2019年7月16日 (火)

秩父の山里

Tree2_2019071520000115日、NHKで「ムツさんの花物語」と言うのをやっていた。今はやり?の山奥の一軒家訪問だが、これは数軒の集落で、ムツさんと言うお婆さんを取材したもので、NHKらしく長い時間を掛け、丁寧に作られた素晴らしいものだった。

 秩父の山里で暮らす高齢夫婦で、先にご主人が、次いで奥様のムツさんが亡くなり、かつて暮らしていた人々は炭焼きや林業が廃れ、麓に降りてしまった訳だが、最後まで残ったムツさん。何とか手入れをと考える人たちも先立つものは・・・だ。

今人気の「ポツンと一軒家」も上手く利用している人もいるが、数年後誰も居ない所が殆どではないか。過密に悩む大都会と、山村の崩壊の激しさを我々は今目にしている訳だ。

祠のような神社でも、かつて色々のお祭りがあったが、今は下に降りた人々が一つだけ行っているのみと。折しも「博多どんたく」とかで担ぎ手が何百人と出て、威勢よく走る神輿の光景を見て、その対比の凄さに平気ではいられない。

ムツさんが、杉ばかり植えたから他の草花が育たず、集落近辺だけでも手入れしないとと言っていた。その集落の俯瞰写真をNHKから拝借する。

Img_6600

 

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

ヤマユリ

190714yamayuri

写真をクリックすると拡大

山百合。下の庭に2球植えたのは次の年から咲いたが、上のは今年やっと咲いた。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ハイビスカス

190712hibiscus

写真をクリックすると拡大

ハイビスカス:ハワイアンイエロー。梅雨らしい天気が続く。

娘に手伝ってもらっての、亡妻の各種処理も峠を越えた。森の墓苑も契約書を送ったので、納骨するだけとなった。自分の終活と言うのをやった気分だ。記録して娘に託そうかと思っている。

18.02.05の現象はこのためであったかと思っているが、判らない。

今日は歯科と整形外科に行ったが、歯科では2~3歳の女の子がお母さんと出て来て、座っていた私の横に可愛い足を投げ出し靴下を穿かせてくれと。生まれて初めての経験で一所懸命。微笑んでいるお母さんだった。

整形では行きつけの床屋が来ていた。腰だそうだが、リハビリで大分良くなったと。立ち仕事で大変でしょうと話すうち牽引に呼ばれる。

 

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

アロエ

190705aloe

写真をクリックすると拡大

崖上に建つ我が家だが、南の庭の大半は傾斜地で、道路に面した所は3m位の石崖になっている。ここを買った当時その石崖上にこの大株のアロエがあり、8年前撮ったこの頃が一番良かったか。

だんだん元気が無くなり、前のめりになって来て数年、数日前の雨後完全に道路に落っこちていた。多肉で重く片付け様にも今の我が身では如何にもならない。

そこで市に電話、私物になるから市では片付けられないので、業者を寄越すと。間もなく業者らしい電話あり、良く分からぬうち切れた。行ってみると綺麗に片付いていた。

市に電話すると、量的に少なかったのでサービスと。業者にお礼を言って呉れるよう頼む。前の道路は広いが傾斜がきつく、帰ってくるのも大変だ。此処を買う時展望の良い更に上を勧められたが、車無しになった時を考え此処にした。

ゴミ出しは下の伊東線踏切を渡った所にあり、こないだは古紙を出すのに2回分いっぺんに持ったら体調がおかしくなり参った。バス停は先100m程だが、狭い歩道への伊東線からの雑草の伸びが酷い。市は1回位なので追いつかなく、時々剪定鋏で切り取っている。

 

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

ハマヒルガオ

190615

浜昼顔。里山を歩こうさんより。海岸の砂地に生える。観光シーズン前など良く町内会で海岸清掃が行われ、これも引っこ抜かれるが、しっかり残った根で再生する。

何本か我が家に移植、咲いてくれるが、こんなに盛大でなく拝借した。夫婦で参加していた清掃も、数年前から止めている。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

