1日860円掛かり治るまで17000円余となる。そこでバス会社の老人パスを利用により半額で済んだ。

今回もその予定だが、市の補助も出るらしい。なるべく毎日が良いと先生に言われ6日より始める。こちらの診断は脊椎管狭窄症だ。ここの看護婦2人は帽子だったが、今は人も変わり帽子無しとなっていた。先生は相変わらず元気そうだ。

7日、帰りがけ出口で何かに引っ掛けたか親指から出血、杖が血だらけになる。血液サラサラの薬の所為か止まらない。近くのスーパーに入ったが買い物どころでなく、棚整理中の店員に絆創膏を取りに行って貰い助かり感謝だ。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

暴言王相次いで皇居へ

Que14166939134_2

10月、ドゥテルテフィリッピン大統領が皇居を訪れた。以前、三笠宮様薨去にぶつかり果たせなかったものだ。

簡素な小さな宮殿に驚き、控えめで謙虚な両陛下に感銘を受けたと。

首相主催の晩餐会では、直前の会談が長引き、ここでの部下の作ったスピーチ原稿がこれまた長く、お腹が空きましたので飛ばしますと笑いを誘い、周りへの配慮を見せたと。

簡素な宮殿にはトランプ大統領も感心したらしく、陛下の設計ですかと聞いたそうだ。

滅茶苦茶な暴言で問題の二人だが、皇室には別らしい。

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

ソテツ

いずれも写真をクリックすると拡大

171104sotetu1_2

171104sotetu2

蘇鉄。雌木。しおさい公園にて。

足腰が痛く、内科に付属の整形外科医に診て貰ったら、骨粗鬆症と言われ注射を1ヶ月1回やっていた。その内科が都合で辞め、従って整形も無くなる。

月曜日はその内科から別の開業医に紹介状を書いて貰う予定だが、その足で以前行っていた整形外科に行こうと思う。

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

がんセンターその3

Nurse_cyusha9月29日、初診。10月05日、胃カメラ。06日、CT、心電図。20日、PET-CTとやって来て、27日はMRIと腹部エコーをやる。

午後3時からなので昼頃家を出る。テレビでうっすら上部薄化粧だった富士、今日は消えていた。

先ず胸部のレントゲンを撮る。次にMRIだが、伊東市民病院の時は約20分ガーガー、ピーピーと喧しく、眠くなったら寝て下さいと言われたが、それどころでなかった。今度のは息を吸って5秒止めて!、15秒止めて!等の連続が厭になるほど繰り返される。

次のエコー、これも息を止めて!の連続で約20分、しかも終わってもう一人に立ち会わせて同じ?ことをやる。帰って家内に言ったら、最初のは練習だったのではと言われた。

肝胆膵外科の待合室にはもう誰も居ず、先生に呼ばれて診察室へ。画面で疑わしいと言われる影なるものを指されるが、市民病院で割とはっきりしていたのが、ボーッとして素人には判らない。

兎に角来月心臓のエコーを撮り、手術の方向となった。普通に行けば2時間の手術、1週間の入院と。

今日は随分検査したのでさぞやと思ったら、診察を入れて220円と。玄関に出たらバスが来た。

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

サザンカ

171030sazanka

写真をクリックすると拡大

山茶花。隣家の境に自生したのが今年沢山実を付けた。

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

ニチニチソウ

171026nitinitisou

写真をクリックすると拡大

日々草。1年草はポーチュラカ位で注文した事が無いのだが、何かの苗に種が混じっていたものらしい。

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

衆院選結果

Pencil台風、直撃の割に当地は大した事無かった。ただ夜中より昼前に掛け8時間余の停電があった。

選挙結果は大体予想通りで、野党が右往左往の様ではどうにもならない。小池氏も「選別」の一言でこんな結果になったことを後悔している様だ。

「一億総活躍」等と言う安倍首相だが、私等戦時中の「一億火の玉」を思い浮かべる。「国難」というが、これも戦時中蒙古襲来で、「国難此処に来る、弘安四年夏の頃」の歌詞を口ずさんでしまうのも年だろう。

