2017年1月16日 (月)

ベロペロネ

170117beloperone_2
写真をクリックすると拡大

和名は小海老草だが、木本らしい。常緑低木。伊東ではある民家で何時も咲いており、欲しくなり、やっと入手した。未だこんなだが沢山咲くし、冬でもこの通り周年開花だ。

やっと寒くなったが、晴れて日中はぽかぽか陽気。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

チョンゲン号

As20170112001364_comml_3

7管→朝日

11日、北朝鮮船籍の貨物船チョンゲン号6558tが、長崎沖で沈没。船員26人は巡視船に救助され、12日には付近航行中の北朝鮮のタンカーに引き渡された。船は米5720tを積載、西のナンボから東のウォンサンへと航行中だった。

船員が無事だったと言え6558tの船と5720tの米を失い北朝鮮は痛かろう。これだけ敏速な日本の対応に、拉致被害者を帰す気のない北朝鮮、何の対応もしないかのような無能な政治家が憎い。

一方16~17年に福井や青森の海岸に小型船が漂着(11隻、25遺体とも)返還されたのもあるらしいが、遭難か脱北か分からない。おそらく両方だろう。これもまた事実。

北朝鮮の写真展なるものをテレビでやっていたが、従来のピョンヤン一辺倒でなく地方都市の実情も多く、生活は向上しているかのようだ。コッチェビ(浮浪児)も見かけず、収容所に居るらしい。撮影者は例の料理人と同じで、その後の取材を意識してか、あまり悪い事を言わず信用ならない。

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

大洋村

Housing_5大洋村と言うと、茨木は鹿島灘に面し明るく格安な別荘地として、一時東京などから別荘、移住で人気があった。

しかし買主が死亡したりして廃墟となるものが多く、たなぼたさんのブログでも11年夫婦が死亡後廃墟となった竜宮城なるものを探訪している。

過日テレビで現状を探ったが色々だ。安いので引越してこじんまりと綺麗に住んで居る方もおれば、廃墟となって治安上の問題も生じている。

中で注目されたのは、60万位で手に入るので、少ない年金生活者が居ることだ。東京等では高いし、大体老人はすぐ死ぬので後貸しずらく、断られるそうだ。

ここなら年金でもという事だ。雨漏りを何とか直し、畳はブカブカのまま。先の人達と大違いだ。海に近いので塩害があり維持は大変だろう。

| | コメント (2)

2017年1月 7日 (土)

老人の定義

Cappa日本老年学会なるものが、老人の定義を変えると発表した。今迄65歳以上を高齢者としていたのを、75歳以上に引き上げた。

そして65~75歳を前期高齢者と言っていたのを准高齢者。75歳~を後期高齢者と言っていたのを高齢者とし、90歳~は超高齢者とすると。新しい名称は准看護婦や超人を思わせ相変わらずだ。

評判の悪い後期の呼称が無くなって晴れて高齢者となれた訳だが、年金や医療費の削減と関係ありそう。最近の老人は元気なので75歳迄はもっと働けという事だろう。

昔に比べ老化が遅く、簡単な仕事、ボランティア等する人は増えているようだ。この定義変更で現在の高齢者3400万人は半減するそうだ。

ところで私も83歳(陛下より2か月早い)。平均寿命を過ぎ体もすっかりガタが来た。足腰が衰え色々運動するがはかばかしくない。

運転免許証は12年前に返却したが、長年加入だけで何もしなかった日本自然保護協会もここに来て脱退した。カッパ捕獲許可証も期限が切れたが遠野市迄行けず、捕獲も下手するとこちらが捕獲されそうなので已む無く更新を諦めた。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

ジュズダマ

170104jyuzudama

写真をクリックすると拡大

数珠玉。穏やかで暖かい日が続く。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

大島

170101oosima

写真をクリックすると拡大

伊東、城ケ崎海岸より大島。16.01.27撮影。

東京新聞、新年号、読者欄は私の未来。或る方が、私は82歳、病身で高齢の自分が、未来とは笑止千万かもしれないが、辞書によると「未来とは過去、現在と時の流れを三区分した一つで、まだ来ていない部分」とあり、語る資格は十分あるかと。

残念ながら、10年、20年後の未来展望とはいかないが、一日一日を大切にと言われている。私達夫婦も体に色々不安を抱えて生きているが、今のところ大した事も無く生活出来ており、感謝せねばなるまい。

長年ブログを見ていると、高齢の方で毎日更新していたのが、突然予告なく中断するケースが今まで3件あった。身寄りの方でもコメントしていただくと良いのだが。宙に浮いたかのブログが侘しい。私の場合家内より先ならそういう事考えておこうと思った。

