2018年12月10日 (月)

ちよだ

181210tiyoda_2

写真をクリックすると拡大

朝焼けと「ちよだ」。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

ちよだ

いずれも写真をクリックすると拡大

181209tiyoda1

181209tiyoda2

曇天の伊東沖に碇泊の、潜水艦救難艦ちよだ。128m、5600t。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

ガラケー

Keitai_karage_r6日は、ソフトバンクのスマホが繋がらなくなって大騒ぎとなった。地図を見ながら目的地を探すのも、待ち合わせ場所も大体で、近くに来たら又連絡と言う使い方だから、突然切れると慌てる。

我が家の携帯は、いわゆるガラケーで、殆ど使わず、パソコンで必要な時、固定電話から離れているので、操作にも便利なので携帯をレシーバーで使っている。

入院中の家内に何かあった時に備え、家を離れる時はマナーモードにして市民病院のナースセンターに伝えてある。この日、ブルブル鳴りだし驚いて出たが反応なし。帰りのバス待合所でも鳴り、傍の公衆電話で連絡したが異常なしだった。原因は判らずマナーモードは止めにした。帰ったらソフトバンクの騒ぎだ。

我が家のガラケーも、2022年には廃止となりますので、お乗り換えをと言う通知が来た。娘の運転ではカーナビにスマホを取り付け、知らぬ土地もスイスイだ。便利になったが思わぬ落とし穴もありそう。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

日本丸

181205nihonmaru

写真をクリックすると拡大

晴天の伊東沖、手石島と日本丸。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

日本丸

181202nihonmaru

写真をクリックすると拡大

曇天の伊東沖に碇泊する、海技教育機構の航海訓練船、日本丸、110m、2570t。

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

裁判員

Sumo_gunbai最高裁判所から封書が届いた。裁判所や警察等を騙り、金を捲き上げる手口があるらしいのでビックリ。

ところが「貴方は裁判員名簿に記載されました」と言う通知で、二度ビックリ。凡そ籤運の無い私だが、こんなのが当たるとは・・・。80%の辞退が続き、制度そのものが危うくなっているようだ。

ところで私は年金生活の身とて、来たら参加しようとかねがね考えていたが、時期が悪い。家内の病状が良くなく、色々頭を悩ましており、それ処でない。

よって、70歳以上は辞退できるとの事で、そうした。漫画で70ページに及ぶQ&Aが付属していた。

| | コメント (0)

2018年11月12日 (月)

重患

Life_doctorテレビ途中から見たので何の番組か忘れたが、身体が亡くなったホーキング博士の様にまるで動けず、目の動きで指示を出している若い社長が居て驚いた。身障者のために尽くしているらしい。

それに比べると、家内の症状で悩むなどと思う訳だが、やはり深夜一人目覚めると直ぐ考えて寝られない毎日だ。

今日病院に行ったところでは、腸閉塞は通っていると。嚥下障害が重度で、こちらを治すのに懸命らしい。本人は割と元気になって来た様なので少し安心した。

いずれにせよどこの病院でもそうだが、重患がつっかえているのである程度安定したら、長期療養病院に切り替える方向で動いている。

私も1月静岡がんセンターで胆嚢癌を切り取り、未だお腹が痛いのに、術後検査のデータが良いですからと退院を迫られた。家内が同様の目に遭っている訳だ。

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

5回目の検診

Shinsatsu胆嚢癌手術後5回目の検診に静岡がんセンターに出掛けた。

家内が下肢静脈還流障害から腸閉塞を発症、救急で伊東市民病院入院となった。その後誤嚥性肺炎、嚥下障害等生死を彷徨っており、毎日が地獄だ。

今日は午前中エコー。山々に重く厚く垂れ込めた雲を見つつ11Fでトンカツを食い、午後主治医の話では幸い異常なしで、ただ鉄分が不足勝とかで、薬を処方される。

大腸や胃もカメラをやった方が良い訳だが、ここだとドック入りと大袈裟になるので、伊東でやると良いと言われた。雨が激しくなる中、家に帰り着くが誰も居ないのは寂しい。

| | コメント (2)

2018年11月 4日 (日)

温泉顛末記

Onsen会社を辞めてより、年金生活の傍ら、赤帽運送を東京は町田で10年程続けていたが、その間伊東に温泉付き中古住宅を買い、土、日などは出掛けていた。赤帽も辞め、本格的住居として早や18年になる。

ここは約30数軒の温泉付き建売住宅で、中2軒は小さな旅館だ。別荘族と居住者があるが、居住者で伊東などの方は温泉は使ってない様だ。温泉組合の運動で、下水が引かれ市に移管されたのに伴い下水料が掛かるが、温泉の排水料は取らないようだ。