ムクゲ

いずれも写真をクリックすると拡大

190627mukuge2

190627mukuge

木槿:宗旦。割と沢山、長く咲くので好きだ。亡妻と観光バスで東北の田舎を走っていた時、農家でよく見掛けた。今朝まで割とカラッとしていたのが、蒸して来た。

明日は歯医者の予約があるというのに、低気圧が襲来らしい。今日は整形外科で、リハビリの他、カルシュウム補給の薬2種と、骨粗鬆症の薬を薬局で貰う。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

貨物船

190624kamotusen

写真をクリックすると拡大

雨上りの伊東沖合を通過する貨物船。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

ヨット

190623yocht

写真をクリックすると拡大

梅雨空の伊東マリンタウン沖に集まるヨット。この倍以上いた。

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

トキワツユクサ

190613_20190622100201

常盤露草。里山を歩こうさんより。日陰でなよなよと咲く草だが、繁殖力は強い。我が家でもあちこち生えているが、カメラと腕の所為で上手く撮れない。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

ブーゲンビレア

いずれも写真をクリックすると拡大

190616bougainvillea1

190616bougainvillea2

国道事務所にて、大木で盛大。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

ヤマグワ

190613

山桑。里山を歩こうさんより。

我が家にも自生。甘いが小さい実で食べ出は無い。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

潜水艦

190611sensuikan

写真をクリックすると拡大

今朝の伊東沖で、朝陽を受ける潜水艦。

追加:pm3:30

190611sensuikan2

190611sensuikan3

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

サツキ

190604satuki

写真をクリックすると拡大

サツキ:金采。児蟷螂が判るか。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

カラス

Karasu カラスは車に木の実等を割らせたりと、頭がいいらしいが、真っ黒で図体大きく図々しい所があり好きになれない。

かつて富士の見える石割山の稜線を歩いていて、行手に数十羽のカラスがおり、びくびくもので通過した思い出がある。

最近では、頭に雫のようなものが掛かったので、見上げると電線にカラスが。小便を掛けられた。

伊東市のゴミ収集所は全て網掛けになってから、彼等の食い散しが無くなったが、あの体を維持するだけの餌にありつくのも大変だろう。それかあらぬか大分減ったみたい。

最近、最寄りのバス停で待っていると、1ヶ月前頃からか電柱の上に営巣、両親で餌やりしているのを見ていると、やはり微笑ましくはなる。「営巣材の接触」と言って、金属製ハンガー等による停電もあるそうだ。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

ガザニア

いずれも写真をクリックすると拡大

190602gazania1

190602gazania2

ガザニア。繁殖力強く、伊東の駅前通りの植え込みに、あふれかえるように咲いている。我が家でも苗を求めたのが、ここ何年かでほって置いても殖え続けている。花期も長い(5~10月)

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

シラン

いずれも写真をクリックすると拡大

190529siran1

紫蘭。

190529siran2

白花紫蘭。

登戸で又おぞましい事件だが、包丁を4本も持っていたと。大分前三軒茶屋でも同様の事件があったが、何ら有効な対策が取られたと聞かない。

4本も包丁を買った時、店で何も思わなったのだろうか。警察に届けても事件前では相手にされなかろうからか。せめて住所姓名、身分証など義務化すべきと思うが、あれから何年経ったのだろう。

追記:世田谷、三軒茶屋の事件は、2001年で、警官、犯人とも死亡。

 

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

ぱしふぃっくびいなす

190528pacificvenus

写真をクリックすると拡大

伊東沖に碇泊の「ぱしふぃっくびいなす」183m、26594t。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