人の死に方は様々で、読者欄にはある方の90歳で逝った義父が「俺は幸せだった」といって息を引き取ったとある。今読了した伊藤礼の「伊藤整氏奮闘の生涯」によると、整は最期まで癌の苦しみの中、書く執念を燃やしていたそうだ。

纏まりの無い感想になりました。今年も細々続ける所存ですので、拙いブログ時々お覗き下さい。

| | コメント (2)

2016年12月29日 (木)

青空

161229sora

写真をクリックすると拡大

右上の雲、人のよう。我が家より。

安倍さん、ホノルルの演説一応よく考えられていると思ったが、今一オバマ広島訪問より感動は少なかった。現地ではかなり好意的で安心した。長い年月があったからだろう。

長いと言えば中国や韓国に行って、同様なことはしないのだろうか。こちらは謝罪しなければ収まらぬからなのか。隣国なのに。

今年はこれで終わりに致します。来年もよろしく。

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

オレンジビーチより

いずれも写真をクリックすると拡大

1612251ooyama

伊東、オレンジビーチより。相州大山。

1612252hatusima

初島。

1612253irukagou

伊東マリンタウンの遊覧船、イルカ号。

1612254teisijima

手石島。暖かい日が続く。

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

自転車ぎこぎこ

Bicycle_1216日に続き、伊藤礼著「自転車ぎこぎこ」を読んだ。前半が自転車にまつわる諸問題で、後半は房州、笹子峠、遠州、山陰等を同志と共にサイクリングする。

笹子旧峠道は私も何回か歩き、1978年は矢立の杉を訪問しており懐かしかった。峠を山梨側に越えると甲斐大和の駅で、昔は初鹿野(はじかの)という優雅な名前だったのを改悪した。本書でも近傍の駅名の改変を嘆いている。

ここは駒飼集落で、2回も女子小学生に元気に挨拶された、良い思い出が忘れられない。雉が峠道に現れたこともある。

房州、遠州共に良い景色の中を行くみたいだが、私は著者と同年齢だがもうサイクリングは無理だろう。泊りでゆっくり歩いてみたいと思った。

最後の山陰では電車内に忘れ物で計画が変わったり、相変わらずのドタバタだが、親しい友人との自転車旅は人柄がにじみ出て楽しい。

折り畳み自転車を駅前で分解したり組み立てたりが、面倒と言えば面倒だが、クロネコで宅配が頼めることを知り大分楽になったとか。ところでローカル線の中にはそのまま持ち込める線もボツボツ出て来たらしい。

過日、テレビで台湾のサイクリストがグループで伊豆に来ている報道があったが、道路がサイクリングに適してなく、電車も分解しないと駄目とこぼしていた。

あちらはサイクリング先進国で、一周専用道があるとか。電車も普通に持ち込み出来、そのスペースまで確保されているそうだ。人口等も違うので一概には言えないが、日本も見習うと良い。 ★★★★★

| | コメント (2)

2016年12月19日 (月)

タゲテス・ゴールドメダル

T_img_1231

写真をクリックすると拡大

Tagetes goldmedal。ほぼ一年中咲いている。草を揉むと独特の香りで、シトラスミントだというが、あまり好きではない。だが世話要らずで、時々短くすると良いらしい。

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

伊藤礼

Bicycle_12伊藤礼と言っても何人か判らない方が殆どであろう。私もこの年まで知らず、伊藤整絡みで知った次第だ。

あのチャタレイ裁判で一躍有名の作家、文芸評論家、その人の息子だ。息子と言っても私と同じ83歳。大学教授退職後、出しているその著書が面白く、内田百閒以来と褒める人もおり、私も同感だ。

弱かった体だが、歳取って始めたサイクリングですっかり丈夫になったらしい。読了したのは「こぐこぐ自転車」「大東京ぐるぐる自転車」。前者は北海道などにまで走る。後者は東京を走り回るのだが、一人または同年輩の友人達とのものもある。

「大東京・・」は自宅久我山からで、20年近く荻窪に居た私は、このころ自転車で近辺くまなく走ったので興味深かった。

下町だが、殆ど車だったので幹線道路沿いばかりで、自転車で一歩横道に入ってのルポは新鮮で、小石川後楽園や東大植物園など行かなかったのが今になって惜しまれる。

町田も団地が当たって30年ばかり住んだので、尾根幹線(戦車道路)など懐かしい記述だった。

今読んでいるのは「ダダダダ菜園記」で、自宅で家庭菜園を始め、耕耘機まで買ってしまう。好奇心旺盛、研究熱心な人だ。

クワイの栽培で、正月しか出ず、最近は栽培もされなくなったが、カニだイクラだと騒ぐが、クワイに勝るもの無しというの私もで、高かったのが手に入らなくなり残念だ。筆者は知人から種芋を貰って栽培を始める。