その温泉の施設だが老朽化し、先日東京にある経営者から点検は今まで通り行うが、施設の更改等は使用者負担として貰いたいという確約書なるものが、弁護士を通じて舞い込んだ。もう使用者は7軒となっているので採算も取れないとか。

そこで月12000円の使用料を払っていたが、10月一杯で辞める事とした。温泉付きが魅力の一つだったが、巨額の改修費を背負わせられてはたまらない。

高齢化のため、車を使わないと困る伊豆高原等の別荘が、皆東京等に引き揚げて、びっくりするほどの安値で売りに出されている。小さな我が家を買った値段位でだ。

伊東は人口今迄別勘定だった外人も合算しだした。それでも7万で前後していたのが、現在69363人と急激に減りつつある。若者ばかりの渋谷交差点がよくテレビに出るが、こちらは観光客を除き、何処も此処も杖を突いた爺さん婆さんばかりだ。私を含めて。

駅中心のバスやタクシーの代わりに、買物や病院に便利で安い小型の車が縦横無尽に走る、そんな風にならなければと思っている。

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

スイフヨウ

181019suifuyou

酔芙蓉。白色だが、左の様に閉じると桃色になるので。

ブログ、暫く中断の予定です。悪しからず。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

ホシホウジャクとサワギキョウ

181009

沢桔梗で吸蜜する星蜂雀。里山を歩こうさんより。

家内がとうとう伊東市民病院に入院した。下肢静脈還流障害で殆ど歩けない状態だったのが、デイケア施設に行く前の日から吐き気が止まらず、内科の先生に連絡、救急外来で診察の結果、腸閉塞であると。

あちこち一斉に具合が悪くなり心配だ。午前中は整形に、午後は面会と忙しくなりそうだ。無口な家内とて、私ががんセンター入院中の事は何も言わなかったが、一人となると寂しいものだ。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

神輿

001_size4_2

7日行われた伊東の海上渡御。こちらは湯川鹿島神社のもので鳳凰が雄。昨日の松原八幡神社のは雌。

| | コメント (2)

2018年10月 8日 (月)

秋祭、本祭

Itoakifes02

昨日行われた伊東、松原八幡神社の海上渡御。静岡・浜松・伊豆情報局より。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

秋祭、宵宮

002_size4

足腰が悪くなってから町内の行事にも参加していない。これは昨日宵宮(よみや)で行われた、伊東、松原八幡神社の神輿の様子。伊豆新聞より。

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

マメズタ

いずれも写真をクリックすると拡大

181005mamezuta1

181005mamezuta2

豆蔦。伊東線ガード下にて。

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

ボントクタデ

里山を歩こうさんより

180926

1809262

凡篤蓼。ボントクとは役に立たないという事で、ヤナギタデが辛みがあり、香辛料になるのに対し辛み無い事による。

花は淡紅色。赤いのは花後、宿存萼が果実を包んだ状態で、対比が良い。

| | コメント (0)

2018年9月26日 (水)

リコリス:アルビフロラ

180926lycoris

写真をクリックすると拡大

リコリス:アルビフロラ。

午前中、歯医者と整形外科に行って来た。明日は内科。他に家内に付き添い眼科、皮膚科、内科にも通う。皮膚科の紹介で近く妻の介護認定の件で、包括支援センターと介護サービスの方が来てくれるそうだ。

家内は2階に上れなくなり、昨日ベッドを下に移した。部屋が狭くなり不便だが仕方なかろう。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

ヨウシュヤマゴボウ

180922_2

洋種山牛蒡。里山を歩こうさんより。アメリカからの大型帰化植物。有毒。

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

ツリフネソウ、キツリフネ

いずれも写真をクリックすると拡大

1809162_2

釣舟草。

1809162_3

黄釣舟。いずれも里山を歩こうさんより。

山へ行くと最初に現れるのがツリフネソウ、少し上がるとキツリフネとなる。日陰の草花だ。

町田に居た時分、団地に入ったのだが、川の向こうは相模原の森林で、この草達が咲いていた。

然し相模原にも駅が出来、大発展。あっという間に宅地が押し寄せ、絶滅してしまった思い出がある。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

ヒガンバナ

180917higanbana

写真をクリックすると拡大

彼岸花、曼殊沙華。名前が多い草らしいが、この曼殊沙華が一番好きだ。

知らぬ間に現れて驚かすが、名所では物凄い数が咲き、それに劣らず物凄い見物客でごった返すらしい。

やはり初めて見た、丹沢山麓の田畑の縁に咲いている様なのが良い。

| | コメント (0)

2018年9月14日 (金)

100歳以上

Images日本には現在100歳以上は7万人近くおり、その9割は女性と言うから驚く。

福岡県在住の田中カ子(カネコ)さん115歳は103歳の時、大腸がんの手術を5時間掛けたそうだ。

今、老人ホームにいるが、具合の悪い人には「頑張りんしゃい!」と励ますと。

7月に117歳で死去した都(ミヤコ)千代さん以来日本最高齢と。

世界長寿10傑には田中さん以下、1、3、5、9、10位と、いずれも日本女性5人が連なっている!