がん定期検診7回目

Nurse_cyusha 去年の1月、胆嚢癌の全摘手術を受け、早や1年半弱となる。24日7回目の検診を受けに静岡がんセンターに。

何時もの様に採血→エコーで4回、受診で1回の合計5回、名前と生年月日を申告。エコーは以前掛っていた内科で3分、伊東市民病院でも技手と医師が20分位見たのだが、ここは同じ個所を別の技手がそれぞれ見る。

昼食は11Fの展望レストランで鰻丼。富士は雲で良く見えない。そして午後の結果発表。今の所血液、エコー共良好と。

先生に家内が亡くなってガックリと愚痴ると、手術で来られた頃から少しおかしかったですからねと言われる。貴方は元気だから安心してとの事。次回は8月にCT。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

森の墓苑見学記

Tree2 去年の暮、家内が亡くなり、埼玉より娘が時々来て、相続その他色々やってくれ助かっている。予定に空きが出来たので、も少し後と思っていた、千葉にある日本生態系協会運営の「森の墓苑」を予約し16日2人で見に出掛けた。

殆ど国道や高速道で、現金払いは伊豆2件のみ、後はETCで現金払いより多く、始まった頃と逆だ。カーナビがありながら、往復とも迷い変な所に迷い込む。道が多過ぎるいせいか? 倉庫街がビル状でどこまでも続く。

やっとアクアラインに乗り千葉に入ると、一転して緑の洪水だ。丘陵地の隙間に農家が点々。「森の墓苑」は倒産した採土業者の土地で、植えた草木は徹底して地元の物のみとし、苗木を育てている。通路の手入れも最小限とし、何十年後には自然に還ると。

此処長南町に住んで居るとの、案内者の方によると、自然観察の場としても利用されると。近くの農業用水池からオシドリが来て巣箱で産卵しているのを、写真で見せて下さった。

2016年開苑時、地元説明会では、墓だらけになるのではと言はれ、自然墓地であることの説明で了解され、今ではボランティアで草刈りされているとか。ネームプレートも小さな木製だ。

やっとほぼ理想の墓地が見付かり、家内と並んで入る事に。申込書を貰い、近い内を約し県道の店でラーメンを食べ帰る。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

ムカデ他

Mushi_5 去年、寝ていてムカデにやられ足指が腫れ、皮膚科に行き大変な目に遭った。一昨年は胸をやられこれが一番痛かった。

寝ていてもぞもぞするので無意識に手をやり、相手も驚いて咬むのだろう。困ったものだ。ムカデ忌避剤を布団の2ヶ所に置いてあるのだが、これで死ぬ訳ではない。建物外周に撒くのは効きそうだが、室内は不可だろう。

そして今日、指がチクッとして目覚め、確かにムカデらしいのを触り、慌てて飛び起き、隈なく調べたが見付からない。そこでゴキジェットを畳の隙間等に噴射する。今朝見たら、忌避剤の横で死んでいた。忌避剤のせいではなく、ゴキジェットのお陰かと思う。

昨日は風呂に入っていたら、大きな蜘蛛が壁に張り付いている。巣を張らないタイプで、小さいのは可愛いのでほったらかしだが、これは気味悪くゴキジェットで遣付けた。

そして玄関で天井近くにゲジゲジが、早速ゴキジェット。よく見るとすでに死んでいた。これは刺さないらしいが、気味悪さは一級だ。雨で医者、スーパーは休んだが、夕方娘が埼玉より来る。近所のメガドンキで刺身、そしてゴキジェットを買った。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

千葉の自然墓苑

Tree_2 家内の入る霊園探しだが、19.01.03伊東市の天城霊園や、南伊豆の自然葬墓地を訪ねた。それから19.01.21大島の自然墓地が良いとなって、その方向で考えていた。

それがここに来て、千葉の長南町(茂原の隣)の山林を切り開いて作られた霊園を知る。2016開苑とて、未だ検索に引っかからなかったものか。グーグルで見ても、上空からは入り口、墓苑が判るが、ストリートビューだと未だ入口が出来てない。