この後「自転車ぎこぎこ」と講談社エッセイ賞の狩猟物「狸ビール」、「伊藤整氏奮闘の生涯」を読む予定。氏の文章は自転車の如く寄り道、脱線が多く、紙数が尽きて次回回しとなってばかりで笑わせる。 全て★★★★★

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

日本死ね

Pinokio匿名ブログで「保育園落ちた日本死ね」とやって、政治家や行政がやっと重い腰を上げる中、この語が流行語大賞に入った。他はアワみたいな下らないものばかりだ。

これだけ切り取ると刺激的で、色々物議を醸しているらしいが、全文をよく読んでみるとよい。

ーー保育園落ちた日本死ね!!!何なんだよ日本。一億総活躍社会じゃねーのかよ。昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?

何が少子化だよクソ。子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。ふざけんな日本。

保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。国が子供産ませないでどうすんだよ。

金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。まじいい加減にしろ日本ーー

抗議の意思が強く読み取れる整然とした文章で、当たり障りのない最近で言えば、天皇退位に関する学者のどうともとれる意見と正反対だ。私はこれを読む度、日本国民の一人として責められているような気がするのだが。

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

ネット不通

Pc_sousa10日、パソコンがネットに繋がらなくなった。午前中は良かったのに。別のパソコンは何ともないので回線ではなく、このパソコンらしい。

メーカーのサポートに電話する。Shiftキーを押しながら、左下の十字マークを押し、電源から出た画面で終了を押してくれと。終了でなく再起動になっている。それでやってくれと。長い終了と再起動の末直った。

原因は判らないと。Windows10になってから、アップデートが自動であった場合、再起動しての終了しか出来ない場合があり、果たして10日に入っていたのでこのせいか。

他の人のブログでも、入らなくなり知人に直してもらったとか。あちこちで同様のトラブルが起こっているのだろうか。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

ハゼノキ

161210hazenoki

写真をクリックすると拡大

黄櫨。伐っても伐っても出て来る、繁殖力旺盛な樹で、温暖なためパッとしないここ伊東でも、いい紅葉になる。

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

ふるさと納税

Money_100milion2日、東京新聞に「ふるさと納税即刻廃止を」と片山前鳥取知事の意見が載っていた。

ふるさと納税とは、ふるさとの自治体に寄付して、居住地の住民税を控除してもらう制度だが、私等年金生活者は所得税の申告も不要なので、山海の珍味とかの返礼品を見て指を咥えている。

しかし、住んでいる自治体の収入減となるこの制度、予てからおかしいと思っていたのだが、矢張り実際はふるさとに限らず、何処でもいいそうで、その結果豪華な返礼品の競争が起きているらしい。

収入減となった自治体は大変で取り合い競争になっているとか。東京など地方出身者が多いし、杉並など住宅地で相当の収入減らしい。他人の税金を横取りした自治体と豪華返礼品に喜ぶ納税者、なんか変ではないか。

取られた自治体へは、国からの地方交付税で補填されるというが、全額ではなく25%割引。つまり国と居住自治体が損して、受取自治体と納税者が得する仕組みだ。

高額納税者程得で、返礼品たる高級食材を食べまくり、成人病となり、居住自治体の健保を脅かすという図式。流出した自治体は、日赤など災害寄付とごっちゃで正確に把握できないとか。

ここ伊東でも議会で返礼品について質問が出ているが、これはと思うものが未だ決まらないらしい。貴重な税金が流出して困る自治体が出ている。即刻廃止すべきとんでもない制度である。

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

オーガスト・エクスプローラー号

Photo

伊豆新聞より

昨日来航、今日撮り損ね、昨夜点灯していたものを、伊豆新聞より拝借。

東洋建設、自航式多目的船。90m、4831t。委託され伊豆諸島辺の海洋調査を行うそうだ。

Cwzvdapusaekutp

昼間航行中の同船。

| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

流れる星は生きている

Book_2

2014年88歳で亡くなった宮尾登美子の、中国(旧満州)開拓団よりの大変な引揚体験を基に書かれた「朱夏」がある。

同じ満州からの逃避行。11月15日、老衰により98歳で死去の藤原てい著「流れる星は生きている」。1977年に求めて読むが、以来再読の度に感動の記録だ。

夫は拉致、女の乳飲み子と男児二名抱え、なんとか朝鮮の国境を越えた所で精根尽き倒れていたのを、アメリカ兵のジープに助けられなかったら、この本も無い訳で、何回読んでも涙を抑える事が出来ない。