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

ツユクサとネムノキ

里山を歩こうさんから2枚紹介させて。

180903

露草。凝った花だが、バカチョンカメラとヘボ腕ではここまで撮れず・・・。

180906

合歓木。季節外れとて、花と種同時は希と。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

北海道 震度7

As20180906000672_comm

台風21号に直撃された西日本、関空が水浸しになり、1本しかない連絡橋にタンカーがぶつかり、使用不能となり、その脆さが露呈された。

その後どうなったかと昨日の朝テレビをつけると、なんと北海道の千歳辺で震度7の大地震が起き、全土停電、鉄道不通とあり驚く。今年は災害が忘れないうちにやって来る当たり年か。

ところで震源地の厚真町は人口希薄とて、人的被害は少ないものの、崩落斜面の多さに驚かされた。

専門家は地面のもろさを言うが、例によって日本全土に植林され放置されているスギ、ヒノキ等の根張りの浅いものが崩壊を助長していることが写真を見ても判る。林野庁そして政府は何をしているのだろう。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

ノアサガオ

180905noasagao

写真をクリックすると拡大

野朝顔。放って置いてもはびこる旺盛な繁殖力のアサガオ。

今年は次々と台風が来る。21号は関空始め多大の被害を出している。伊豆は幸い雷を伴う風雨だったが、直撃を免れた。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

伊東市役所

180901itou

印鑑証明書を貰うため、久し振りで市役所を訪れた。2001年転入届や、税金の申告位で数回出向いているが、その後年金生活者は申告不要とあって御無沙汰だった。

過日、税金で不満を持った男が車で正面玄関を突破し、中深く乱入した。このため大きなガラスが破られて修復に時間と金をとられている。

物凄い金額の賠償金を払わされるのだろうが、カッとなると計算も出来ない性格なのだろう。ほぼ修復されてあった。

小高い所にあり、平坦な中心市街地からの移転も、私の来る少し前だったらしいが、図らずも津波対策になったようだ。警察は少し下だが一応高み、消防は平たん地でこれは問題だ。

しかし中心部の出張所が老朽化とかで更地にされたのはうなずけない。公共施設用とか言って取得した土地に絡み、収賄が発覚した前市長だが、現市長もこれらの件でパッとしないのは何故か。

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

ジンジャー

180829ginger

写真をクリックすると拡大

ここを買った時、隣との境に盛んに咲いていたが、雑木や笹に押されパッとしなくなった。そこで他に移植したが、日当たりの良い所だと覿面に大きく育つ。

| | コメント (0)

2018年8月25日 (土)

オニユリ

180825oniyuri

写真をクリックすると拡大

鬼百合。ぶり返した暑さに合うので再登場。もっとも今ここで咲いているのはハマカンゾウだが。昨夜は大分降り水遣り助かった。

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

ちよだ

180821tiyoda

写真をクリックすると拡大

伊東沖碇泊の潜水艦救難艦ちよだ。128m、5600t。老朽化した潜水艦救難母艦ちよだの代替艦。3月就役。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

プロ?の尾畠さん

180815

山口は周防大島町で行方不明になった理希ちゃん(2歳)が3日後、尾畠春夫さん(78歳)により無事発見された。魚屋を畳み、全国の被災地のボランティア活動に、人生を捧げている感動的な人だった。

今回警察の要請を拒否し、家族に直接渡したのは、大分でやはり行方不明の女児の捜索に参加した際、抱かせてと泣き叫ぶ母親から警察が、検査とかで無理に引き離すのを見ていたからだそうだ。

記者の質問中も指に蜻蛉が止まり、自宅インタビューでは、司会者がお忙しい所・・・と言うと、全然忙しくありませんとたくまざるユーモアの持ち主で、ガタが来てなにもろくに出来ない我が身が恥ずかしい次第だ。

| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

雁坂峠

180816karisaka

週刊ヤマケイ18.08.09より。左埼玉、右山梨。直進雁峠。

奥秩父主脈上を山梨から埼玉へ越える国道で難所であったが、 トンネルが貫通して車で繋がった。私は81.12.30雁峠→雁坂峠→木賊山。 82.12.30雁坂峠→甲武信岳→十文字峠とここを通っている。

トンネルが出来る頃、私は会社を辞め赤帽運送をやっていたが、名前は「雁坂配送」と付けた。道を訊いた節、逆に読み方を尋ねられた。雁の字は今は珍しいのだろう。

地元の人から声を掛けられ、やっぱりあの峠からと言われたこともあった。この辺雁峠、雁ヶ腹摺山などの名が多い。昔霞網で鳥を獲ったらしい。

| | コメント (0)

«ボタンズル