公益財団法人、日本生態系協会経営で「森の墓苑」という。一切宗教色が無いのが気に入った。周囲の森も買い取り、森の自然生態を守る作りの計画と。

伊東からは遠くなるが、私も入ってしまえば関係ない。埼玉の娘からはずっと近くなる。資料を請求、近い内娘と見学の予定だ。自然葬が大人気で、あの多磨墓地で募集に殺到とか。

追記:今来た資料を見ると、現地はバブル時代東京方面の建設土砂採掘現場で、業者が倒産したものだそう。竹や外来種の植物を除去、この地の物のみ植えてゆくそうだ。自然観察の場としても活用していく予定と。自然に帰り、貢献する訳で献体みたいだと思った。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

エニシダ

190508enisida1

190508enisida2

写真をクリックすると拡大

金雀枝:レナ。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

拓洋

190506takuyo1

190506takuyo2

写真をクリックすると拡大

伊東沖の海保測量船、拓洋。96m、2481t。15.04.30より4年振り。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

ベニバナシャリンバイ

190504benibanasyarinnbai

写真をクリックすると拡大

紅花車輪梅。子蟷螂が見えるだろうか。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

医院は大混雑

Shinsatsu_1 10連休、昨日は整形外科が当番で、臨時にやってくれたので出掛けた。リハビリと点滴をやるのだが、物凄い混雑で時間が掛かり、1時間1台のバスを逃す始末。40分待ちで乗ったが、これを逃すと1時間半先となる。次は7日だ。

妻の遺品の整理をやっている。物凄い量の衣服だが、当分は処理する気になれない。靴下などの汚れたのを処分している。娘だがまだ聞いていないが、同居の時からあまり人の物は嫌う傾向なので駄目だろう。最終的には貧困国への寄付となるかもしれない。

伴侶を亡くし悲嘆に暮れている人向けの本を、数10冊買い込んでいるが、共通するのは悲しい時は泣く事。無理矢理明るく振舞っているのは、解決先延ばしに過ぎず、身体的影響まであると!他人は慰めてくれてもそこ迄。自分の忙しい生活があるからと。

欧米ではこんな時ケアする組織が発達しているらしいが、日本では未だ未だだ。そういう会をネットで探したが、遠かったりその他色々で未だ見付からない。まあお互い高齢の事だし、ごく平凡な夫婦だったので、この儘何とか行けそうな気もする。

今病院で死ぬのが当たり前だが、これも欧米では家庭での最期が主流らしく、日本政府も医療費高騰からも、遅まき乍らその方向らしいが、往診出来る主治医が、ほとんどいないのが現状では仕様がない。

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

ロニセラ

190501lonicera1

190501lonicera2

写真をクリックすると拡大

突抜忍冬。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

平成→令和、寸感

今日で平成が終わる。昭和天皇崩御の日、私は退職金で指定の軽四輪を買い赤帽を始め、清水建設の相模機材センターに入っていた。

出勤すると今日は休みと言われ、「崩御」は何て読むんだと運転手達が騒いでいた。午後喪服で皇居へ、広場で記帳、お堀端で拝礼したのだった。

大喪の礼では、棺を納めた輿を担ぐ皇宮警察の面々の足さばきが、サッツ、サッツと聞こえるのが強く印象に残っている。

今回の退位は光格天皇以来202年振りだそうだが、今上陛下は上皇、皇后陛下は上皇后と呼ばれると。私見だが、美智子様は国母陛下と一般では呼びたいものだ。

美智子様はずば抜けた才能の方だが、特に短歌が素晴らしい。ここに両陛下がサイパン慰霊の時、バンザイクリフで詠まれたとされる名歌を記させて。

 いまはとて島果ての崖踏みけりしをみなの足裏思えばかなし

800pxbanzai_cliff

天皇と皇后、私達も同年だ。残念なことに家内は令和を待たず逝ってしまった。一時心配された美智子様、お元気になられ何よりだ。

退位礼寸前、悠仁様の学校に侵入、机に刃物を置いた男が直ぐ捕まった。警視庁も胸なで下ろしている事だろう。

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

クンシラン

190429kunsiran1

190429kunsiran2

写真をクリックすると拡大

君子蘭。隣家に見事に咲いている。寒さに弱いとあるが、伊東では地植え可の様だ。そこでヤフーオークションで調べたら、高いのもあるが、この手なら500円で即決があり早速落札した。ダルマクンシランと言うらしい。