私達は当時大連で、父は奥地でシベリア送り、兄は内地で入営、学徒出陣目前だった。1年後祖父母、母、姉と私、それと近くの陸軍病院入院中の親戚の青年が頼って来、6名無事に引揚られた。兄と再会、父も2年後帰って来た。

奥地開拓の方々に比べ地獄と天国で、幸運というしかない。力尽きた多くの人々への鎮魂の想いを新たにしている。

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

アシズリノジギク

161128asizurinojigiku

写真をクリックすると拡大

足摺野路菊。葉の表面が毛の密生で白く縁どられるのが特徴というが、気が付くと殆ど微か。求めた時は随分昔なので、こんなものだったか記憶にない。変化したのだろうか。

韓国は日本より先に女性の指導者が生まれ、羨ましかったが、ここへ来てがっかりだ。連日のデモに釈明の会見も無いとは。

そのデモだが、一旦怒ると凄いと言われる韓国人。数十万の大デモにも拘わらず静粛で、各国も驚きらしい。北も中継しているらしいが、一般はどういう思いだろうか。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

虹の郷4

いずれも写真をクリックすると拡大

161125niji1

菖蒲ヶ池、橋方向。

161125niji2

161125niji3

161125niji4_2

夜間ライトアップされる。

161125niji5

イギリス村に戻り、休憩。ライトアップとて3時過ぎても続々入って来る。

紅葉見物なので、広い園のごく一部しか歩かなかったが、子供の喜ぶ施設も沢山あり良い所だ。 終   修善寺虹の郷

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

虹の郷3

いずれも写真をクリックすると拡大

161124niji1

菖蒲ヶ池、橋方向。

161124niji2

161124niji3

赤松巨木と藤棚の道。

161124niji4

161124niji5

菖蒲ヶ池、反対側より。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

虹の郷2

いずれも写真をクリックすると拡大

161123niji1

黄葉。

161123niji2

161123niji3

161123niji4

161123niji5

菖蒲ヶ池。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

虹の郷1

20日の日曜、雨上りの快晴で紅葉が良いとのことで、修善寺ー虹の郷に家内と出掛けた。14年9月伊豆高原ステンドグラス美術館以来の行楽だ。

伊東より修善寺駅に、冷川峠越えで約1時間のバスが出ている。鬱蒼とした森林の中をくねって上下する道で狭く、市内に入るとホッとする。そのうち伊東駅、修善寺駅(伊豆市)それぞれ折り返しになるかも。それでも行き帰り4~5人乗った。

写真をクリックすると拡大

161122niji1_2

修善寺では道もバスも混んでいる。駐車場から撮った富士。この日滑落死事故があった。

161122niji2_2

公園入口。入るとそこはイギリス村で、イギリスのおもちゃや土産物などあり、汽車がカナダ村迄出ている。

161122niji3_2

汽車の踏切を渡ると下りとなり、紅葉が目に付くようになる。

161122niji4_2

赤松の大木が多く紅葉と良くマッチしている。

161122niji5_2

ここより日本庭園を目指す。

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

ガザニア

いずれも写真をクリックすると拡大

161121gazania1

161121gazania2

ガザニア。赤いのもあるらしい。伊東では周年開花か。しおさい公園にて。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

電灯

Lamp夜、居間の電灯が突然消えてしまった。基本料金30Aなので、よくブレーカーが落ちる。しかしテレビなどは点いているし、ブレーカーも異常なし。

吊るされたサークライン蛍光灯がおかしいかと降ろして点検したが、点灯管も付いておらず分からない。そこで以前ドアホンを取り付けて貰った電気屋に電話、翌日来た。

ソケット迄外すと電気が来ていないとのこと。壁のスイッチはというので無いと思っていたのだが、探すと玄関から入るドアの陰にあったのをすっかり忘れていた。それを入れたら直った。

ところでまた分からなくなった。なんでスイッチが切られたかだ。この前に暗くなったので外出中の家内のため玄関/外灯を点けておいたのを、帰って来て外灯を消し、ドア陰にある居間のスイッチまで、少したってから2階に上がるのでドアを閉める時何かの勘違いで消したらしい。