落ち着きのない安倍さんだが、変わって適当な人物見当たらないのも事実だ。外交に於ては飛び回り過ぎの感だが・・・。

私は小選挙区は民進から希望に入った人に、比例は立憲に入れた。小選挙区は立憲が居ないので仕方なかった。
 

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

投票

Pencil衆議院選挙の投票だが、期日前投票が凄いらしく何処も並んでいると。投票日でもそんな事は絶えて無かった。

投票日に用事のある向きに便利な制度だが、ここに来て台風21号が直撃とあっての所為もあろう。

私も、期日前に行こうかと思ったが、市役所、宇佐美の2ヶ所共遠く、迷っている内今日となった。朝出掛けたが、国道に出ると傘が煽られ、バス停でぐっしょり。這う這うの体で引き返す。

市議等では棄権したこともあるが、国政それも衆院とあって残念だ。気分の晴れないまま午後になった。それが3時ごろ風が収まり、雨も小降りとなった。

この機を逃さずと家内と出掛ける。同様の思いの方も多いらしく、何時もより多い気がする。帰りはスーパーに寄り、タクシーを使いスッキリした。

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

キバナタマスダレ

171019kibanatamasudare

写真をクリックすると拡大

黄花玉簾。良く降る。こういうのを氷雨と言うのか。すっかり寒くなって来た。

18日夜、中国道で軽の女性親子がタイヤに乗り上げ、路肩に避難、そこへやって来たトレーラーもタイヤで横転、親子が死亡した。

私も夜の東名で、東京料金所を出た途端、シートの落下物ありの電光表示板を見たが、シートなら乗り上げてもなどと考えながら走行。

ところがそれは大型トラックの丸まった大きな塊だった。右には車が迫っており、咄嗟に路側帯に逃れ事無きを得た。

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

クサギ

いずれも写真をクリックすると拡大

171016kusagi1

171016kusagi2

臭木。花も良いが実が良い。今年は沢山付けた。連日の雨で閉籠って居る。

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

ノコンギク

171013nokongiku

写真をクリックすると拡大

野紺菊。

東名で追い越し車線に停めさせ、文句をつけた揚げ句、そこへ追突したトラックによる痛ましい事故だが、犯人は以前も同様な事を度々起していたらしい。という事は文句をつけて金をせびり取る、一種の当り屋ではないか。

私も10年余の赤帽運送中、2回ばかり当り屋に遭っているが、その内の一つでは狭い道で徐行の節、コンと言う音が左にしたと思ったら、男が内出血したような手を見せ「どうしてくれる」と凄んで乗り込んで来た。

病院に行き云々と言い出したので、その前に警察をと言うと、急に態度を変え「今日の所は勘弁してやる」と出て行ったので呆気にとられる。何の気なしに言ったことが功を奏した訳だ。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

天城高原

171010amagikougenn

写真をクリックすると拡大 小室山321mから見た矢筈山。

伊東の小室山から南西方向を見ると、天城山の端に当たる遠笠山1197mが平らに見える。その手前が矢筈山816m。通称ゲンコツ山だ。

この山の間が天城高原別荘地になり標高は900m。8日ここの会社保養所に来ていた家族の4歳になる男の子が行方不明となり、警察犬を出しての捜索の末靴を発見。心配されたが夜となる。

幸い翌9日無事保護されてほっとした。急坂で滑り頭の骨を折っていたそうだが、じっとしていたのが良かった。同じような男の子を持つという捜索隊長は、思い出しの感涙だった。

ここは標高が高いので冬は直ぐ雪になる。20年以上前私は赤帽運送をやっていたのだが、ここに組合の保養所があり、夫婦で泊ったことがある。

何かというとガスの中で、家屋全体湿気ており、たまに行くと通風したり大変だった。ゲンコツ山が下に見えていた。

| | コメント (2)

2017年10月 7日 (土)

がんセンターその後

Nurse_cyusha9月29日、静岡がんセンターに行って来た。その後の結果を報告させて。

10月5日、内視鏡(胃カメラ)検査。問題の胆嚢近く迄カメラを近付け探る。ロッカーに鞄、上着、財布、小銭入れ、杖などを入れ寝台に。麻酔の注射10、9、8と数えている中に意識無くなる。