大型連休、報道では天地がひっくり返ったような大騒ぎだが、同じマスコミ調査では、70%が家で静かにだそうだ。毎度のことながら、そんな年でもないジイジ、バアバとかが、駅まで送迎するのにも呆れる。

それと当分は、平成→令和騒ぎにも耐えなければならない。そしてオリンピック狂騒曲。東京では高層マンション林立地帯で通勤ラッシュで苦しみ、学校は過疎地と反対に過密な小学生に悩んでいるとか。嗚呼。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

シャガ

Img_6459_1

写真をクリックすると拡大

射干。誰がこんな花を考え出したのだろう。神様?

大型連休とやらの前に、内科、整形外科に行って、注射や薬を貰わねばならない。午前中は本降り。やっと今上って出掛けようかと。

池袋の大事故で妻子を亡くした方の会見を見る。冷静で加害者にまで配慮を見せている立派なものだ。

私等病気で亡くした家内の事で人に話す度、涙声になって仕舞い、到底まともなしゃべりが未だ出来ない。こないだなど心配して来てくれた近所の人に「私と医者が殺したのだよ」と叫ぶ始末だ。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

運転免許返納

Car_3_1 19日東京池袋で、猛スピードの車が暴走、ゴミ収集車にぶつかる迄次々と人を撥ねた揚げ句、自転車の母子を下敷きにして死亡させる大事故が起こった。87歳にして運転がおかしく、自分から止めていたというのに、再開しての事故と言う。

私も職業運転手として長い事やって来たが、多少自慢めくが忘れられない2つの経験がある。自動車運転免許を取るまでは、許可制で出来る原付バイクで、歯科技工所の配達をやっていた。

一時停止は一時以外は止まらないで良いという冗談が言われるが、停止の決まりも後で知った次第で、よく事故や捕まらなかったものだ。

技工所から歯医者を訪問して、出来た歯型を届け、新しい仕事を貰ってくるというものだ。大体裏口から入る所が多く、治療室と違い思いがけない医者の顔を見る事があった。

ある歯医者で診療の合間に、ちょくちょく台所に来て一杯ひっかける先生がいた。ある日、そんな場面に遇ったところ、「君も一杯やらんか」「いや、運転中ですので」「これ位いいだろう」と言う訳で、コップ7分目位だったろうか飲まされる。

走り出したらバイクの振動で酔いが回って来た。アクセルを勢いよくふかすのが自分でも分かる。そのくせ信号で止まる時は停止線より先になる。気分は良いのだがこれはいかんと、帰ってから反省しきりだった。

やがて普通免許を取り、約40年後リタイア、中古住宅と中古車を手に入れ、やっとマイカーを持った次第だった。間もなく家内とドライブ中、右側の食べ物屋に入ろうとして、直進車に気付かず、危ない所で怒鳴られる。

その後又交差点で同様な事があり、感覚が鈍って来たのを悟り、免許返納を決めた。当時(17年前、68歳)高齢者の事故が問題になりつつあったが、未だ少なかったせいだろう、警察に赴くと、返却で良いのですかと逆に心配してくれた。

不便だが仕方ない。大事故を起こしてからでは遅いのだ。おとなしい家内は、反対も賛成もしない。以後はバスと歩き、それから電車や観光バスであっちこっち行く事に。最近はお互いに弱って来て出掛けなくなったのだが、老衰から去年家内を亡くし、バスで整形外科に通う位の毎日だ。

 

 

| | コメント (0)

«ニホンカナヘビ