以前電話が通じなくなり、電話局に来てもらった時、下の金具がずれたせいだった。今はそこに赤テープを張ってある。いずれもつまらないが分りにくい失敗だった。

キッチンの蛍光灯が時々パタパタする。管や点灯管を変えてみたが変化なし。ソケットらしい。そこでこの際LEDに変えて貰う事とした。高価な家電は量販店やネットだが、とてもテキパキ見てくれるこの電気屋さんにこれから頼もうと思った。

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

ハイビスカス

いずれも写真をクリックすると拡大

161115hibiscus1

161115hibiscus2

ハイビスカス。仏桑花、琉球木槿。古株なので、この時期でも咲いている。しおさい公園にて。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

赤実三兄弟

いずれも写真をクリックすると拡大

161113sanekazura

実葛(サネカズラ)

161113senryou

千両(せんりょう)

161113karasuuri

烏瓜(カラスウリ)

今年は実の出来が余りぱっとしない。

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

トランプアメリカ大統領に

Plt1611100009n1史上空前の大騒ぎだったアメリカ大統領選挙。クリントン対トランプの争いは、大接戦の末トランプの勝利となった。

シーソーゲームかと思ったら、クリントンを引き離したまま行くのでこれは勝つと思った。

マスコミも一般も何とかクリントン逃げ切るの予想が外れ驚きらしいが、私は中途からトランプと思った。それはトランプの暴言にもかかわらず、クリントンに新味が見られないからだ。

支持者を前に壇上に上がったトランプと一族や支援者。左には副大統領のペンス氏。右に美少年が来て、緊張のあまり落ち着きのないのが微笑ましい。お孫さんかと思ったら、三番目の妻との子バロン君だそう。ペンス氏は堂々として好感が持てる。

本人は型通り支援者への感謝、そしてクリントンを褒めたたえた。暴言は何もない。世間の心配を他所に案外まともかと思えた。マスコミは初めて政治に素人のとくさすが、あれだけの大事業家に成り上がった人物だ。期待する他なかろう。

ところでアメリカのポチである日本だが、安倍さんは早速祝意を表明したが、さらなる駐留軍の経費負担を求められるかもしれない。この際アメリカ軍には引き揚げて貰い、自衛隊の増強か。

韓国は朴大統領の泥沼で大変なのに、トランプでは一番困った事態だ。今後太平洋岸の諸国との関係がどうなるか外務省でさえ全く読めないらしいが、案外心配したほどでもない気もする。

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

ノコンギク

161106nokongiku

写真をクリックすると拡大

野紺菊。近傍の崖地にて。

韓国のドラマというと財閥絡みが多いが、現在進行形である点が凄い。セウォル号、ナッツ姫など、現実とドラマがごっちゃになってしまう。

朴大統領が新興宗教に支配されていたのではというのも、前代未聞ではないか。

かつて李承晩の時起きたデモ。新聞に「ソウルで100万人の大デモを敢行する市民」の見出しで走る人々の姿が今でも記憶に残っている。

それに比べ蝋燭を灯しブラカードをもってのデモの何とおとなしい事か。時代も変わったのだろう。でも核や長距離弾道弾を備えた休戦中の北にこれでよいのだろうか。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

富士ー6

いずれも写真をクリックすると拡大

161102fuji1

87.01.04本栖湖より。左大室山、右竜ヶ岳。

161102fuji2

87.08.13白峰三山縦走、農鳥岳辺より。

161102fuji3

87.10.10小金沢連嶺~南大菩薩縦走、白谷丸より。

雲が東京側から押し寄せているが、ここで止まっている。道理で山梨に入ったら晴れていた訳だ。帰って(町田)家内に聞いたら、終日曇りだったそうだ。 (終)

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

富士ー5

いずれも写真をクリックすると拡大

161101fuji1

85.06.16大室山より。樹に登って撮った。

下山の時、ヤマドリと数羽の子供に遭う。子供を逃がし、自分はあらぬ方に向かい、そこでバタバタと傷ついたふりをする。

私は丁度そちらに向かっていたのだが、上手く騙したとばかり子供の方に帰っていった。擬傷という行動だったらしい。

161101fuji2

86.01.12奥多摩湖から三頭山に登り、長大な笹尾根を縦走、三国山で暮れる。月と街の灯だけで美しい。(バイトの関係でこれのみあまり拡大せず)

161101fuji3

87.01.04御坂山塊、烏帽子岳より、青木ヶ原樹海の彼方に大室山を前景に。

| | コメント (0)

«富士ー4