検査技師に呼ばれ目覚めると、別室で休んでいたらしく、ロッカーの物は全て身に着けていた。この間の記憶が全然無いのが不思議だ。

11Fレストランでカツ丼を食べる。帰って少し喉がつっかえる感じで、センターに電話、その内良くなりますと。帰りに呉れた書類を良く見ると、柔らかいものを食べるようにと。カツが特に固かった訳ではないが。ネットで調べると、狭い所をカメラが行くので結構あるらしく1週間位で治ると。

翌6日は注射をやってのCTと、心電図、肺活量等、紹介先の伊東市民病院でやった検査。11Fレストランで海老天オムライスを食べ、正面玄関に出るとバスが来ていた。

20日はPET-CTというのを1:30掛けてやる。医師によると、どっちみち手術らしいが、最善の方法を探るためとか。高価な機械の償却のためと言う向きもある。まあ最高の所なので已むを得まい。

喉痛に加え左肩が2ヶ月前から上げ下げで少し痛む。五十肩か。以前右肩が痛み整形医が不在だったため内科医が担当、直ぐリハビリに回されて酷い目に遭った。又ネットで調べるとほって置いても半年~1年で治ると。今日は庭のつまらない所で躓き、鼻の頭をぶつける等満身創痍だ。諸兄姉も御注意あれ。

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

キンモクセイ

いずれも写真をクリックすると拡大

171004kinmokusei1

171004kinmokusei2

金木犀。あっという間に散ってしまい、いささかピンボケので我慢されたい。

抜き打ち解散、民進解体と騒動は続くが、ここに来て小池の正体見たりで、混乱を極めている。このままだと希望の党に入れたくない。我が伊豆の選挙区では民進が希望に鞍替えし、投票先がない。共産にでもと思っている。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

静岡がんセンター

Kansenbousi01_2
9月29日は県立の静岡がんセンターに行って来た。掛かり付けの内科医と整形外科医で、心房細動と骨粗鬆症と診断され、注射と薬を続けて来たが、足が弱り腰も痛く腰帯を着け、杖を突いて歩いている有様だ。

ところで何の話でだったか忘れたが、内視鏡検査を勧められ、それを備えている町医に紹介状を書いて貰う。結果は異状なしで、今度は伊東市民病院に紹介状となる。

こちらで大腸内視鏡では異常なし、ただ小腸に不明のものがくっ付いているが今の所心配ない模様と。この歳(10月で84歳)だから何か発見されよう。大腸は3回目だが前と同じで痛く、途中鎮痛剤を注射して貰う。

前回胆嚢辺のエコーで小さいポリープが見付かったが、今度少し大きくなり、癌かどうか微妙な所らしいと、がんセンター紹介となった次第だ。

朝未だバスも無い中伊東駅まで歩き、熱海へ出る。東海道線で三島へ、立派なのに驚く。帰って調べると、人口沼津20万、三島10万が隣合い、その上にセンターの在る長泉町4万と続いており、東名、第二東名と流通団地も出来た繁栄か。

バスは約30分で丘の上に建つがんセンターに、マンションかホテルの様。早かったせいかその後続々と混んでくる。殆ど自家用車で来るみたいで、従って付き添いとで2倍の人数となる。中に入ると吹き抜けが在ったりとデパートの様。

初診者はスライドの説明や、看護師による面接があり、ここで色々先生に言えないことも気軽に話せたのは良かった。先生も丁寧で先にフルネームでよろしくと言われて驚き、こちらこそよろしくと頭を下げる。

結局胃カメラを飲み、さらに胆嚢近くまで探ったりして調べ、手術かどうかを決める事となった。市民病院でも肺や心臓を調べ大丈夫と言ってくださったが。決まっても肝胆膵外科は4~8週先と。

終わって10:30。11Fの展望レストランへ、11:00でないと始まらないので、隣のコーヒーショップでパンとした。右に箱根の山々、そして左は愛鷹山、その右肩奥に富士が屹立している大展望だ。上は雲隠れだが。愛鷹も箱根も嘗て富士ぐらいあったそうだが、裾野の状態でそれが良く判る。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

タマスダレ

170927tamasudare

写真をクリックすると拡大

玉簾。近所の民家にて。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

スイフヨウ

いずれも写真をクリックすると拡大

170923suifuyou1

170923suifuyou2

酔芙蓉。萎むと紅色に。∴命名されたらしいが、なんか惜しい気がするのは私だけか。今年は続々と咲くらしい。

北とアメリカの激しい応酬が続いている。何も生まないのは確実だが、さりとて説得出来る相手だろうか。斬首作戦しかないと思われる。

あとはチャウシェスクの時の様に、あっという間に解決。危惧される難民の可能性も無いと思うのは楽観的過ぎるだろうか。

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

フヨウ

いずれも写真をクリックすると拡大

170919fuyou1

170919fuyou2

芙蓉。国道135号線とJR伊東線間のフェンス下に生えている。近所の民家に今咲いているのはスイフヨウ。これは何処からか鳥が種を運んできたものか。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

ヒガンバナ

170916higanbana

写真をクリックすると拡大

彼岸花、曼殊沙華。大量に咲いて、観光化している所もあるが、やはり畦道などに少しづつかたまって咲いているのが良い。寝ている中に開花するのだろうか。何時も突然感で驚かされる。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

ハイビスカス

170913hibiscus

写真をクリックすると拡大

ハイビスカス:ハワイアンイエロー

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

朝鮮人虐殺

Stop_violence_21923年9月1日起こった関東大震災では、多くの朝鮮人がデマに動かされた人々によって虐殺された。中には誤って日本人や中国人も殺されたらしい。

それなのに1日の墨田区での追悼式では、例年行って来た知事からの追悼文が「歴史家が繙くもの」として送られず、墨田区長もこれに倣ったとか。

恐らく犠牲者数に不満があるらしい。慰安婦や、南京虐殺と同じに。しかし公的確認だけでも233人とあり、大量殺人は否定できない。第一そのような混乱と興奮の状況で、冷静な殺傷人数の勘定など 出来るものであろうか。

当時小田原近くに住んで居た作家の尾崎一雄も自警団が朝鮮人を探し回る様を目撃、広範囲に亘ったことが推察される。一方、神奈川、鶴見署の大川署長は、凡そ300名の朝鮮人を迎え入れ守ったとされる。

ビルマではアウンサンスーチーが少数民族ロヒンギャの件で煮え切らず、ノーベル平和賞を返せという騒ぎに迄発展している。小池知事も判断の誤りを認めるべきと思うがどうか。

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

ムクゲ

170907mukuge

写真をクリックすると拡大

木槿:宗旦。夏中長い事咲き続ける。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

四国巡礼記

Book東京新聞で俳人「黛まどかの四国歩き遍路」が連載中で、好評らしいが私も愛読中。似たような著書が沢山出ている。家田荘子「四国88ヶ所つなぎ遍路」月岡祐紀子「平成娘巡礼記」辰野和男「四国遍路」等持っているが未読。

どれも同じような体験談だが、それぞれ面白い。(と言ったら失礼か)。歩き、自転車、バイク、車と、体調、費用、時間等それぞれ理由あってのことだが、矢張り基本は歩きと思う。現在道標、宿等昔に比べ良くなっている様だが、大変な事に変わりはない。

何といっても今の様に観光化していない、大正の頃の高群逸枝「娘巡礼記 (1979年) (朝日選書〈128〉)」だろう。仕事や三角関係から逃れ、熊本から24歳で四国巡礼に出た時の記録だ。地方紙に記事を送る約束で船賃を貰っての出立で、いきなり野宿だった。

今と違いお遍路お断りの風潮の中、行倒れもあった時代だけに、娘一人の道中はどんなに頼りなかったことだろうが、後「火の国の女の日記」等を書く女性運動の草分けだけある。途中大分のお爺さんと同道したりもしながら、何とかやり遂げた感動物の紀行だ。

本人は記事になったものは見ないで終わったらしく、詳細は解説にある。それだけに60年後やっと出版された文章は、本人が見たら手を加えたい所もあったろうが、それが却って生々しさを醸している面もあり、★5だ。

最近亡くなった作家、車谷長吉と詩人高橋順子夫妻の札所巡りも良い。車谷長吉「四国八十八ヶ所感情巡礼」。順子が怪我したりして大変な道中だ。こちらは雉撃ちが矢鱈で★4。

四国88ヶ所を遍路、西国33ヵ所を巡礼と言うのが正しいそうだが、混用されている様だ。スペイン、サンティヤゴにも巡礼道があり、檀ふみ等の本も出ている。最近増えた外人も、そちらから来た野宿のバックパッカー等が多い様だ。

関東では秩父にもあるらしいが、ここ伊豆にもあるとか。私も行ってみたいのだが、脚がもう許してくれそうもない。指を咥えて巡礼記を見て我慢するか、というのが今の心境だ。

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

コフキサルノコシカケ

170901kofukisarunokosikake

写真をクリックすると拡大

粉吹猿の腰掛。近くの林道にあるミカン園入口にて。大樹の分かれた方が枯れたかで、切り口に生えていた。白っぽい下面を粉吹と言うらしい。高価に取引とあるが、そんなのが目立つところにあるのも解せない。

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

中距離弾道弾

Kim_jong_un北から発射された弾道弾で日本中が大騒ぎだ。報道が自国の軍部より速いと韓国は驚いている。たしか地震の時もそのようだった。

今回警報の早かったのは良いとして、頑丈な建物に逃げ込めの一点張りだが、そんな建物は皆鍵が掛かっている筈。津波避難ビルと同様だ。最近高層ビルで安心して窓を開け、屋上からロープで入られるケースがあるとか。難しい問題だ。

その点では、日頃避難訓練を行っている韓国では、入り口は別なのだろうか。その探訪記事が欲しい。戦時中、防空壕に避難したが、直撃で即死、出てたものが助かった例もあり運不運だろう。

長崎で郵便配達中の少年が吹き飛ばされ、背中真っ赤の無残な写真を見る。谷口稜曄(スミテル)さん、88歳で今日亡くなられた。瞑目。

全てで手詰り感があり、私としては韓国軍による速やかな斬首作戦あるのみと思っている。叔父を殺し、その側近がいち早く反旗、今将軍の右に立って拍手しているのを見るにつけ、裸の王様の語が浮かぶ。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

メガソーラー

Icon_044260_32原子力エネルギーに替わる自然エネルギーとして、風車や太陽光発電が持て囃されて来ている訳で、エネルギー利用の点では文句なしだろう。

しかし、その為に自然が破壊されるとなると一寸違ってくる。風車発電が低周波とか景観で問題になっているが、大規模の土地を取得しての太陽光発電所(メガソーラー)も同様反射光による周辺への影響などから、山中に作るケースが増えているらしい。

ここ伊東でも、市街地を殆どカバーするような面積の、大規模山林伐採が行われようとしている。河津町、三筋山では反対運動も空しく、11基の風車が作られて、景観台無しとなった。

国も自治体も後手後手だ。それどころか国が2012年、電力会社が一定価格で買い取る制度を設けて、出力1千KW以上のメガソーラーの認定は80余件だったのが、今年は1万件余となったと!

私は墓々と騒いでいる頃、日本人の大部分はそう古くない時代、殆ど墓無しだったのに、これでは狭い国土が墓で埋まり、住む所も無くなると思っていたが、今世の中は墓仕舞いとかで、減る一方とか。

替わってこのままでは日本中の山林がソーラーパネルで埋め尽くされ、景観、水害など公害となるのは明白で、後追い行政では大変な事になると憂えている。参照 伊東メガソーラー建設の中止を求める会

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

テッポウユリ

170825teppouyuri

写真をクリックすると拡大

鉄砲百合。

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

クサギ

いずれも写真をクリックすると拡大

170822kusagi1_2

170822kusagi2

臭木。隣との境にあり、何年か前伐られたが、根からこちらの領域に逃げ出し、今年は盛大に咲いた。

20日、新千歳空港で飛行機が中々飛ばず、皆イライラしている時、乗り合わせた松山千春が機長の許可を得て「大空と大地の中で」を歌って、大拍手となったそうだ。

こんな時にこんな曲を歌われては、もう感激しかなかったろう。ユーチューブを見ると閲覧500万回とある。

| | コメント (0)

«なぎさホテル